カウントダウン

久々に高校時代の同級生と集まる会があった。

年末には大規模な同窓会もあったが、そちらはパス。大人数は得意ではないし、そういうところに集まる系の
人間達とは合わないタチでもある。今回は急遽お声がかかった、7名くらいの集まり。それでも私としては
多い方の人数なわけで、行く前はそれなりに億劫だったが行くことにした。

集まったメンバーの半分くらいは高校以来会ってないメンバーで、大半はそもそもそんなに仲良くもなかった
メンツだったが、それでも当時の思い出や近況の話を語り合って距離がない感じで盛り上がっていた。
そんな中でも一歩引いて自分語りを回避した私は我ながら流石だと思ったが。

それにしても、もう20年以上経つのか。高校時代に戻りたいなんて思ったことはないし、彼らとも
今だからこそ話せるものの、当時はそんなに絡もうという気持ちも無かったわけで、実はこういう人だったのかと気づかされることも多かった。お互い変わった部分もあるだろうけどね。
特に、やたら尖ってた部分は全員カドがだいぶ取れている筈。まだまだ自分は無敵だと思っていたであろう当時と比べて
今は自分の弱さを知り、守るべきものも生まれ、親や周りの大人達の老いを見て自分たちの向かう先が
少しずつ見えて来ているからこそか。

仮にこの先、彼らと会うとしても年に一回くらいの頻度だろう。もしいまが人生の折り返し地点であるとするならば、
つまりあと40回会えばいい方だということになる。もう、そんな感覚なのだということを早く意識した方がいい。

少しでも思い残すことのないように、会いたいと思う人とは少しでも多く会う機会を。
会いたいけど気が引く、なんとなく腰が重いなどという人は、もうこれが最後かもしれない。
そう思えたなら、会えるうちに会った方がいいだろう?



[PR]
# by paspas | 2017-01-07 23:23 | Comments(0)

あけおめ・ことよろ2017

あけましておめでとうございます。

気がつけば終盤はロクにブログの更新も出来ぬまま年が明けました。

さて、ブログの運営方針で迷っています。

元々日々のとりとめのない愚痴中心の思いを吐き出す場所として開設したまでは良かったが、
最近はこんなところであったとしてもオープンに思うところを書き綴ることが難しい世の中であり、
我が立場でもあり。
となると、ここを単にチョコミントブログとして存続させるべきか、いろいろ悩んでいる次第。
正直、チョコミントに関しては別媒体での活動が主となりつつあるし。あっちでは結局思ったままの感想は書きづらいけど。


そう、結局ネタは何であれ、ここでは思っていることをぶつけることに本来の価値があったはずなのだ。
それが憚られると感じた頃から、ここの更新は停滞し始めたわけで。


まあそんな根本的な迷いを抱えながらも時間は過ぎ、年は変わり、現在に至る。今年の抱負はどうしようかねえ。
昨年は当初「原点回帰」を掲げていたが、仕事面での環境変化が激し過ぎて、途中から目標が「サバイブ」に
変わってしまうくらい。それも気づけば少しずつ生活パターンを作れる感じにはなって来たが。


さて、では今年の抱負。今年はもう、「ゆるやかな減量」に尽きるかなあ。とにかく全ストレスが食に変換
されてるのよね。なんとかこの流れを変えなければ、マジで会社に着ていく服がない。がんばろう。

ということでどれだけこの先更新するか不透明ですが、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by paspas | 2017-01-01 05:40 | Comments(0)

新幹線トーク

先日、久々に集まった学生時代の同級生との飲み会の帰り道、眠気と戦いながらとりとめのない話をしつつ
帰路に向かっていた。結構気楽に話せる相手なので、どうでもいいことから多少重たいテーマや相談まで
幅広くできる感じなのだが、この時話していたのは「新幹線の移動って何もしてないはずなのにやたら疲れるよね」
というテーマ。あれってなんなのかね?目的地に着いた頃には妙にボロボロになってない?座ってるだけなのに。
と、ここまでは「あるある」とお互い共感来ていたのだが、「あれ絶対、アレよな。スピード早いから、
速度についていけない細胞がどんどん後頭部あたりからほつれて飛んでいくんやと思うわ」と半分したり顔で
言ってみたところ、同級生からこう言われた。
「ん〜、でもさ。それやったら新幹線の運転士ってめっちゃ短命にならない?」

お、おお〜。これは正直、目からウロコ。まさかこんな明確に論破されてしまうとは。ぐうの音も出ませんよ。


と、ここまでが前段。
週も開けて職場にて。

まずはモリエンテス君に論破されたところまでを説明。
「なあなあ、新幹線あるやん。疲れるやん?あれな、移動速度に耐えかねて細胞がどんどん後ろにほつれてってる
と思ってたんよ。そしたらさ、同級生にさ、『でも運転士は短命って聞かないよね』言われてさ。目からウロコやったわ〜!」

「…あ、…ああ…なんかそれ、ちょっとよくわかんないです」

なんだかとってもドライなリアクション。おいおい、マジか。俺の目からウロコがそんなに無関心なテーマか。
仕方がない、ここは一つホセの反応も確認しよう。ああ、ホセ君。ちょっと聞いてくれるかい。
モリエンテスが反応薄いんだけど、すごい話なんだ。いいかい、新幹線乗ってたら疲れるだろう?
あれ、細胞がほつれてる思うわ、って言ったら、同級生に『運転士の寿命はどないや」ツッコまれて、
目からウロコやってん!分かる?


するとホセ氏、しばしの苦笑いを経て、やっと口をついたのは「え、本気で言ってます?」だ。
ああ、俺は本気だとも。細胞が流れていく勢いで疲れを感じる。これは相当に身体に悪いと思っていた。
ただ、新幹線の運転士がそんな短命という話も聞かない。それを指摘されて、私は心底驚いた。すごい話だろう?

「いや、あのう、そもそもからツッコましてもらいますけど」おう、なんやホセ。
「新幹線の速さ以前に、僕ら公転する地球の上にいますからね。新幹線の移動速度なんてもはや誤差ですよ、誤差」
なんだその屁理屈は!ぐぬぬぬぬぬ。

ということで、共感も得られずさらなる論破も食らって一気に意気消沈。しかし、このまま引き下がるわけには
いかない。なぜなら、確かに新幹線を降りたら半端なくグッタリするからだ!!

で、いろいろ調べたところ、「人間は36km/h以上の速度で移動すると活性酸素が体内に蓄積して細胞を損傷し、
疲労につながる」とかいう記述にぶつかった。コレだ。まさに壊れゆく細胞。高速移動により身体から
引き剥がされていく細胞たち。こういうことじゃないのか!


再びモリエンテスに説明。

『…いや、…それよく分かんないです。まあでも新幹線で疲れるのは分かります」

なんやそれ。

次。自転男、ホセにリベンジ。

「…これ、高速移動関係ないでしょ?加速度の問題なら理解はします。あと、振動とか緊張とかで感覚が疲れて、
というのならまだ分かります」

おのれ、小難しいことを…。しかし、彼は自転説を根拠に『高速移動そのものがストレスとなるとは思えない』
という説を曲げようとはしなかった。『そもそも新幹線でそんなに疲れませんし』とまで言われてしまったので、
「君はきっと大事な何かが欠けてるんだな!」と言い返してやった。子供のケンカか。


それにしても、ここに来て問題がむしろ拡散してしまった。約1名の宇宙人を除いて新幹線移動でぐったり疲れるのは
共感している。しかし、運転士が短命という話は聞かない。一方、活性酸素説はある。これは高速移動が原因
かもしれないし、微妙な振動によって引き起こされる体の緊張と三半規管の狂いが現実味のかもしれないし、
見知らぬ人たちに囲まれて長時間身動きが取れないことへのストレスが原因かもしれない。さらにホセ理論でいうと、
「新幹線よりバスの方が疲れるでしょ。同じ時間バスに乗れって言われたら発狂しますよ」とこれまた
別パターンの問題提起をして来よったので、もう収拾がつかない事態に。まったく、なんの話をしてるんだ。

もはや私は誰に何を証明したいのか見えなくなってしまったが、新幹線降りた後のあのグッタリ感だけは
確実に理解してもらえると信じてやまない今日この頃。
[PR]
# by paspas | 2016-10-04 00:34 | Comments(2)

チョコミント発見!

ぴゅあさんお取り寄せ提供、チョコミントバウムクーヘン。

a0019074_01124333.jpg

…なんですか、この毒々しい雰囲気、、、

ビジュアルがそこそこ想定外なのだが、味もさらに輪をかけて想像の斜め上。
周辺部位は上部がミントのムース、下がバウムクーヘンでおいしい。伊達にバウムクーヘン専門店ではない。
問題は中央部位だ。このアングルでは見えないが、下部はチョコレートのベースでまあまあ味も濃くてうまい。
が、もっとも目立って毒々しいセンターの謎の水色、、、

味しねえ。

正直本当にどう表現していいのかわからないのだが、ある種見た目通りの味とも言える。
冷凍状態でクール便できたものを半解凍状態で食べたせいもあるかもしれないが、
もし保冷剤の中身を食べたらこんな味かもしれないと想像してしまった次第。なんか…爽やかですね…。

しかし、由緒正しきバウムクーヘン屋が敢えてチョコミントに挑んでくれたのは嬉しい限り。
真ん中上部の保冷剤さえなければ、相当に完成度高いスイーツです。来年から是非その辺ご検討頂ければ。
[PR]
# by paspas | 2016-09-03 01:04 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

オメェに食わせる…

a0019074_21491349.jpg

タンメン。

最近、完全に帰宅時の上司のドライバーと化しているのだが、更に踏みこんでメシにも誘われるようになっている。
前回は「いいお店を紹介します」とメールで前フリされて逃げ場がない状態で臨んだら和食系の
チェーン店だったというオチがついてリアクションに困ったが、今回は逃げ切ったと思った瞬間に
「そういえばこの辺に飲食店結構ありますよね」と迂闊に喋ってしまったので、「ちょっと降りてみてくるわ」
と言われ、もう付き合わざるを得ない状況に。くっそー。くっそー。

でまあ、仕方がないのでインドカレーとタンメン専門店の二択となり、ここは一つ自力では絶対入る気が
しないであろう「タンメン専門店」に入りましょうと提案してみた。麺屋なら長居することもあるまい。
そう見越しての選択だった。

入ってみると、店内は思ったよりすっきり小綺麗な感じ。で、メニューを手にとって見てみると、
タンメンが3種類。あとは餃子とかチャーハンとか。
ふうん、サイドはまあまあ取り揃えてるんだな。と、何気にメニューを裏返してみたら、「博多ラーメン」
の2文字が。しかも「赤」と「白」。

タンメン専門店は!!タンメン専門店はどうなったんや!!!と、内心熱くツッコんでいたが、それ以上に
店員の織りなすコントがとにかくすごかった。まず、夫婦と思わしき2人組がいるのだが、中国出身らしく
日本語はたどたどしい。そして、どう見ても奥様の方が権力は上。むしろ、お父さんは仕事ができない人の
典型みたいな感じで、注文した餃子の数は間違えるし、20秒おきに注文を確認して奥さんに小さな声で怒られてるし。
中華鍋を振ってチャーハンや野菜を炒めていたのが奥さんだというのもパワーバランスを伝えるファクター
ではあったが、とにかくもうどうしようかと思う空気だった。

この空間にいつの間にか娘も参戦したが、この子もなかなかしっかりしてない。レジ打ちもうまく出来てないし、厨房の中で明らかにお互いの動線の邪魔になる立ち位置にいた。いつからやってる店か
知らんが、親子なんだったらもう少し手際よくやってくれよ…と思い嘆きたくなる場面だった。

ただ、救いは餃子もタンメンも結構美味かったことだ。時間に追われていなくて野菜をたくさん食べたくて
奥様がかろうじて仕切って成り立ってる厨房を見る余裕があるならば、お勧めする店かもしれない。

ちなみに店名だと思うのだが、彼らがお揃いで着ていたTシャツの背中に書いていた名前は「満菜」。
ん…マン…ザイ?


お後がよろしいようで。

[PR]
# by paspas | 2016-08-02 21:48 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_22384602.jpg

リンツの正規店でしか手に入らないチョコミント。

なんか忘れたけどずいぶん高かった。750円くらい?
で、味の方はというとずいぶん濃厚。ダークチョコもさることながら、フィリングのミントクリームも
どちらかというと重厚でヘタすりゃくどいくらいの勢い。一気に一枚丸ごとは食べられない。
1日ひとかけらずつ食べて楽しむとしよう。


にしてもリンツは絶対海外ならもっと豊富にチョコミントを取り揃えてるはず。あ、あとマカロンも
あったけどマカロンは基本的にそんなに好きじゃないからついスルーしてしまった。
[PR]
# by paspas | 2016-07-23 12:46 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_22344230.jpg

トーキョーチョコレートの名の通り、東京で手に入れたチョコミント。
パッケージからも思いっきり伝わってくるように、伊勢丹で購入したもの。

しかし、中身はあれですわ。

a0019074_22344311.jpg

これと一緒。メリーのはじけるキャンディ入りのチョコミント。
いわゆるOEMってやつか?しかし、メリーのものは400円で、トーキョーチョコレートは540円で
売る
というのはアコギ…いや、お商売が上手なようで。

ちなみに食べてみると口の中でパチパチはじけるキャンディが面白い。これの少し前に手に入れた、同じメリーのスパークリングナイトもはじけるキャンディ入りだっだが、急にどうしたメリー?
といった感じだ。なんでこんなにはじけたいのか。悪くはないが、正直駄菓子のチープなイメージが
付いて回る気がしてならない。


発想自体はいいんだけどね。

[PR]
# by paspas | 2016-07-22 23:14 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

それ以前の問題

今日もいそいそとチョコミント探しに出掛けて、狙っていた3箇所全ての商品とめぐり合うことができたのだが
正直後味の悪い終わり方となってしまった。

1店舗目と2店舗目は良かった。特に2店舗目は店長さんもチョコミント好きを公言するなどフレンドリーな感じで
こちらとしても気分が上がる感じになった。

問題の3店舗目は人気のフレンチトースト店だった。そう、まず設定としてフレンチトースト店という
ニッチさ。それに加えてチョコミントのメニューがあるということで、結構楽しみにしていたのだ。
駐車スペースがほとんどなく停めるのに苦労したが、それもクリアしてやや混みの店内へ。
名前は書かなくて大丈夫です、しばらくそちらでお待ち頂けますか、という店長らしきお兄さんの誘導で
メニューを眺めながら店内とかも観察したりと時間をつぶしていた。

で、少しして店員のお姉さんが「こちらの席にご案内します、どうぞ〜」と言ってくれたので立ち上がると、
奥から先ほどの店長が突如「ちょっと!俺が言うまで案内せんといて!作れへんやん!」と暴言気味に
店員を叱責。こちらも中腰状態から一旦待合席に逆戻り。なんや、あの突如としたキレっぷりは。
なんとなくこの時点で勘付いてはいたが、念のためもう少し様子を見ることにした。

で、更に少し経過してから店長のオッケーが出たようで席に案内されたのだが、そこから見ていると
まあ怒る、怒る。「お前そこ立ってんな!」とか「手が空いてんならこっちやって!」とか「お前は行くな!」
とか、数名いる店員達を完全に恐怖政治によって支配している感じがありありと滲み出ていた。
それだけでは当然済まされず、厨房と客席は仕切りがない状態で繋がっているわけで、客からも怒号が
丸聞こえ。はっきり言って不快だよ。店の円滑な運営上、君が言ってることは正しい私的なのかもしれないが、
そういうのは客の見えない・聞こえないところでやってほしいし、そんなに1分おきに叱責しないといけない
状況なら、恐らくシステムそのものが間違っているのか、お前が叱りすぎて店員が定着せず初心者だらけの
ホールになってしまっている環境を自ら作り上げてしまっているかのどちらかだ。要は自分が悪いと思え。

店員達も当然、そんな叱責を客の前で立て続けに受けて内心穏やかであるはずもない。しかし、とりあえず
これ以上怒られたくないという気持ちが勝ってしまうのか、少しでも店長に怒られないことが逆に
サービスすることの精神よりも上回ってしまっているのだ。私も使ってないガムシロップを途中で
下げられたのはまあよかったが、食べてる途中に他のカトラリーを下げられたりしたのはなんか
食事を早く終えるように催促されているかのような印象も持った。店員はとにかく、ボーッとすんな!
あれもやれ、これもやれ!と言われてるもんだから、少しでも早く皿とかカトラリーとかを下げて怒られないように予防線を張りたいのだろう。それれ、裏目に出てますからね。店長に対してではなくて、客にね。

よく都市伝説風に聞くのは、ラーメン屋でこういう嫌な思いをしたというエピソードだ。店員が新入りに
対して怒鳴るしつけを試みる。新入り君もかわいそうだが、そんな罵声を一緒に聞かされる客はたまったもんじゃない。一刻も早くこの空間から出たい気分だ。
ちなみに帰りのレジ打ち、このお兄さんが笑顔で丁寧にいい対応をしてくれた。つまり、彼は客には
いい顔をしようという努力をしている。つまり、普段の自分は接客面で問題はないと自負している。
が、逆側から見れば身内の店員にあんなでかい声で怒鳴りつけたら、みんな食べる気なくすって。


来年もあるかどうか不安がよぎる店。

[PR]
# by paspas | 2016-07-10 22:57 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_23225686.jpg

さてこれはなんでしょう。

正解はメゾンカイザーのチョコミントのエクレアです。2本です。

ぴゅあさんが偶然見つけて調達してきてくれたもの。一口食べて思ったのは、なぜなんだかシューがしょっぱい。
今はやりの塩パンをエクレアのシューにも持ち込んだか?作戦としては失敗と言わざるをえないと思うのだが…

しかしクリームはとても美味しかった。上に乗ってるミントクリームも甘かったし、その下のチョコレート
クリームも濃厚でおいしかった。惜しむらくはシュー、、、いや、まあいいか。次ですね。次。

[PR]
# by paspas | 2016-07-09 11:18 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

借りぐらしの味方

a0019074_23582071.jpg

仮住まいのワンルームから徒歩1分のところに出来たファミマ。

まるで合わせてくれたかのように今週オープンですって。

で、オープンセールののぼりが立ってるから、こんな時間に買っちゃいましたよ。50円引のからあげ弁当。
a0019074_23582173.jpg

こりゃ確実に太るな。

しかし、ファミマなのにちょっとした野菜とかも売ってて、これは本当にちょっと助かるかも。
今のところこの仮住まいで自炊する予定はないが、でもオプションとしてあるのは嬉しいよねえ。

このところどんどん人間らしくありたい部分を削られている。住居は独房。昼食は代わり映えのしない
うまくもない三択の食堂めし。おまけに席めし禁止令まで出されたという情報まで。
このまま行ったら一挙手一投足、すべて管理されてクールビズも廃止だ、とか、トイレに行く回数も制限だ、
とか、人間性というものを全否定されるところまで行って家畜のように使い潰されて終わるぞ。
人間には感情があって、その感情に決断の多くを委ねていて、いまやられていることの数々はその感情を
逆なでしていることを分かっているのだろうか。
[PR]
# by paspas | 2016-07-06 23:44 | Comments(1)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット