人気ブログランキング |

<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

乱高下アレルギー

a0019074_2031029.jpg

この数日間、随分大きく人生の振り子が揺れていた。これまでなるべく外部の刺激を
受けるまいと身を潜めていたのが、とうとう向き合う時が来たということなのだが、
嵐はいつも突然にやってくるもので、逃げ場もない中で自分を試されていた。

こうなると腹を括るしかないわけで、真っ向から立ち向かって今の立ち位置を守るのか、
或いは嵐に呑まれて吹き飛ばされて行くのか、二つに一つ。とりあえず足元を固め、
両足に力を目一杯入れて、その時が来るのを待ち構えていた。

ところが、結局それはやってこなかった。嵐が吹く前に、急に晴天が広がった
ような感じだ。結局、立ち向かうことも、吹き飛ばされることもなく、
何もしないまま解決した。しかし、拍子抜けしたのと同時に、それまで踏ん張っていた
全身の力が抜け、一気に脱力した。

と同時に発生する身体の異変。何日か前から両腕に出ていた発疹が異常な痒さを伴って
脚にも広がり、いよいよ我慢出来ないレベルにまできた。そうだ、ちょうど脱毛の薬も
なくなってきたし、医者に行くとするか。

医者ではハゲについては特に関心を持たれず、「産毛も生えて来てますからね、
あと三ヶ月もすれば自然と治るはずですから」と、まるで『ハゲごときで真面目に
来るなよ』的なリアクションだったが(うそ)、腕の発疹を見せると、
途端に丸ブチ眼鏡の奥の目がキラリ。そこから怒涛の問診開始。
更に、全身に広がってないか見せろと迫ってくる。やだなあ、異性の前で脱ぐのは…。
って、還暦前後のベテラン医師だったけどね。あ、パンツはいいんですか。
あ、あのう、そんな近くで観察されて、勢い余ってヒザ蹴りしちゃうかもしれないんで、
少し下がって頂けませんか。年齢的に見えてない?なるほどそうか。っておいおい。

などと脳内で一人ボケ+ノリツッコミをエンジョイしていたら、医者が興奮気味に
画像入り症例集の冊子を開いて見せてくれて、「見た目的にはこれに近いけど、
でも口の中はこんなに荒れてないから、やっぱりこっちのパターンかねえ」などと
グロ画像のオンパレードを見せながら詳しく解説。おかげであれ以来食欲がない。

で、ハゲにはあんなに無関心だったくせに、「これはね、来週また来て下さい」
と妙にノリノリ。え、何。もしかして何かヤバイ病気ですか?「平日は基本的に
仕事してるんで、出来たら来週の土曜にしたいんですが…」と正論を言ってみたら、
さも残念そうに「そうですかあ」と言いつつ、「でも、どうしても休めない
わけじゃないですよね?」と食い下がられる。ええーっ、なによ、この食いつき。
「…そうですねえ、もし、ひどくなってきたら、平日でも来るようにしますんで」
と、やんわり回避してなんとか逃れたが、本気でヤバイ病気の可能性があるのか、
単にこの引退間際(と勝手に決め付け)の医師の最後のひと花プロジェクトに
選ばれたのか、よく分からない。ただ、医師として純粋に心配してくれていた可能性も
捨て難いわけで、その場合はいかに私の性根が腐敗しているかを意味する。

とにかくまあ、そんなこんなの結果がこの投薬の山だ。何故か頭の芯が痛いので
こっそりロキソニンも忍ばせてみたが、さながらドラッグ・アディクト全開の光景だ。
悪くはない。

いろいろありすぎて軽い浮揚感すら覚えながらなんとか今日を乗り切ったが、
残すは後一日。そこからうまい具合に三連休とはね。休みの間に治せってか。
うまいこと出来てるもんである。
by paspas | 2008-07-17 20:31 | Comments(2)

担がれる者

a0019074_1844204.jpg

a0019074_18442098.jpg

a0019074_18442052.jpg

土曜はフットサル。

ちなみに、写真はたまたま帰りに寄ったハンバーグ屋の前を通った神輿で、
もちろんフットサルとは何の関係ない。平野だんじり祭で杭全神社周辺が
ものすごい人手と交通規制になっていたが、運良くハンバーグ屋に着いたのは
規制のかかる直前。帰りは若干迂回を強いられたが、神輿が通る前の両サイドを
見物人で埋め尽くされた大通りを車で走り抜けた。気分はパレードの参加者。
恐らくミッキーマウスはこんな視点で日々練り歩いてるんだろうなあ、と思いながら
無駄にテンションが上がって沿道の観衆に手を振りながら走行していたら、
同乗していた後輩に「やめてください」とたしなめられた。あいすみません。

で、フットサル自体はいつも以上に低調に終わったわけで。体育館に到着した時点で
サウナ的熱気がこもっていてもう走るのは無理だと悟ったわけで。
フットサルも好きだけど、命を賭してまでやるもんじゃないし。
しかし、このところ必ずといっていいほど帰ってから激しい頭痛に襲われるように
なってきた。熱中症的症状か?と思い、前回1リットル飲みながらやっていたところを、
2リットルに増やしてみたのだがさほど効果なし。調べてみたらちゃんとした名前が
あるようで、『労作性頭痛』と言うらしい。血管が拡張して起こる頭痛という点では
偏頭痛と似ているらしいが、しかしあの痛さは尋常でないぞ。寝ることすら困難。
薬なんか飲んでも効果はないし。と思っていたら、『運動の前に市販の鎮痛薬を
服用しておくと、楽に過ごせるようです。』と紹介されていた。運動前ってどういうことよ。
しかし、次回試す価値は大いにある。というより、今や藁にもすがる思いだ。
西洋医学には何の異論もない。ドラッグコントロール歓迎。

しかし、試すにしても次回はいつになることやら。先週末であんな蒸し風呂だった
と言うことは、向こう二ヶ月はひどくなる一方だろうなあ。中東のアウェーの空気を
味わうにはちょうどいいが、別に中東にサッカーしにいく予定もないしなあ。

それでもおじさん達は来月もやりたがるんだろうなあ。仕方がないから、
ここは一つ神輿に担がれてやるか。なんちゃって。
by paspas | 2008-07-14 18:44 | Comments(9)

記憶にサヨナラ

今日は忘れてた会合が二件と、覚えていた会合が一件あった。
唯一覚えてたのがアフターファイブ(死語)の用件だったというのもなんなんだか。

まず、忘れてた用件その1。最近の我がブログの常連となりつつある、
ビッグネームの無知な担当(ソフトボール部)が今朝も来た。スケジュール帳を
開いたら予定が入っていたが、何の用件だったか忘れた。来てから確認したら、
サイトの事例紹介のためらしい。あらまあ。わざわざそんなことのために三人も。
恐縮でございます。×。

前回、前々回と来た時には『35インチの液晶テレビ』ネタで度肝を抜かれて来たが、
さすがに三度目はないだろうと思いつつ、妙に期待している自分に気付く。
それでも、そろそろ向こうも『すいません、35インチの液晶テレビなんて
ないんですね、失礼しました!』と気付いてくれたバージョンのリアクションも
ちょっと期待していたり。果たして結果やいかに。

「先日ですねえ、ついに35インチのテレビが届きまして、はい」

35インチありきの言い方になっとるがな。やっぱりなーんにも分かっとらんのかい。

「…で、今まで見てたブラウン管との比較になるんですけど、やっぱりキレイ
ですよねえ。映画とかはあんまり変わらないですけど」

おーい。おいおい。映画の画質が変わらんってどうゆうこと??
それ、ビデオテープで見てるんか?おかしいやろ、どう考えても。

それとも、本当に35インチの液晶テレビを持ってるのか?どっか聞いたことも
ないような、怪しいブランドのやつとか。複雑怪奇である。こちらに迷いを
生じさせるとは、こやつ意外とすごい奴なのかもしれん。

しかし、最後に「今は映画レンタルしまくって、ずっと見てるんですよー」
と言われて改めて分かった。こいつぁダメな奴だと。なぜ、映画視聴時の画質に
ダメ出しをした後に映画借りまくってるって嬉しそうに語れるんだ?
その液晶テレビに組まれた貴重な画素を返せ。君なら画素数半分でも十分だ。

ちなみに、いわゆる『フルスペックハイビジョンテレビ』は、単なる
『ハイビジョンテレビ』の二倍の画素数を持っているので、あながち私の『半分返せ』
発言も根拠がないわけではない。もう少し言うと、32インチテレビだと理論上は
フルスペックハイビジョンである必然性はあまりなく(画面サイズから見て、そこまで
多くの画素数を表現しきれないと言われている)、ハイビジョンで本当に十分なのだ。
35インチだとどうなのかはさすがに知らないけどね。

まあ、そんな無駄話でぐったりして、事例紹介はまた横のメンズにして貰いながらも
疲労により注意散漫となってしまい、適当に切り上げておいた。
ちなみに来週は東京から本隊が来るらしく、ようやく良い情報を引き出せる
チャンスかと期待している。その時もまた35インチの液晶テレビの話は聞けるのか。


次に忘れていた用件その2だが、シンガポールから友達が出張で来ていたのだが、
事前にちゃんと教えて貰ってたのに今日急にメールを貰ってやっと思い出した。

最近こういうの多いなあ。物忘れのレベルを越えた、記憶の抹消。

あ、ちなみに友達というか、会社の同僚である。名前はレスリー。
その昔、私がまだ海外相手に仕事をしていた時代に仲良くなった、
同じ苦しみを味わった「戦友」とでも言うべき人物か。

で、事前に具体的な予定を組んでなかったのが逆に幸いし、向こうから
「今やっと会議終わったけど、どこにいる?」
とメールをくれて初めて思い出したわけで、慌てて会社のロビーで落ち合うことに。

実際に顔を見るのは二年ぶりくらいか?若干、肉付きが良くなったように見えたが、
先制攻撃で「君ちょっと大きくくなったんじゃない?」とやられてしまった。
確かにその通り、私の方がよっぽど肉を付けました。すんません。

で、わざわざお土産まで持ってきてくれていて、ありがたく頂戴した。
良い友達ですわ、ほんまに。日本が沈没しそうになったらシンガポールに行ったら
ちゃんとかくまってくれそうな勢いだ。その時はどうぞよろしく。

それにしても、ただでさえ英語力が減退してるのに、彼女の語るシンガポール英語が
ほとんど聞き取れなくてかなり苦労した。多分、シンガポール人の中でも
早口なんじゃないかと思われるが、やっぱり日頃から接してないことが不利になる。
シンガポール移住計画、黄信号。


で、ようやく仕事を終えて夕方からは唯一記憶していたマイケル氏とのカラオケ。
野郎二人で仕事終わりに飯も食わずにカラオケとはなかなかないパターンだ。
マイケル氏は昔からバンドを組んでボーカルをやっていたらしく、
歌い方もマイク捌きもやはりシロウトの私とは全く違う。ちょっとした
インディーズミュージシャンのミニライブを聴きに来たみたいな感覚で、
つまみを食べながらなかなか贅沢な時間を過ごさせて貰った。発声の仕方が
全然違うもんだなあと普通に感心。今度レッスンでもしてもらおうかなあ。

そんなマイケル氏とサシで交互に歌うのも精神的にはなかなかの拷問だが、
ノリノリで歌うロックスター・マイケルにすっかり煽られて私も普段ないような
激しいノリで歌ってしまった。おかげで途中で喉をやられた。しかし、結構気持ち良く
歌えたので楽しかった。さすが、唯一記憶していたイベントだけあっていい締め括りだ。

カラオケが終わってからは行きつけと化してる裏路地の店『駄々っ子』に行って
少し落ち着いて話をしようとしたが、今日はいつになく他の客が騒がしく、
気に障る周波数の大声ではしゃいでる女性もいたりでやや目論見が外れた。
まあでも結局は終電ギリギリまで飲みながら、楽しい一時を過ごしたわけで。

明日から週末で一休み、だが朝から久しぶりのカリスマ理容師訪問と、
午後からはフットサルがあったり、用事でまたまた忙しくなりそうだ。

とはいえ、せっかくの週末、ゆっくりいろんなことを忘れて楽しもう…
と、ここで忘却のプロセスが入るからこんなにいろんな週跨ぎの予定の記憶が
飛んでいくのかなあ。これってもしかしてちょっとした発見かも。

直す気はあんまりないけどね。さらば今週の記憶よ。
by paspas | 2008-07-12 01:38 | Comments(0)

脱・新若手会

a0019074_23453087.jpg

a0019074_23453052.jpg

今日は久々の若手会。

とはいえ、かつてのメンバーは大分入れ替わり、今回は若干主旨も違う。
私と同じ大学の後輩で、仕事に行き詰まりを感じている二年目社員君の愚痴を
聞いて貰うために、彼が興味を持っている『業界』の人達の生の声を聞かせてやろう、
ということでセッティングをお願いしたわけで、若干「俺一人でこいつの愚痴を
聞き続けるのはだるい」というネガティブな要因も含まれていた。

まあ、そんな裏事情をものともせずに一緒に飲んでくれる若手?会の面々。
よくよく考えたら、今日のメンバーの中であいこぼんもとみーもヤマウも
みんなマイミクではないか。有り難いことです。

しかし、連日の飲み会は私みたいな引きこもり野郎にはややきつい。
昨日は部の決起大会で焼鳥屋でかなり盛り上がり、おかげで今日はみんな
テンション低めの出社。当然私もしっかり疲労していたわけで、
ローテンションのまま仕事も捌き、若手会に赴くことになったわけであって、
当然盛り上げる気ゼロ。そんな自由が許されるのも、この会合の中では
比較的年長組にいるからであって。最年長ではないけれど。

とりあえず始まった新・若手会。蓋を開けてみれば、それぞれにうまいこと
盛り上がってくれたみたいでよかったかなと。私も久しぶりにキレのあるとみー氏の
トークが聞けたし(後半は失速気味だったが)、非常に満足。後輩は不満について
暴言を発していた場面もちらちらあったようでちょっとは発散したのかと思いきや、
帰り際に不完全燃焼だったようなことを言っていたので、もういい。

しかし、サプライズで私の誕生日にとケーキまで用意してくれたり、
さすが気遣いのあいこぼん&ヤマウ。感謝です。誕生日、先月だったもんで
完全に不意打ちで、目の前にケーキを置かれてプレートに書かれた自分の名前を見て
初めて自分のために用意してもらったのだと気付いたが、それまでは呑気に
「えー?誰よ、誕生日~」などと野次っていたり。こうして祝って貰えるのも、
こんな歳になってもなかなか嬉しいものです。

結局気がついたらもう終電前で、慌てて解散したのだが、それだけ楽しかった
ということか。今日のメンバーでまた集まる可能性はあまりなさそうだが、
若手会という看板はまだ継がれて行きそうな感じで。誕生日まで祝わわれると、
いよいよ私も『若手』を名乗るのも無理が出て来たんですけども。
by paspas | 2008-07-10 23:45 | Comments(2)

足止めインパクト

眠い。

平日の朝はこんなものかもしれないが、しかし昨夜の夜更かしは誤算だった。
今日は夜から部の飲み会があるし、明日は懐かしの若手会があるし、
明後日はマイケル氏とのカラオケの予定が入ったので、今週早めに寝られるのは
昨日ぐらいしかないのはあらかじめ分かっていたことだ。

とりあえず、会社を出るまではそこそこ順調だった。残業も一時間で切り上げ、
19時には出発。これなら21時前には帰宅出来そうだ。そこから『メシ→風呂→寝る』の
黄金の方程式を紐解けば、23時までには就寝出来よう。七時間は寝ていられる。

が、この鮮やかなプランはJRによって脆くも崩された。まずは人身事故で電車が来ない。
10分程度の遅れで乗り込んだが、なぜか電車は徐行運転のまま、ついには停車した。
先行列車で急病人発生とのこと。大丈夫かいな。

で、やっと動き出したかと思いきやまたずっと徐行。次は何を言い出すかと思ったら、
大雨の影響で線路の安全を確認しながら徐行してます、だと。

はあ。

それさあ、仮に線路が脆くなっていたとして、徐行しても脱線することに
変わりはないんじゃない?ましてや大和川にかかってる高架橋なんて、
脱線=転落→日本一汚い川にて絶命、ということになるんだし。
そんなことになるくらいなら、アメリカンキッズアニメ的に、勢い余って崖から
飛び出しながらも、空中でもがいて二、三歩前進してみる方に賭けたい。
あ、でもあれも結局落ちていくのか。

でまあ、ようやく徐行運転区間から抜け出したかと思いきや、途中の駅で降ろされて
「本日に限りこの電車はこの駅までとなります」だと。何その後出しじゃんけん。
着いてから言うなよ。

でまあ、更に20分程連絡電車を待ち、ようやく帰宅出来たのはもう報道ステーションで
古舘氏がいつもの胡散臭い環境憂慮の熱弁をふるってる頃だった。やれやれ。
でまあ、そこから頑張ってもたいした睡眠時間は確保できない、ということで
気がついたら朝の三時まで夜更かししていた次第である。


眠い。
by paspas | 2008-07-09 09:50 | Comments(0)

今日の教訓

今朝、いつものように半分寝ながら電車の乗り継ぎをしていたら、
ホームで見張っていた駅員が何故か一緒に電車に乗り込んで来た。

半分寝ていたが半分は起きていたので、確かに駅員が乗り込んで来たのは間違いない。

よく、車椅子の人用にタラップを敷いている光景は見るが、お出迎え?もしや急病人?
眠いながらやや興味を持って眺めていたら、どうやら駅員の関心は網棚にあったらしい。

え?何?爆弾でもあるの?何探してんの?とりあえず隣の車両に避難するかなあ。
でも隣は女性専用車両やしなあ。どこまで行っても無意味な差別しやがって。
これで爆破にでも巻き込まれたらどうしてくれんねん。

幸い爆弾はなかったらしく、駅員もすぐに降りていったのだが、
普段にない妙な警戒感はなんなんだろうとぼんやり考えていたら、
そういえば最近やたらサミットがどうのこうのと構内放送を耳にするのを思い出した。
あれか?あの一環で警戒してるのか?ふーむ。そうかもしれんなあ。

しかしだな。言わせて貰うが、ここは大阪じゃなかったっけ?で、確かサミットは
洞爺湖でやってるんじゃなかったっけ?私の知ってる洞爺湖は北海道にあるんだけど、
違ったっけ?

いや、万全を期するのは分かる。それに、実際何か良からぬことが起きた時に、
『いや、特に警戒はしてなかったけど…』と言って許されないのも分かる。


でもさ。


なんなら、普段からそれくらいしてもいいんじゃないのとも思うし、
どうもあの駅員の動きがパフォーマンス的に見えて仕方がなかった。
サミットだから何よ?普段は危なくないわけ?私の性格が悪いからだろうが、
素直に『お、市民の安全のために頑張ってるね!』とホメてつかわすことが出来ない。

だいたい、話は戻るが洞爺湖サミットで大阪を襲撃する価値が見当たらない。
やったことはないが仮に私がテロリストだったとして、テロ行為を仕掛けるとすれば
間違いなく洞爺湖の会場エリアだろう。アトランタ五輪の時の爆弾テロ騒動しかり。
洞爺湖がダメだとしたら、間違いなくターゲットは東京で、開催前を狙うだろう。
犯行は目的にもよるが、要は世界に向けて己のイデオロギーを発信したいのだろう。
となると、事件にネームバリューが欲しいわけで、日本で二番目にでかい都市を
狙うよりも、一番でかい都市を狙うのが自然だ。また、開催前に仕掛けた方が
要求がある場合は通しやすいし、注目を浴びる期間がそれだけ長くなるだろう。

以上から、サミットを理由にした計画的なテロが、開催二日目に
大阪で発生する可能性は低いと考えられる。

あ、でも同時多発テロの場合はその限りではないね。忘れてた。
どうやら私にはテロリストも不向きながら、テロ対策室も不向きなようで。

結局、今日得た教訓は、朝にテロが発生したら私は逃げ切れない、ということだ。
ましてや隣が女性専用車両なら尚更だ。なので、みんな平和に行きましょう。
よろしくです。
by paspas | 2008-07-08 20:48 | Comments(12)

独働の功罪

長すぎる一週間が終わった。最近、以前では考えられない勢いで残業をしているが、
当然好んでやってるわけでもない。止まったら全てが終わる。そんな危機感を
ひしひしと感じているからだ。身代わりがいないのはこうもキツイものか。

一人で仕事をする最大のデメリットは、代わりがいない以上に、違う仕事のやり方に
触れる機会がなくなるということで、表面上ではマイペースに仕事出来るので
非常に気楽なのだが、長期的に見ると刺激もなければ成長もないので、
決して良いことではない。


髪も抜けるし。


今朝も人身事故とやらで電車が全くこず、そのまま休んでやりたい衝動に
目一杯駆られたが、冷静に考えて休める筈もなく。朝から来客一件、
午後は打ち合わせ一件、サイト公開二件。他にも手付かずの資料作成があれもこれも。
休めるわけがない。定時に終われる筈もない。

とはいえ、今はまだボヤけるだけ元気な証拠だ。本当にまずい時は口を利くのも無理な
状態になるものだ。多分、一人でやっているメリットがそこに出ているのだろう。
そこで他人の意志に振り回されることがないのはでかい。

じゃあ、結局一人でやるのとチームでやるのとどっちがいいのよ?と言われると、
本質的には一人でやるのが性に合ってるが、社会の中で長く生き抜くためには
チームでやるのがいいのだろう。と、冷静に自己分析。といっても、解決策はないが。

さまざまな思いと矛盾と疲労を抱えながら、結局今週も週末のわずかな充電期間に
身を委ねて自分をごまかすことになるのだろう。俺お疲れ。また来週。ふう。
by paspas | 2008-07-04 21:33 | Comments(0)

ビッグネームの微妙な売り込み

ビッグネームの会社が今日も売り込みにやってきた。

まあ、また提案をしてくれ、とネタ振りをしたのはこちらなので、若干致し方ない。
しかし、繋いだのは私ではなくてボスなのだが、ボスは本日出張。何たるフェイント。
みかわしの服でも持っているかのごとく。

で、今日のヤツらは三人で乗り込んで来たが、真ん中にいるのはこの前と同じ
ソフトボール部。左には前回と同じ、ホストみたいな上司を従え、
右には内勤と思わしきもの静かな青年が控える。やれやれ、君がメインで話すなら、
中身には期待しないでどんな失言をかますのかという方に集中するか。
と、意識をシフトしようとするやいなや、早速かましてきた。

「いやあ~、私も御社の液晶テレビ買いましたよー」

嬉しそうにスモールトークを仕掛けて来る。

「へえ、そうなんですか。ありがとうございます。何インチですか?」

一応乗ってあげたら、満面の笑みで返して来た答えがこれだ。

「はい!35インチです!!」

…おいおい……。

うちの会社はもちろんのこと、35インチの液晶テレビを作ってる会社なんて
私の知る範疇ではどこにもない。そもそもマザーガラスの取り数を考えると、
35インチなんて非効率的なカッティングをする筈がないじゃないか…
と、ここまで言うとややマニアック過ぎるが。しかし、仮にも自分が買ったテレビを、
しかも自らネタ振りしてアピールしようとするなら、そんな初歩的なミスは
絶対に犯してはならない筈だ。あまりの詰めの甘さにがっかりです。
一から勉強しなおして来てきてくれ。なんなら、もう来なくてもいいぞ。

とにかく、本題に入る前からこのザマである。中身に期待なんてますます出来ない。
しかしまあ、お買い上げ頂いたテレビのインチサイズを間違えただけで
「帰れ!この無礼者が!」と斬るのもおとなげないし、ここは一つボスを真似て、
にっこり愛想笑いを浮かべながら心の中で大きな×を付けてあげることにした。

さて、本題である。ケータイサイト構築の概要について語って貰ったのだが、
概要程度ならは私もそれなりにいろいろ勉強しているつもりなので、
さほど目新しい内容はなかった。それはでも、こちらの依頼も漠然としていたので、
そこを責めるつもりはない。問題はその語り方だ。

「実際にケータイサイトとか見たりしたことありますか?」

え?バカにしてます?それとも、すんごくディープな見方をしてるかってこと?
いくらなんでも後者の意味だよなあ、と受け止めて「いやあ、最近の皆さんのように
モバイル中心のネット生活は送ってないんでね。ついていけないですよ」と
軽く返したら、「ご存知ですか?今の若い人達は、どんどんケータイでネットに
アクセスしてるんですよ!」と、完全に私をオッサン扱いしてくれたね。
しかも、それくらい当然ご存知です。

なのに、続けざまに。

「ケータイで検索とかってされたことあります?」

うーむ、まさかの完全に前者のバカにした扱いだったのかよ。君と一緒にするな。

あまりに呆れてあやうく失笑しかけたが、もう少し付き合ってあげることに。
ボスならこうする筈だ。そして、心の中で巨大な×を付け続ける。

で、持ってきた資料の説明を目も合わせずにしばらく聞いてやっていたのだが、
途中でちょっと興味深いキャンペーンサイトの事例紹介をし始めたので、
ちょっと質問してみることに。

「そのキャンペーン、どうやってランディングページに誘引させてたんですかね?」

まず、『ランディングページ』という言葉が理解しきれなかったようだったが、
質問自体に対する回答も持ち合わせていなかったらしく、
「ああ~。誘引ですかあ、そーですねー」と返答に詰まる。仕方ないので
助け舟的に「店頭とかとも連動したキャンペーンだったんですかね?」
と言ってみたら、「そうですねー、店頭でもQRコードを置いて、そこからサイトに
アクセスするような仕掛けとか、やってた筈ですねー」って、憶測かよ!
知らないなら知らないって言えよ。信用ならんなあ。しかも右隣の青年が
「店頭は…」って否定しかけてたやないか。思い込みと見切りで事例を語るな。
一言「すみません、調べておきます」って言えばいいのに、なんでその場しのぎな
応対に走るかなあ。×。

こういう、売り込みの場で何気に大切なのは「かまし」だ。間合いをはかるというか、
お互いに相手の知識レベルを探り合い、売り込む側は受け手が理解出来る範囲内で、
新たな知識やアイデアのヒントを提供するという『阿吽の呼吸』が大事なのだ。
それが、ましてや受け手側であるこちらの方が事情通だなんて、目もあてられない。
後半は「詳しいですねえー。私が勉強させて欲しいくらいです!」
と言われたが、お願いだから私の時間を使って勉強するのはやめて頂きたい。

この日唯一収穫だったのは、両隣のメンズがまだ話が通じることがわかったことだ。
そして、流石に業界のビッグネームだけあって売りネタは面白いものを持っていそう。
今後はいかにこの辺の情報を効率よく引き出せるかが私自身の勝負だろう。
最後の方はソフトボール部をないがしろにしながら両サイドと話し込んでしまい、
ちょっとかわいそうな気もしたが、そこは商売の厳しさと受け止めて頂こう。
早めに教育しないといつまでも足を引っ張られるし、無駄に甘えを持たれても困る。

って、なんで俺が教育まで考えてやらなあかんのよ。ホスト上司の指導に期待。
なるべく早急に育ててくれ。少なくとも、知ったかぶりで話すのはやめさせるように。
by paspas | 2008-07-03 23:52 | Comments(0)

フィーリング

今日は定例?のサシ飲み。

相手は、自称マイケル氏。叶恭子風に言うところのメンズだが、グッドルッキング
であるかどうかは個人の判断によるところなので、コメントは控えておこう。

ちなみに定例と言いつつまだ二回目のサシ飲みだが、これから定例化させる予定。
勝手に決めたが。とりあえずでも店は前回と一緒だったんでこっちは定例になるかもね。

マイケル氏とはほぼ同い年でもあり、前は仕事絡みで話すことも多かったが、
氏が職を離れてもこうして外でまだ飲みに行けるのはなんだろう、とふと思う。
いろいろ話はしてみたが、特別趣味が被ってるわけでもなく、これまでの人生も
何か似たような道程を歩んで来たわけでもない。私は肉を喰らうのが好きだが、
マイケルは飲めれば後はつまみ程度でいいらしい。

結局突き詰めていくと、簡単な言葉で言うと「気が合う」ということになるのだと思う。
変なところにこだわりがあったり、ちょっと醒めてる部分があったり、
妙にプライドが高いところがあったり、事象は違えど思想の根本で理解出来る部分が
多い。マイケル氏がこれに同意するかは不明だが、私が思うところはそういうことだ。

結局そうなると一緒に飲んでいても他愛のない話に終始するのが常なのだが、
今日も例外に漏れずたいしたビッグ・テーマもなくうだうだと過ごして終了。
気を遣う場面もないので極めて気楽だ。日々のストレスの蓄積を発散する、
良い機会になっている。

言葉で人との繋がりを説明出来るうちはまだ本当の人間関係が深まっていない。
これに近いような台詞を『冬ソナ』で聞いたことがあるような気がするが、
私はペ氏に何の思い入れもないので、詳しくは覚えていない。ただ、理屈では語れない
フィーリングの世界で繋がりを感じる相手とは気が合うような気がするのは確かにある。

次回はマイケル得意のカラオケにも行くことになったが、これまた適度に暴れて
日々のストレスを発散出来る良い機会になりそうだ。
by paspas | 2008-07-02 23:18 | Comments(0)

スペイン優勝記念(ではない)

a0019074_2212239.jpg

今日は部の係長に誘って貰ってなんばで飲み。

係長といっても、ミスターではない。ミスターは今担当替えとかがあって
関係が絶たれ、現状にも不満を抱えてるらしくあまり話すこともなくなった。

ちなみに、周りはこの国交断絶を善きこととして位置付けている。


御意。


まあ、ミスターはさておき。この係長、実はミクシイにもいるらしく
アカウント名を「気楽マスター」というらしい。ということで、これより
「マスター係長」と呼ぶこととする。ちょうど「ミスター」ともいい対比だ。

で、マスターともう一人、なみっこさん(こちらも近日中にマイミク申請予定)と
三人でスペイン料理屋へ。料理もさることながら、店内にはちょっとした
ステージもあり、いかにも今から踊り出す空気満点だ。店員のおじさんも
オールバックのポニーテールで、靴もフラメンコのタップ?用を履いてたらしく
板張りのフロアにカンカン響くし、カウンター席にはラテンな顔立ち満点の
おばちゃん、、、いや、お姉様が座ってマスターと座ってるし。
あ、この場合のマスターは店のマスターね。マスター係長ではなく。ややこしい。

で、結局ステージが始まることはなかったが、なかなかおいしい料理を口にしながら
しばらく三人でいろんな話をして過ごした。やはり仕事に対する不安とか、不満とか、
みんなそれぞれに抱えているもので、こういう場でそれをただ吐き出して並べてみる
だけでも大分気持ち的には楽になるものだと思えるわけで。こういう機会は
また欲しいところだなと。

ちなみに、料理はなかなかよかったが、特に期待の肉料理が期待通りの美味さで、
気持ち的には頼んだ量の倍は行きたかったが、家にはスパゲティーが
待ってることもあってやむなく断念。あ、ちなみに今回はちゃんと冷蔵庫に
しまってるんで。さすがにまた同じパターンで食中毒にはなりたくないわけで。
あの苦しさは半端じゃないから。

しかし、今日何より驚いたのはトマトピザだった。もう少し詳しく言うと、
フレッシュトマトのコマ切れが敷き詰められたピザを、生トマト大嫌いの
この私が、あまり抵抗なく食べられたことだ。最大の勝因は細かくカットされていた
ことだと思うが、しかし生のトマトをサラっと口にする場面なんて
5年前、10年前の自分が見たら発狂してトドメを刺してしまうかもしれない。
人は変わるものだとしみじみ思う。この勢いなら、もう後10年経ったら普通に
納豆とか食している恐れすらある。自我の崩壊に繋がりかねない暴挙。
そう、今はそう思っているが。

果たして未来やいかに。
by paspas | 2008-07-01 22:12 | Comments(4)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧