<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もやもや

本日3回目の歯科治療。

前回から幾つか、細かい変化があった。


・助手不在
・医師の白衣が青に変色
・一瞬、商売っ気を出してきた
・景品がおかしい


白衣の色はどうでもいいとして、助手不在にはやや不安と同情を感じた。大丈夫か?
土日営業している歯科として、掻き入れ時と思われる日曜に助手がいないなんて。
まさか辞めたわけじゃないよね?だとしたら、なんかさすがにちょっと可哀想。
会話はヘタだけど腕は確かだし、悪い人ではない…と思うんだが。多分。

次に、一瞬商売っ気を出して来たのは、他の医者ではありがちだけどこの人は
言ってこないのではないかと思われた、「他の歯も治療しますか?」という
お決まりの文句だ。確かに、自覚するくらい穴があいている虫歯の歯がもう一本
あったけど、この際なので治療してもらうことに。なんの躊躇もなく麻酔注射を
してきたのは初回と同様だが、今回はかなり長めに刺された。その分、大量の麻酔が
注入されたようで、鼻の方まで痺れる経験は今回が初めて。「麻酔が効くまで全体の
クリーニングをさせて下さいね〜」と言われた時点で既にびりっびりに効いてましたから。

ただ、さすがの腕前であっという間に3本目の歯も治療終了。てっきり、またちょろっと
削って、仮の詰め物かなんかされて、また来週〜って言われるかと思いきや、
「はいじゃあこれでとりあえず治療は終了ですので、また何かあったらお越しください」
と通常の3倍速くらいの早口でもそもそっと言われて、あ、これでおしまいなのね?
と初めて気付かされた。これは彼だけの問題ではないが、なぜ歯医者は治療前に
治療スケジュール的なものを共有してくれないのだろうか。まあ、今回は良い意味で
裏切られたけど。

ということで、3週間で3本の治療を施してもらってめでたく終了である。過去の歯科通いを
思えば、まさしくミラクル。こんなにあっけなくて良いのか。2年くらいかかる覚悟は
出来ていたのに。


ということで、ここまでくると寂しさすら覚える最後のくじ引きである。前回より確実に
補充された感のあるボックスから、医師の白衣に合わせて青のカプセルを引いたところ、
中身はこちら。

a0019074_11144177.jpg

いやいやいやいや。何よこれ。恐竜、恐竜ときてこれはないだろう?4足歩行、2足歩行の
次が車輪走行って、進化の過程をぶっ飛ばしすぎじゃない?


あっけない治療終了と、想像の斜め上をいく最後のくじ引きに加え、未だ一向に引く
気配のない麻酔効果が口と鼻の半分の動きを封じ込めている状況で残る感触は
「もやもや」以外になんと表現できようか。
[PR]
by paspas | 2015-04-26 10:55 | Comments(3)

2度あることは

a0019074_11164070.jpg


…やっぱりこうなるのか…。

ということで、手際は良いがコミュ障気味な職人歯医者2回目にして、無事治療完了。
もう一本、奥歯の詰め物がぶっ飛んでいるのがあってそれを治してもらうのに来週も
通院予定だが、このペースなら次回でもう終わるかもしれない。


しかしまあ、なんだろうねこれ。「アマルガサウルス」って書いてるけど。そういう意味
じゃなくてさ。アメ玉を配る歯医者もどうかと思うが、こんなの貰ってもなあ…

しかもまさかの2体目ってねえ。


ちなみに今日は助手にレジの扱い方を教えてました。それも大事だけど、口の中の
水分吸うやつの管を喉奥に突き刺さないように指導して欲しい。あと、メガネ置き場も
要検討ですよ!今日もずっと手持ちしましたよ!やれやれ。


来週もくじ引きするんだろうな…。
[PR]
by paspas | 2015-04-19 11:08 | Comments(2)

なぜ

a0019074_12443325.jpg

これが何であるか、という疑問もあるが、なんでこんなものを手に入れる羽目になったのか
という疑問の方がはるかに深い。


始まりは3日前の水曜日、マルビルの最上階にて、とある知り合いの送別会をしていた
時のこと。そこのお店の名物カツサンド(ひと口サイズ)に手を伸ばし、「うまっ!」
と発した時に、異変に気付いた。
a0019074_12443444.jpg


歯がない。


正確に言うと、「治療した歯に被せてるニセモノの歯がない」という事態なのだが、
要するに歯がない。ステレオタイプでいうと、ワンカップの日本酒を片手に日中から
ふらついてるオッちゃんの、空間が多いちっちゃい歯が並んでるやつのアレみたいになった。
取れたのは、左上の犬歯の隣の隣という微妙なポジションのところで、後から鏡を見たら
外見上は分からないのだが、自分としては歯がなくなったテンションの下がり方は
計り知れず、送別会の気分もちょっと飛んでしまった。

ということで、平日は時間がないので、自宅付近で土日も営業している歯医者を調べて
早速予約。このファースト・エンカウンターでの印象はあまり良いものではなかった。
恐らく医師本人が出たのだろうという感じはあったが、とにかく喋りがせっかち。
予約時間を確保してそそくさと切られたが、よく考えたら軽い問診くらいしても
いいんじゃね?私が何の治療を求めているのか、YOU分かってないよね?大丈夫かね?

とまあ、不安は抱えつつも仕方ないので、本日赴いたわけで。場所は、近所のモールの
二階にいつの日からか入っていたところで、正直今回調べるまで存在を知らなかった。
比較的スペースは広く、清潔感のある待合室だが、受付に人がいない。


あれ。


おーい。


とりあえず、奥の方に行くと治療中の医師と歯科助手発見。予約のものですが。
あ、はいはい。じゃあ保険証と、これ書いてください。これでようやく歯医者に来た実感。


思えば昔は長いこと歯医者通いをしていた時期もあったなあ。週に一回、ちょろっと
手を加えては翌週にまたちょろちょろっと触り、何ヶ月もかけてゆーっくり治療される
あの面倒なプロセスがまた始まるのか…いやだなあ…と、早くもテンションダウン。
ほどなくして治療室に通されると、待合室ほど真新しい感じは見受けられない設備。
それ以上に、久々にあの治療イスに座ることで、過去のイヤな思い出がフラッシュバックして
早くもとても憂鬱に。

と、嘆きが増幅するより早く、器具をセッティングしようとしている助手に対して、
医師から小声の指導が。「これはこうやって、カチっていうまで回して、あ、あとで
片付けの時にやっといて」っておいおい。新入りかよ。しかも、下手すりゃ今日から
入ったのかという勢いの指導やん。しかしこのせっかちトーク、間違いなく電話に出た
こやつだ。ていうか、医師はこやつしかいない。そして助手はあやつしかいない。


しかし、結論から言うとこの医者、腕前と手際はかなり良い。座って5分で麻酔を
打たれたのは結構びっくりしたが、その間に型取りもし、レントゲンも撮り終えた。
せっかちと手際の良さは紙一重ということか。コミュ障気味なのは仕方ない。

ということで、ものの30分で型取りが終わり、仮の詰め物を施して貰い、その間に
別の歯の治療までして貰った。これは相当にハイペース。前に通ってたところなら、
ここにたどり着くまでに2ヶ月は要していたのではないだろうか?治療中にメガネを
外してどこかに置きたいなあ…と思いながらも置き場所が見当たらず、医師も助手も
「メガネこちらにどうぞ」的なケアもなかったが、まあそれを差し引いても「アタリ」の
医者に巡り合った気がする。彼は、通院客が本質的に求めている「治療」という目的を
最大効率で実現する職人なのだ。対価分の仕事は十分にしてくれた。そして、助手は
若くてキレイなお姉さんだが、明らかに新人のシロウトなのだ。「今は奥の歯をやるから、
管は邪魔にならないように下の方に向けて挿して」と、ハイパー初歩的指導を私を検体と
しながら職人医師から受けていたが、途中から電話応対とかでいなくなってたりしたし、
特に問題はない。


ということで、「今日の治療はここまでです」と言われるまで圧倒的手際の良さに
感心しきりだったのだが、会計を待っているところに、件の医師が謎のパーティボックスを
携え、超早口で「これ一つどうぞ」ときたもんだ。

…えーと、どういうことかな?


と、疑問を抱く間を作らせないくらいの押し付けくじ引き。しかも、こういうことを
しそうなキャラとは程遠い、職人医師から。アラフォーおっさん患者の私に。


とりあえず苦笑しながら適当に手に取ったカプセルを、外に出てから開けてみたら
最初の画像のプラモキットみたいなものが出てきたわけだ。これ、自分の中でどう処理して
いいのか、未だに分かってません。なにこれ?なぜこれを?あいつが?私に?


…まさか、次回もやらされるのか…?


ということで、治療とは全く関係のない期待と不安を抱えつつ、次回の予約を入れることに。
しかし、あの手際ならヘタすりゃ来週で終わるかもしれんな。
てことは、多くてこいつが二体…ま、まあ、我慢出来るか…。



会計もなぜか助手ではなく医師本人が行い、お釣りの受け渡しもせっかちすぎて
床に落とすという分かりやすいキャラクター通りの
行動を最後まで貫いてくれたが、とりあえず私は一定の充足感と、やり場のない
不安感と、抱えきれない疑問が頭の中を
駆け巡っている。
[PR]
by paspas | 2015-04-11 12:43 | Comments(2)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット