<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

名誉の負傷

職場の席が寒い。


去年の後半に同じ居室内でチームごと席替えしたのだが、新しい場所が上長から遠ざかるという最大メリットを
生みつつ、窓際席になったために窓から伝わる外気の異常な寒さを背負う問題を新たに生み出してくれた。
窓枠にカーテンはなく、窓自体にも断熱的な構造も全く施されていない。加えて、ウォームビズだか
なんだか知らないが暖房を18度にしましょうとか20度にしましょうとか言われて、そりゃ寒いに決まっとるよね。

それでもまあ、この寒さに打ち震えてるのは自分だけではなく、横の窓の前に座ってる人も苦しんでいるから…
と思うと、さにあらず。隣の島の人は、同じ居室のデッドスペースの窓にかかっていたカーテンを
ちゃっかり強奪している。先日、カーテン有り無しでどれくらい違うんだろうね?と、その人が持っていた
卓上温度計で私の席との温度差を計ったら、なんと5度も違っていた。そりゃいかんわ。

ということで、自分も何かしらの対策を打たねばなあと思いつつも優先順位は低く、とりあえず靴用カイロという
暫定対策を見つけて若干環境改善したのだが(自分だけ)、私の目の前に座るメンバーが立て続けに
風邪引き状態に陥り、いよいよ何とかしないといけないと思い立った次第。実は前から目をつけていたのだが、
居室の隣の会議室には、横の人がパクったカーテンと同じものがかかっていて、そいつを奪うことを
決めていたのだが、いよいよ実行に移すことにした。

さて、いざ行動に移すとなって問題になるのが、カーテンを引き剥がすにはカーテンレールからフック状のやつを
外さないといけないわけで、私の低身長では窓枠から手を伸ばしてギリギリ届くかどうかという、
まあまあ難易度の高いタスクが待ち構えていることだ。
私の前に座る風邪引き同じ2人が180センチ超えの高身長コンビなので、彼らにカーテン強奪を依頼していたのだが、
なかなか動いてくれないまま風邪をひいてくれたもんだから、自分でやるしかない。

ということで、意を決して始業前の会議室に乗り込み、窓枠に会議室のソファシートをくっつけて
そこにうまく両足をかけながら、カーテンを留めているフックを丁寧にひとつずつ外していく作業を開始。
最初の片側は慎重にやったおかげもあり、無事に取り外し完了。あともう一つ。

が、ここで問題発生。反対側のカーテンの前にはテレビ会議システムを設置している小さな台机があり、
それが邪魔で最初の時と同様の足場用ソファシートを近づけることができない。こうなったら、かなり
足場は狭いが窓枠に飛び乗って作業するしかないな…と、微妙なアドレナリンが出ていたのか、
「俺はまだまだ動ける」的な変なプライドが働いたのか知らないが、気分は懐かしのサスケに挑む
アスリート気分で軽やかに窓枠に飛び乗った。


で、落ちた。


まあ、「落ちた」と言っても大した高さでもなく、まして頭から…とかでもなくて、飛び乗ろうとしたら
足場が狭すぎたので逆再生のように飛び降りた、という感じだったのだが、不幸にも飛び降りた先に
あったのが先述の台机があり、そのヘリで左脇腹を激しく強打。

しばし悶絶。

だがしかし、観衆も介護者もはいない。

とりあえず痛みを引きずりながらも改めて慎重に窓枠によじ登り、こちらもなんとかカーテンを外し、
本来の目的を果たすべく自分の背後の窓に付け替えて任務完了。

a0019074_22090284.jpg

どうだ。


ということで、やはりアドレナリンが出ていたのか任務完了後はしばしご満悦だったのだが、ふとした拍子に
脇腹を触れると、じんじんと痛みが走る。そして、時間の経過とともに痛みが増していく。
ありゃ、こりゃもしかしてやばいかなぁと一瞬思ったが、その日の午後には痛みのピークも過ぎた感じが
したので、そのまま放置。ネタにはしたけどね。


だがしかし、この痛みがそこそこのレベルで続いたので、2日くらいしてはじめて気になって体を捻って
患部を見てみると、結構グロい感じに青アザになってるではないか。しかも意識はしてなかったが、
横にアザの線が何故か2本走ってるという。2度打ちした?どうなってるんだ?とにかく痛い。思いの外
重症だった、という可能性と、老化により治癒が遅い、という可能性の両方が考えられるのがなんとも哀しい。

これはしかし、身体を張ってメンバーの健康を守ったファインプレーだろう。まさか労災申請は出来ないけど。
まして職場で脇腹を見せて回るわけにもいかないし、なんともモヤっとした名誉の負傷である。

[PR]
by paspas | 2016-01-30 21:15 | Comments(0)

チョコミント発見!

急遽東京出張が決まったので、早速行き先の付近にあるチョコミントを調べてみた。なるべくなら
ネットの力を借りずに偶然のバッティングで出血、じゃなくてチョコミント発見するのが理想だが、
この情報化社会でそんな美学に固執しても仕方ないし、チョコミント天国・東京への出張というレアケースでは
限られた時間の最大効率化が求められる。すかさず検索クリック検索クリックの繰り返しですよ。

で、辿り着いた2つの答えを一気にお見せしましょう。まずは1軒目、渋谷駅からほど近いパン屋さん
「ゴントランシェリエ」のチョコミントマフィン。
a0019074_00265675.jpg


a0019074_00265639.jpg


いや、迷いましたよ。2つにするか、3つにするか。でも足りなくて嘆くより、多くて苦しむ方がステキじゃない?
そんな自分であり続けたいという願いを込めて3つ買いました。

で、お味の方ですが。
まず、さくっとした外皮を噛んでいくと、口の中にほのかなミント感が、全体を覆うチョコレートの香りに混ざって控えめにかつ後から力強く主張している。
いや、これかなり出来のいい商品じゃない?買ってから半日以上持ち歩いてたので、多少表面が乾燥していた
と思われるが、こいつのマックススペック状態で食べたら相当なやり手ですよ。単に流行に乗った
チョコミントではありません。絶対にこれは3つ買って正解。


続いて2軒目。さらに駅から遠ざかること数分のところにあるアイス専門店、popbarへ。
a0019074_20393297.jpg

ぬう、おシャンティではないか。おシャンティ過ぎて入るのを躊躇う。しかしながらこちらは出張の身、
この機会を逃しては2度目のチャンスはないかもしれない…!

と、鼻息荒く闊歩する姿勢が全面に出てしまったのか、ほぼ同時に入りかけた女子グループ3名ほどが
すっと回れ右して退店していった。すまんな女子ども。おっさんは出張中なのだ。

で、何やらこむずかしい注文システムを経て手に入れたのがこちら。
a0019074_20393210.jpg

バニラアイスのベースに、追加のディップでダークミントチョコレートを指定。これでオーダーメイドながら
チョコミントアイスの完成である。

味の方はというと、チョコのディップが思っていた以上においしくて、ミントの感じもちょうど良かった。
実はこれ、ハーフディップにしたのだが、フルディップの注文も可能らしい。そっちにしたら良かったかなあ。
でも見た目の良さはこっちよね。ちなみにバニラアイスの部分は季節柄なのか、ちょっと乳脂肪分が
固まってる感じがしてて残念だった。シーズンだったらもっとおいしいことだろう。味の濃厚さは確認できた。


ということで、成果の多い東京出張となったわけで。ただ哀しいかな、チョコミントのために時間を割いた
ことによって昼食にはありつけず。そもそもそっちは調べてもいなかったし。まあ、人間何を優先するか
ということですね。そういう意味では悔いなし。

ちなまに帰りの品川駅でおみやげコーナーに寄った際、パン屋さんの袋を差し出して「これとまとめて貰えますか」
とお願いしたら、「ここのパン屋さんおいしいですよね!」と言われた。むう、そうなのか。私は
チョコミントマフィンしか買ってないので、その事実は確認できないなあ…。
[PR]
by paspas | 2016-01-26 20:25 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_20250633.jpg

a0019074_20250665.jpg

あんまりうまく撮れんかった。

以前からチェックしていたが、コールドストーンクリーマリーにはミントアイスがある。
ずいぶん昔にも食べた記憶があるので新発見ではないが、一応。上が「パーティーミントブルー」、
下が「ミントミントチョコレートチョコレートチップ」だ。

さて、コールドストーンといえば店員さんが張り切って歌いながら作ってくれるのがウリの一つだが、
ここでも「歌ってもよろしいですか?」と満面の笑みで聞かれたので、多少引きつった笑顔を返して
「はい」と答えてしまった。て、店員さんさっき無表情にレジ打ってたのと同じ人よね。お仕事お疲れさん。
2つ注文したので、必然的に2曲続けてどうぞ状態。指導されているせいか、時折がっちりと目を合わせてくる。
いやあ、ないない。目線を製作工程に落とすフリをしながらやり過ごしたが、後で気づいた「歌は断ってもいいよ」
の貼り紙にもっと早く気づけばよかった。すまん店員。

ちなみに、店員から目線を外したのもあながち失敗ではなく、ふと見るとミントアイスだけ随分と「減り」が
早いことに気づいた。
a0019074_20250601.jpg

すごくない?これ。やっぱりコールドストーンといえばミント食べとかなきゃ、ってことかね?イチオシは
あまおうだったみたいだけど。いや、もしかしてローテーションが一つだけ遅いとかいう可能性も
なきにしもあらずだけど、前の客もミント頼んでたし、こいつぁミント売れ線と見ていいんでないかなあ。


と、ここで大昔に食べた時に店員に言われた、「ミントミントチョコレートチョコレートチップって、
当店で一番長い商品名なんですよ〜」のくだりをふと思い出した。確かその時、「ん?なんでミント2回言うの?」
って聞き返してしまって、店員さんも「ほんとですね〜!」とビックリされたのを覚えているが、
未だに私の疑問に対する答えは得られないままである。
[PR]
by paspas | 2016-01-26 20:13 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

チョコミント発見!

ネット情報でその存在は知っていたが、近隣で取り扱い店舗が見つからずに入手を見送っていたものを
ぴゅあさんからいただくというやや悔しい展開。

a0019074_11315054.jpg


まあなんというか、久々に毒々しいチョコミント菓子を目にしましたね。この色使いはあかんやつ。

で、食べてみるとこれがまた毒々しい味わいだという。ミントのちょっとダメなところがもち皮に
それなりに凝縮されていて、妙なスースー感を醸し出すという難しい一品。いや、チャレンジ精神と
発想のユニークさは非常に評価できるんですけどね。味を…もう少し味を…とお願いしたいところ。

これを○見大福がトライする展開をこの夏場に期待してみよう。
[PR]
by paspas | 2016-01-24 11:26 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

サービスキャンペーンとは(後編)

続き。

メーカー不具合の連絡を受け、ほどなくして見事に不具合が発生し、クルマのエンジンがかからなくなったので
最寄りの対応店舗に再び電話するの巻。


もしもし、不具合の手紙をもらったので電話してる者ですが。いよいよ本当にエンジンがかからなくなったので、
見ていただきたいんですけど。
改めて電話した時に出た男性に用件を伝える。が、こちらが期待していた「申し訳ございません」
「ご都合の良い日にちはいつですか?」の言葉は聞かせてもらえず、代わりに「リコールですか?」と
いきなり聞き直される。

おいおいちょっと待て。こっちは車種も伝えてるのに、なんでそんなに揃いも揃ってあんたらは自社の
不具合情報を掴んでないのだ?更に言うと、そこはサービス対応店に名前が載ってるところだぞ?
情報を持ってないなんてあり得えるのか?

不具合が実際に起きるまで多少余裕を持っていた私も、この段になってようやくというか、さすがに
ややイラっときた。「そうだよ!リコールだよ!そっちからご丁寧にこういう手紙も来てるんだよ!」
と、手紙を読みあげてやろうと紙を引っ張り出す。

a0019074_17102040.jpg

「サービスキャンペーン実施に関するお詫びとお知らせ」…だと…?なんなんだ、サービスキャンペーンって?
メーカーの不具合はすべからくリコールと違うんか?サービス?キャンペーン?バカにしてるのか?


と、手紙を眺めながら呆然としていると、電話の向こうから「とりあえず車検証ファックスしてもらえますか?」
と言われる。ファックスだと?このご時世に?メーカーの不具合なのに?こっちから自腹で?と、考える
余裕もなく、「ふぁっくすですか?」と聞き返すしか出来なかった己の無能ぶりを今更ながらに後悔。
そして、なぜかこっちから「何番ですか?」って聞くまでファックス番号を教えてもらえなかった応対にも後から
相当イラついたが、その時はそこまで頭が回っていなかった。「サービスキャンペーン」という、
人を小バカにしたような表現に気を取られすぎていた。

ただ、それと同等もしくはそれ以上にこの電話応対者の人を小バカにしたような話しぶりをこの時
見逃してしまったのは失敗だったかもしれない。

とりあえず言われた通りにコンビニから車検証のファックスを50円かけて自腹で店舗に送り、翌日電話を受ける。
昨日の奴だ。「これ、サービスキャンペーン対象になってますね」ああ、そうだね。手紙にもそう書いてるね。
君の言う、リコールじゃないね。でもエンジンかからないんだよ。こっちは困ってるんだよ。これ、メーカーの責任だろう?
なんなら仕事終わりの定時ダッシュで今日でも寄るから、直してくれよ。19時前には着くからさ。

と、言うと「19時ですか!そりゃもう、無茶苦茶閉店してますねえ!」と言い放たれた。なんだこいつは?
挙句、「本当にそれが原因か分からない」「バッテリー上がってるだけじゃないのか?」などと
「お前の問題じゃないのか」的な嫌疑をかけるようなもの言いが続く。この言われようはなんなんだ。
しかし、こちらは素人。相手は立場上プロ。もしかして違う原因でエンジンがかからないのか…?
と、こちらも自信を持てなくなる。ただ、この不具合の件に関しては少なくとも対応して貰わないと
いけないし、原因が違うにしろクルマが動かないのは致命傷なので診て欲しいことに変わりはない。
平日の19時という訪問時間がバカげた提案なのであれば、週末のなるはやで対応をお願いするしかない。
ということで、次の土曜日にお願いします、というと「これ、リコールでもないし、他のお客さんが
来るかもしれないんで、時間は約束できませんけど」と言われる。なんだ?あてのない他の客が優先なのか?
そうか、私は客扱いじゃないのだな?サービスキャンペーンだから?メーカー様のサービスをキャンペーンで
してやるから?なるほどわかった。そういうスタンスか。

この時点で当件に関しては我がブログで長々と書き連ねてやろうと決心したが、それにしても腹がたつものだ。


さて、いざ土曜日になると、予想通り客など来ない店舗のようで、午前早々に「今から行きますわ」
と連絡が入った。数分で来て、エンジンが本当にかからないことを確認して(もちろん、バッテリーも
死んでないことを確認して)、牽引して持っていくのでまた出直すと行って帰って行った。最初から
エンジンかからないって言ってるのに、なぜ牽引して持ち帰る準備をして来なかったのだろう。ああ、
こっちのことを小バカにしてるからか。残念ながら事態はこちらが伝えた通りの現象が現実のようだよ。


で、牽引されてから数時間後にまた連絡が来たのだが、これがまた予想外の発言。
「とりあえず不具合の対応をしたが、直らない。ガソリンおかしいんじゃない?」とのこと。
ガソリン??なんでガソリン?んなわきゃないだろう。言ったと思うけど、その日の朝は普通に出かけて、
夜に改めてエンジンかけたら死んでたんだって。ガソリンおかしかったらその前からクルマ動かないだろうが。
どうしてもこいつは、問題をこっちのせいにしたいらしい。

「…とりあえずガソリン入れ替えとかやってみるけど、時間かかると思うよ」と言われ電話を切られる。
この時点で私はこのブログの前編を書き始める準備を進めていたわけだが。


さて、もうこれまでの流れから今日中に終わることはおろか、進捗状況の連絡すら来ないんだろうなあ…
と心の準備をしていたら、夕方になって突如玄関のチャイムを鳴らされた。窓から見ると、車が戻されている
ではないか。おいおい、そこは事前連絡なしかよ、と思いつつも予想外の早いリターンに安堵しつつ、
応対に行くとそこには朝とは違う、若い技術スタッフらしきお兄ちゃんの姿が。
曰く、今回のメーカーの不具合内容に対応してプログラムの書き換えと部品の交換をしたところ、
直りましたと。申し訳ございませんでしたと。当然、メーカーの責任ですので今回費用等は発生しませんとのこと。
その誠実かつ丁寧な、本来最初からあるべき先方の姿勢を、この現場の最若手の青年が見せてくれた。
車のキーを返してくれたその両手は油で黒く汚れ、生傷で血が滲んでいた、その彼だけが。
その説明内容はガソリンの品質を疑ってきた電話男の説明と明らかに異なるものだったが、私は当然
このお兄ちゃんの言うことを信じる。そして、今後うちの近隣店舗の世話にならないことも心に固く誓った。
このメーカーのクルマも多分次は買わない。現場のお兄ちゃんには申し訳ないけど。
あと、一瞬このブログを書くこともお兄ちゃんの対応のよさを受けて躊躇ったが、逆に彼だけがきっちり
やってくれたことを発信する意味も込めて書くとことにした。

ちなみに、「サービスキャンペーンとは」で検索すると、同じ疑問を抱いている人も他にも大勢いるようで、
答えが出てくる。要は事故につながる不具合か否かが一つの分岐点のようだ。公的な手続きの絡みもあっての
違いのようだが、それによって客への応対も変えるというのはいかがなものかと思う。

[PR]
by paspas | 2016-01-23 17:02 | Comments(0)

サービスキャンペーンとは(前編)

ことは昨年末、マイカーのメーカー社から手紙が来たことに遡る。中古で購入したクルマでも
メーカーから手紙って届くもんなんだな、と呑気に構えていたら中身はなかなか面倒なものだった。
a0019074_17021702.jpg

「無償修理に関するお詫びとお願い」て。おいおい、リコールかよ。なんでも、寒いところにクルマを置いてると
エンジンがかからなくなる恐れがあることが分かったので、修理しますとのこと。

いやいや、寒いところって。今から冬ですけど?どうすんのよ、こんなの。行くヒマねえよ。


とはいえ、まだ少し事態をナメていた。寒いったって、ほら。想定してるのはシベリア的なやつでしょ?
底冷えするとはいえ、最低気温でもせいぜい氷点下に届くかどうかレベルな私の居住地程度の寒さで
エンジンが止まるような低レベルな不具合なんて起きるわけがないだろうよ。そう、焦ることはない。
また時間が出来た時に行くこととしよう。

そう思いながらなんだかんだで年も越し、頭の片隅では気になりながらも週末に行けそうなチャンスを
窺いながら様子を見ていた。ただ、一応先に手紙に書かれていたフリーダイヤルには電話をしてみた。

ここでまず最初の不納得事象発生。電話に出た担当者に手紙をもらった旨を話すと、まず詫びられる。
この度はご迷惑をおかけして申し訳ございません。うむうむ、そりゃそうだ。ただ、その続きが引っかかる。
「お手紙に同封されていた店舗一覧の紙があったと思うんですが…あ、ございますか。そちらの中で、
お客様にとってご都合の良いところに、お客様の方からお電話頂くことになっておりまして」

うん?なぜだ?なぜ私が、メーカーの不具合のために自ら店に電話をしないといけない?
と、釈然としないものの、まだまだこの時点では気持ちは余裕があった。うちはシベリアじゃない。
まして今年は暖冬らしい。クルマもあれから止まる様子もない。そう、焦ることはない。

で、「へい、そうですか」とフリーダイヤルを切り(今思うと、じゃあ何のためにあるフリーダイヤルなんだ?
と思わざるを得ないが)、少し考えてから自宅から徒歩圏内の店舗に電話することとした。
あまりにも自宅から近いところにこういう案件で連絡するのも面倒かなと考えたが、手紙には不具合の修復に
一時間ほどかかるとも書いてあり、遠方の店に持って行くとなると暫く身動きが取れなくなりかねないのもイヤだ。
もちろん、店舗の電話はフリーダイヤルではない。メーカーの起こした不具合のために、私が自分から、
自腹で電話をかけないといけないわけだ。釈然としない。だがしかし、まだそこまで気にはしていなかった。

で、電話に出たのがとりあえず電話番してます的な雰囲気満載のローテンション・ミドルエイジ風女性。
用件を伝えると、「車検証持ってきてもらわないと分かりませんね」の一点張り。いやいや、なんで?
手紙の存在知らないの?あと、まず一言詫びようよ。とは思いつつ、まだ余裕の私。まあ、田舎店舗の電話番なんて
こんな騒ぎが起きてるを知らないのかもしれない。それに、自宅近くの店舗の人に向かっていきなりケンカ腰で
挑むというのもあまり気が進まない。(最初にどこに頼むか逡巡したのはこういう懸念もあったからなのだが)
まあ、どうせこちらも急いでないし、また後日掛け直して話のわかるやつと話すこととしようと思い、一旦電話を置いた。


それから一週間ほど過ぎた週末のこと。朝から車に乗って外出し、一回帰宅してダラダラしてから
そういえば食料品の買いものに行ってないな…と思い、夜に再度外出しようとしたら見事にエンジンがかからないのだ。
うわ、マジか。これか。ほんとにエンジンがかからない。かかろうとしてる音はするが、弱々しく数秒間
空回りしてる感じで、パタッと諦めて止まってしまう。マジかー。マジかー。


繰り返すが、我が家はなかなかの田舎にある。車がないと生活に相当な支障をきたす。早急に解決しないといけない。
ただ、平日は仕事のために次の週末までは持って行くことができない。どこかで会社を休んで持って行くか?
とも考えたが、しょうもない当番に当たっている週と重なってしまったために、それもしづらい。むうう。


続く。
[PR]
by paspas | 2016-01-23 15:54 | Comments(2)

2/100

a0019074_18003439.jpg

年賀はがきの当選番号が発表されたようなので、早速チェックすると2本当たってました。両方切手シート。

ちゃんと数えてないけど、多分頂いたのは70枚程度だと思われるので、本数通りに近い確率での当選。
切手使う予定なんて全くないんだけどな、、、ということで、交換に行くかどうかすら不透明な状況。


しかし、当選したハガキのうちの一つが焼肉屋さんからのやつっていうのがいかにも自分らしい。
[PR]
by paspas | 2016-01-17 18:00 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_19041068.jpg


年明け頂きものシリーズ第二弾。

米国出張していた、取引先とみー氏からのプレゼント。
全然知らなかったんだけど、80年以上の老舗ブランドらしい。
今は買収されてMacy'sでの取扱いだとか。

このチョコミント、固いトリュフ・タイプのものなのだが、
箱を開ける前からミントの香りが漂ってきて、最初は相当な
強いミントな感じか?と思っていたのだが、食べてみると
意外とミントの「辛味」は抑えられていて、後口に残る使い方で
ミントが生かされている。ベースとなるチョコはリッチでありながら
まとわりつくような濃厚さではなく、うまい。これはなかなかいい。
さすが80年の歴史。箱を裏返して見るといろいろとウンチクも書かれていて、
チョコも3種類使用されているとかで、こだわりが見受けられる。
これは放っておいたら延々食べ続けてしまうやつだ。いかんいかん。


それにしても、わざわざ出張先でこうしてチョコミントを仕入れてきてくれる
(しかも直接は全く取引をしていない今日この頃な間柄にも関わらず)
とみーの心遣いに感謝。そしてさすがアメリカ、チョコミント先進国うまい。

新年早々、幸先の良いチョコミントギフト続き。

[PR]
by paspas | 2016-01-12 19:03 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

チョコミント発見!

a0019074_22010532.jpg

年明け早々に頂き物。

というか、年末年始休暇で帰省していた、だかっち君に貰ったというわけで。

どうやらドイツからの輸入菓子らしい。形状は結構よく見るスティックタイプ。なお、お味の方は
「カカオ50%」を謳ってることもあり、チョコの味わいは深く、ミントのフィリングはイメージよりも
かなり抑えめな感じ。全体としてオトナな味わい。食後のデザート感覚としてはいいかも。
アフターエイトのような強烈なミント感とはまた違うおいしさ。

ただ、これ結構ロングなのがビックリなのよね。削る前のエンピツくらいの長さ?と、タトエがイマイチですが。


今年もチョコミント豊作の年となりますように。
[PR]
by paspas | 2016-01-10 21:55 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

身に迫る危機

本来の始業は本日からなのだが、私の所属する部署は伝統的に1日早く出勤して雑務をこなすという、
実にくだらないルーティンがある。もちろんお手当ても出ませんの。出ないメンバーが呼びだれてるから。

というわけで、ほんのささやかな連休だったけれどそれなりに体内時計が狂っていたので、おクスリ飲んで調整。
起きたら目覚まし時間のはるか後。遅刻ではないが、少しバタつく。やれやれこうして今年も何の感慨もなく
始まるのね、と思う間もなく玄関を出てすぐの階段で転倒した。

いや、「階段」ったって2段しかないんですけどね。

どうやらまだ全然おクスリが抜けてなかった模様。足が絡まって見事にスリップダウンですよ。しかも、
ただコケただけでなく、地面に身体ごと落ちて頭が駐車場にあったクルマにゴンってぶつかったくらい。
コケた次の瞬間に思ったことが、「ヤバい、クルマにぶつかったけど凹んだりしてないだろうな」
と思ったあたり、クルマが大事なのか自分の意識がまだまだ朦朧としていたのか、よく分からないが
とりあえずまともな状態ではなかった。幸いたいした怪我もなかったが、出勤した頃になってようやく
足を擦りむいていたことに気づいて地味にヒリヒリする痛みを発症。地味すぎてアピールもできない。

ただまあ、本当に大ごとにならなくて済んだのでよしとしようか。でもこれって出勤途上の怪我だから、
何かあったとしたなら労災になるんだろうね?始業日前の呼び出しだが、暗黙の強制出勤なわけですから。
まさか「会社に来ようとしていたみたいだけど、自主的にだよね?労災は認められないよ?乙」とは
ならないよね?まさかねー。


気をつけよう、身近な転倒事故と曖昧な出勤命令。
[PR]
by paspas | 2016-01-05 04:13 | Comments(1)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧