周辺住民からの宣戦布告

ワケあって某家具家電付きの壁と天井が繋がってないアパート物件での借り暮らしをもう2年も続けているのだが、
そんな借り暮らしもいよいよ終焉の時。ただ、強制終了によるもので、更なる悪条件の監獄にブチ込まれる話が浮上したのだ。

回避する方法はただ一つ、自腹で新たな城をどこかに構えるしかない。さもなければ、片道2時間以上かけて
自宅から通勤することになるわけで。

ようやく近隣にそれなりに住めて、それなりに金がかかって、それなりに閑静な住宅街の物件を見つけたので
少しずつ荷物を移しているのだが、今日また荷物を抱えて行ってみると、私が契約している新居で
一つしかない駐車スペースに、全く見知らぬ白のBMWが。

スペースが一台しかないのに加えて、目の前の道もまあまあ狭く、路駐するのも迷惑。
a0019074_22313624.jpg

なんなんだこいつは…と、頭に血が上り、とりあえずギリギリに寄せた上で絶対出れないように
封鎖してやった。ざまあみろだ。とりあえずこれで逃げ得は許さない。

で、とりあえず身動きを封じた上で荷物の搬入をしつつ「迷惑駐車 対応」でググってみたりしていたが、
どうにもいい方法がない。かろうじて警告文を貼っておき、それでもダメなら管理会社に通報とか
ぬるいことを書いていたので、警告文を3回ぐらい書き直して後でワイパーに挟んでやろうと準備をしていたまさにその時…

インターホンを鳴らされた。モニター越しにみると、随分目つきは鋭いけど、地味目な黒髪の若い女性。 

「隣のものなんですけど…」
ほう、あなたが私の隣人ですか。
「大きい…大きい荷物がありまして…」
は?
「ちょっと停めさせてもらったんですがすみません…」
とりあえず向こうは悪いことをしたという自覚があるようだったし、私の意図的な封鎖に攻撃性を感じて
ややおののいて身構えていたのか、もともと根暗なのか、終始うつむき加減でとりあえず謝ろう
という姿勢を見せていたので、今回は穏便に済ませてやろうと思い私もあけてやることにした。

で、車に近づくと、急に暗がりから妙に脂ぎった顔の細身のスーツ姿サラリーマンが登場。見た感じ、50代前半くらいか?
最初、不動産屋か営業マンか何かかと思った。見た目の脂ギッシュかつ毎週末ランニングしてます的
日焼け感、プラス謝罪はしているもののどことなく他人事のようにヘラヘラしてるようなもの言いに
お調子者の営業のノリを感じた次第なのだが、ただ、私が車をどかしてやると、女性も助手席に乗って立ち去り、
しばらくするとどこかのコインパーキングに置いてきたのか、二人揃って戻ってきて、そのまま
隣室に入っていったのだ。ううむ、ここは独居物件のはずだが。

なんだ?ツレか?先ほどの女性の様子から考えると、親子でも不思議はないが、しかし月曜平日に
スーツ姿のサラリーマン親が子のために荷物を運びにここまでくるのだろうか?しかも、なぜインターホンを
娘に押させて自分は下で待機していたのか?仮に私が初期対応で相手に強く出た場合、男は下に隠れたまま
やり過ごして自分だけ逃げようと思っていたのではなかろうか?それくらいの軽さは感じた。

彼らも部屋に戻ってどんな会話を交わしていたのか分からないが、男のへらへらした感じから察するに
「な、うまくいっただろ?ああいうのはあんまり下手に出ても良くないんだよ。俺の軽妙な営業トークがあれば、
また何かあってもうまくかわせるから心配するな」ぐらいのことは言ってたかもしれない。
あとこちらとして痛かったのは、致し方ないのだがナンバーを見られていて「○○からお越しなんですか?」
とさりげにスモールトークを仕掛けられたことだ。相手はその場を取り繕うつもりで深く考えずに
言ったのかもしれないが、深読みすると「おまえのナンバーは見てるからな」というセリフにも聞こえる。
こっちも当然向こうのナンバーは見たどころか写メにも収めているが、「和泉からお越しなんですね」
とは言わなかったからな。宣戦布告と受け止めるか?ただ男の応対はへらへらし過ぎだったが、
メイン住民らしき女性はかなり殊勝で平身低頭な感じで言葉遣いも丁寧な雰囲気だったので、
あの脂ギッシュ日焼けマンが今後登場しないのであれば
あまり気にせずやっていけるのかもしれない。

やれやれ、それにしても隣人とのファースト・エンカウンターがこれかよ、と先行き思いやられる感で
うなだれつつ部屋に戻ろうとしたら、廊下の隅を素早く動き回る平べったいやつの存在が視界の片隅に。

おい…こんな時に、こんなすぐ偵察にくるか?

とりあえず急いで部屋に戻り、いちばん手前にあった殺虫スプレーを掴んで戻ったが、相手も百戦錬磨。
既に姿はなかった。とりあえず自分のドアを中心に念入りに噴霧して予防線を張っておいたが、
まだ生活も初めてないうちから登場してくるとは、こっちの方はもう完全な宣戦布告だな、Gよ。
こっちは自分の体調を多少犠牲にしてでも薬品を駆使して全力でバリアを張る覚悟はできているぞ。

立て続けに「周辺住民」による洗礼を受ける一日となり、これからの新生活に対して大いなる不安を感じたが、
私もまだ完全に生活環境を整えきれているわけでもなく、全力で迎撃する態勢にはまだなれていない。
ただ遅くとも来週からはこちらも本格的に移住するので、そうなったら全身全霊を傾けてやってやる。


準備段階からいきなり波乱続きの新生活。




[PR]
by paspas | 2018-06-25 22:00 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧