<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぽっちり

a0019074_12114181.jpg

割とどうでもいい、というか本格的にどうでもいい話なのだが。


先日、大学時代のサークル仲間との新年会があり、その集合に少し早めに着いたので
界隈をぶらぶらしていたのだが、そこでたまたま見かけたお店があり、店員さんが
かわいらしい感じだったので、なんとなく寄ってみることにした。


看板を見ると、「ぽっちり」というお店らしく。

店員さんは、「ぽっちゃり」だったわけで。

…………。


いや、ほんとにそれだけなんですけど。



なお、写真は本文とは関係ありません。微妙に界隈の風景写真だというだけです。
[PR]
by paspas | 2015-01-28 12:05 | Comments(0)

英国旅行記《チョコミント編》

本当はひと通り食べ終わってからアップしようと思ったが、諦めた。
a0019074_21411215.jpg

a0019074_21411334.jpg


経由地のフランクフルト空港およびイギリスで見つけた、チョコミントの数々。

この中で個人的に最も気になったのは、左上にさりげに写っているメントスのチョコミントだ。
んんん?メントスぅ?と思うよな、普通。なんとなく、あのスカッと感にミントを
重ねて、周りのシュガーコートの代わりにチョコマーブル的なものでも?と想像していたが、
実際には全くの別物だった。言うなれば、トフィーに近い感じ。つまり、ちょっと
やわらかめのチョコ味のキャラメル的な食感で、ほのかにミント感があるという、
あまり食べたことのないような感じ。但しパンチ力はないので、拍子抜けはした。不思議だ。

次に気になったのはこれ。
a0019074_21411328.jpg

輸入食品屋を中心によく見かけるブランドだが、日本でミントを見たことはない。
しかし、海外なら絶対あるだろうと思ったら、早速フランクフルト空港で見つけたので
思わず購入。後に、イギリスのキオスクにも普通に並んでいるのを見ていかに海外では
チョコミントが当たり前かを改めて痛感させられるに至る。ちなみに味はまあ、
想像の範疇。ミントは強め、チョコは思ったよりダーク系で強かったが、バランスは
素晴らしい。「これがチョコミントです」「そうですよね」と、誰もが納得の味。
a0019074_21411469.jpg

もう一つ、フランクフルトで購入したこちらもビジュアルで気になったので先行して試食。
うん、これはカカオ感が強いビター系の落ち着いた味。と見せかけて、後から突き抜ける
ミントの主張たるや。これもまた、王道のチョコミントパターン。やっぱ海外勢は
安定感があるね。


その他のチョコミントも、食べたやつもあればこれから開けるやつもあるけど、
まあなんとなく想像のつく範囲内のものが大半なのでこれから当面は新商品の期待できない
冬場の日本市場を乗り切るには持ってこいの期間になるかと。とか言いながらあっさり
食べ切りそうな気がしなくもなくなくない。
[PR]
by paspas | 2015-01-26 21:40 | チョコミント普及委員会 | Comments(1)

英国旅行記《帰国編》

サッカーが見れたら、彼の国にもう用はない。さっさと帰国である。


物価は高いし、街は思いの外さびれてるし、食事は評判通りさほどでもないし、
空は基本的にどんよりだし。住みたいとは思わないね、なかなか。住んでたけど。
ほとんど覚えてないけど。

で、帰国便はバージン航空。兄の計らいでアップグレード席になり、座席が仕切られている
上にフルフラットになるという快適ぶりだ。

更には食事も一段と豪華。こんなの飛行機で見たことないぞ。
a0019074_21413396.jpg

離陸前にはなぜかシャンパン登場。そもそも飲めないけど貰った。当然飲み干せず。
これ、このままで離陸しないよね?よね?と、焦っていたらスッチーが来てギリギリで
引き取ってくれた。経験がないのでこちらは終始挙動不審。
a0019074_21413465.jpg

a0019074_21413484.jpg

a0019074_21413522.jpg

食事はこんな感じでやたら豪華。この間も基本的に挙動不審。そもそもテーブルの
引き出し方からして分からんし。何事も経験ですな。

で、食事も終わっていよいよシートをフルフラットにして寝よう…と、ベッドボタンを
押したら、何かが引っかかっているような警告ランプが出て再度あたふた。

スッチー、穏やかな表情でまたまた登場。ベッドをお作りしましょうか?


あ。自分でやるんじゃないのね、これ。


バツが悪い感じで通路で立ち尽くしながら、テキパキとベッド用にシートを改造してくれる
ベテランスッチーを頼もしく背後から眺めることしばし、我が専用ベッドの完成である。
いやあ、これは贅沢。こんな空間、次いつ味わえるか分からないし、目一杯満喫しよう…
とも思ったが、連休に有休をくっつけた背徳感から、平日の朝に成田に着くフライトでそのまま東京で仕事を入れてしまった手前、
この時間で寝ておかないとあとで地獄を見ることは火を見るより明らか。クスリを
一錠、二錠、それでも効果が見えず、三錠飲んで目をつぶったらいつの間にか意識を失っていた。


気がつけば着陸45分前。


ベテラスッチーその2が、「朝食をお持ちしましょうか?」と声をかけてくれたが、
あいにくこちらはクスリあがりで意識も混濁した状態で飲食する気持ちにはなく。
もったいなかったなあ。貧乏人根性的には、食えるものは食っておきたかったなあ。


しかしまあ、最低目標の睡眠時間確保は快適に?果たせたおかげで、その後の東京での仕事も
一切の疲労感もなくこなし、新幹線にのって夜に帰宅。翌朝にはさすがにいろいろな副作用が
出てしまって会社には遅れて出社する羽目になったが、まあまあのハンドリングで
帰国できたと思う。


ということで、プチ弾丸だが英国旅行は以上。もう一日短くして、本当にサッカーだけ
見て3泊4日で帰るのも出来なくはないな、と。やるかどうかは別として。
今回帰国してもうひとつ思ったのは、昔の海外旅行帰りと比べて虚脱感が少ないなあと
思っている。これも加齢の影響か?人生における大きな目標を果たしてきた旅だった
わけだが、どこかで自制心というか、針が振り切れないように感情をセーブしていたのか。
子供が一日中はしゃぎ回って、夜はバッタリ倒れこむように寝るけど、それの逆。
どこかで次のこと、帰りのことを意識してるから、全力で突っ切ることができない。

いろんな意味でオトナになった気がする。
[PR]
by paspas | 2015-01-20 21:41 | Comments(2)

英国旅行記《マンチェスター編》

さて、ついに今回の最大の目的であるマンチェスター行きである。

ちなみにここが生まれてから最初の5年間ほどを過ごしたアパート。

a0019074_22284.jpg

何十年も経て未だ現役。まあ、ヨーロッパの家はそんなもんか。


そんな誇り高きマンチェスター生まれとして、当然ながらマンチェスター・ユナイテッドを
応援しているわけで(シティではない。断じてない。更に言えば香川がいようがいまいが
何ら関係ない)、今回のイギリス行きも最大の目的が「ユナイテッドの試合を観る」
ことにあったので、ついにここに来てドリーム・カム・トゥルーである。

a0019074_2221094.jpg

うおおー!見えた!あったぞ!

a0019074_222986.jpg

スタジアム近くにはこんな感じの非公認?グッズ売り場も多数あり。

a0019074_222914.jpg

a0019074_2221027.jpg

はやる気持ちを抑えつつ、まずは腹ごしらえ。やっぱりおいしくはない(笑)

a0019074_2221198.jpg

到着ー。いいねえ。盛り上がるねえ。

この後、スタジアムにあるオフィシャルショップでニット帽とマフラーとユニを買い、
意気揚々と観客席へ。

a0019074_222125.jpg

おお…!

来たよ。


ここに来るのが夢だった。

本当に来られて良かった。


a0019074_2221292.jpg

…まあ、別にこいつは見たくはなかったけど。


ちなみに試合は枠に飛んだシュートがゼロ本というグダグダな内容で、隙を突かれて
失点したまま試合終了。
a0019074_2221368.jpg


残念。


しかし、スタジアム全体を包むサポーターの大合唱や、隣に座った、一人で来ていた
お姉さんがすごく試合に没頭しているサマが見られたことや、市内に戻ってからも
グッズで身を固めた我々を見て、見知らぬマンチェスターっ子たちに
「いえあ!ゆないてーっど!」と声をかけられたり、「あの監督はどうかと思うね!」と
解説が始まったり、まあそいつらの相手は兄に任せたが、とにかく全てにおいて
満喫した。正直、マンチェスターに来て、ユナイテッドの試合が見られればもう
思い残すことは何もないと思っていて、別に帰りの飛行機が落ちて死んでもいいくらいに
思っていたが、負け試合を見たことで、これはもしかしてもう一回帰ってきて、
勝ち試合を見るまでは生きる目的を持てと
言われたのかなとふと感じた。


でも結構満足。
[PR]
by paspas | 2015-01-18 22:01 | Comments(1)

英国旅行記《ロンドン観光編》

えいこく滞在二日目はロンドン観光。

当初予定では8時出発の街中観光を計画してもらっていたが、兄が起きず。気づけば
11時出発である。

まあ、別に観光に重きを置いていなかったし、いいんだけどね…。

ということで、ロンドン市内に到着した頃にはすっかりお昼タイム。まずは腹ごしらえ、
ということで希望していたパイの食べられるお店へ。


a0019074_16224952.jpg

a0019074_1622519.jpg

a0019074_16225391.jpg

店の名前は忘れた。ウインドミルだったかな?ここで、シェパーズパイを注文。

いやあ、本場でシェパーズパイとは贅沢。なんか見た目は記憶と随分違ったけど、
超うまかった。思い出補正もあるかもしれないけど、これはイギリス訪問内でベストグルメ
だったといえよう。

で、腹ごしらえも完了して街中散策に。

a0019074_1622533.jpg

ピカデリースクエアを通り。
a0019074_16225656.jpg

途中でありがちな赤い電話ボックスを見かけ。
a0019074_16225957.jpg

a0019074_1623264.jpg

バッキンガム宮殿も一応チェックしつつ。
a0019074_1623516.jpg

a0019074_1623849.jpg

ビックベンだの、ウェストミンスター寺院だのも外観だけ見て。
a0019074_16231157.jpg

途中で道に迷ったおかげで裁判所?の前も通ったり。

まあとにかく、歩き倒しである。多分30,000歩くらい歩いた。疲労困憊。

で、兄オススメのハンバーガー屋(アメリカに本店があるらしい…)に行き、遅めの
おやつ?タイム。
a0019074_16231452.jpg

a0019074_16231778.jpg

確かにうまかった。肉汁たっぷり。惜しむらくは、バンズがふにゃふにゃで肉汁を
吸い込んでさらにふにゃふにゃになっていたことか。もうちょっと良質のバンズにしたら
もう一段高い次元のバーガーになれると思うが、バカ舌な我が兄によると「だがそれがいい」
とのことで。まあ、醤油ラーメンに嬉々としてバターをトッピングしていた男だから、
味覚センスのなさは尋常じゃない。

さて、この時点でもう夕刻、周りはすっかり日が落ちて薄暗くなっていたが、
特に行きたいところも決めておらず、適当に「大英博物館でも行くか」というノリで
急遽行くことになった。
a0019074_16232093.jpg

なんて適当なんだ…。

ちなみに入場料無料(寄付金は5ポンド)、撮影も基本自由という大盤振る舞いな
観光スポット。しかも中心地から余裕で徒歩圏内。オススメです。(って、普通行くか)
a0019074_16232370.jpg

a0019074_16232626.jpg

a0019074_16232984.jpg

ロゼッタストーンの三面写真。
a0019074_16233249.jpg

a0019074_16233563.jpg

a0019074_16233858.jpg

しかしまあ、なんていうか。子供の頃は思わなかったけど、こうして改めて展示品の数々を
見ていると、あれだなあ…。


侵略と略奪の象徴だよなあ、これって。


とまあ、オトナの事情も考えながら、不思議な感じで博物館を後にした。


ここで兄とは一旦解散し、夕食に英国駐在中の会社仲間と肉を食べに。

a0019074_1623419.jpg

a0019074_16234455.jpg

ヨークシャープディング、、、まずい。

肉はフィレのミディアムレアを頼んだが、こりゃレアでしょ。まあいいけど。
それより、結構なお値段のする店なんだけど、さほどうまいわけでもなかったのが、
ここに来てイギリスの実力を逆の意味でまざまざと見せつけられた気がした。


という感じで、ほぼ食べ尽くし、歩き尽くしのロンドン観光で終わった。
まあ私にとってはこれで充分。旅の目的として現地の料理を食べることを達成できて
大満足。特にパイね。夜はさておき。
[PR]
by paspas | 2015-01-18 16:22 | Comments(2)

英国旅行記《出発〜初日編》

こんなタイミングで渡英。
a0019074_20145818.jpg


本当は年末年始を狙っていたのだが、人のマイレージをアテにした旅行プランなので
そんな繁忙期にチケットが取れるはずもなく、微妙なこのタイミングになった次第である。

最近の自分の傾向として、相当事前準備を怠った状態で旅に臨むようになってしまっている。
私はこの原因の一端はe-チケット化にあると考えている。ほぼチケットレス状態で
飛行機に乗れてしまうわけで、現物がないことによって何となくリアリティーに欠ける
というか、実感が湧かない気がする。今回、関空〜羽田〜フランクフルト〜ロンドン
という結構しんどいトランジットの嵐だったが、それでもカウンターに行ってメールや
パスポートを見せれば全ての手続きは出来てしまう。便利だけどリアリティーがない。

おかげで関空〜羽田じゃなくて、関空〜成田でチケットを買ってしまったと何故か
思い込んで焦ったが、実際には正しく買っていて大事には至らず。ってまあ、言い訳ですが。

羽田からフランクフルトまでは11時間ほどのフライトでげんなり…だったが、
微妙な日程のおかげもあってか飛行機はガラガラ。私も三人席で一人だけという
超ラッキーな席になり、結構くつろげた。フライト時間のことはなるべく考えず、
機内映画を三本見て時間を潰し、なんとかストレスを最小限にとどめて到着。

a0019074_20145990.jpg

a0019074_20145836.jpg

で、フランクフルトです。

トランジットのために寄っただけで、空港の外には出ない。なので、ドイツの地に
足を踏み入れたとは言えないが、ドイツの空気を吸ったとは言えるだろう。まだ記憶もない
くらい小さい時にドイツには親に連れられて行っているはずだが、それ以来初の訪問だ。
なんとなくだが、感慨がなきにしもあらず。時間の移ろいはとめどないものですね。


残念ながらフランクフルトでフランクフルトを見つけられずに食べずじまいで旅立ったが、
一回ゆっくりとドイツ観光もしてみたいものである。

a0019074_2014591.jpg

a0019074_2015089.jpg

でまあ、若干の遅延もありながら無事にトランジットも済んでヒースロー空港に到着。
そこで兄のピックアップを受けて、市内へ電車で移動。

ついていきなり洗礼を受けたのだが、物価が高い。電車賃が空港から市内までで4,000円くらいした。

この時点で現地の20時過ぎ、しかし滞在日数も少ないし、まずは夕食へとゴー。
初日の夜はやはり何と言ってもフィッシュアンドチップスしかあるまい。

a0019074_2015155.jpg

a0019074_2015127.jpg

一応、現地の中ではうまいと評価されている(と、ナプキンにもわざわざ刻印されていた)
お店に連れて行って貰ったのだが、店に踏み込んだ瞬間に生臭いニオイがしてやや怯む。
でもまあ、食べてみたらなかなかおいしかったです。ポテト多かったけど。

到着初日はこんな感じで終わり、スーツケースを引きずりながらエスカレーターも
エレベーターもない地下鉄の駅で四苦八苦しながら、なんとか滞在先の兄宅に到着。
まだ余力があったので、そのまま最寄りのスーパーでチョコミントを買いに行ったが、
これについては別途。帰宅して荷下ろししてなんだかんだと2時過ぎまでかかって
ようやく就寝。時差ぼけしないようにフライト中一睡もしなかったのが功を奏し、
薬のチカラを借りることなく睡眠。まあ、西向きに移動する時はまだ時差調整しやすい
んだよねえ。問題は帰りの時なのだが…まあそれはその時で考えるとして。

とりあえずこんな感じで初日はつつがなく終了。不思議な感覚だよね、さっきまで
日本にいたのに、半日後にはイギリスでフィッシュアンドチップス食ってるわけだから。
まあ貴重な経験ができるのはありがたいことなので、日数は限られているがせいぜい
楽しむこととしよう。
[PR]
by paspas | 2015-01-10 16:58 | Comments(1)

ポリシー違反

自分で言うのもなんだが、結構私には融通の利かない頑固な一面があり。
でかく言えば「信念」とか「信義」とか言う表現になるが、実際には小さいこだわりが
多いものである。例えば、土日祝日は絶対に休みたい。連休中は髭を剃らない。
ダウンは買わない。などなど。

だがしかし。世の中、私ごときの駄々を聞いてくれるようには出来ていないようで、
年末の土曜出勤(半強制)に続き、年始には日曜出勤(完全強制)まで付いてきた。
おおー、もうトコトンやな。こうなると、自然と「連休中は目一杯の無精髭」も
1日前倒しで剃らざるを得なかったわけで。あごひげだけを残すというささやかな抵抗は
したものの。

で、更に自分を追い詰めたのが「ダウンジャケットを買う」の刑である。

a0019074_21323882.jpg



いや、これに関しては本当に、「買わなきゃいい」だけなんだけど。
なんとなく、冬の寒さに耐えかねて、かつ極力薄着になれるものを、となると手を出すしか
方法がなかったのだ。無念。

しかしなんでまたダウンを買わないのがポリシー?かというと、単純に見た目がねえ。
なんか、ゴキ◯リの腹みたいじゃない?いやなんだよねえ。虫類。

だから、なるべく下を見ないように過ごして着てます。でもやっぱ薄くて軽くてあったかい。
[PR]
by paspas | 2015-01-06 21:32 | Comments(2)

あけおめ・ことよろ2015

あけましておめでとうございます。


2015年になりました。


年を重ねるごとに、新たな年を迎えることに感慨が薄れつつあり。

また、年明けと同時に行う近年の恒例行事が仕込みの仕事案件がきちっと更新されて
いるかの確認だったり。そりゃあ新年の感慨も何もないわな。


さて、とりあえず昨年の振り返りをしてみるとして。公私ともに激動の一年となりました。
良い面もあった一方、しんどい面も多々あり、自分の信念を通した部分もある一方、
自分でも自分に納得出来ないこともあったりと、心身ともに不安定な時期が長かったような。

状況が変わったからといって事態が好転するとは限らないことを知った一年でもありました。


では今年はどうしましょうかね。そりゃまあ、今年よりはいろいろ良い年にしたいのは
当然として、具体的にどうするか、どうなるのかはちょっと自分でも見えていません。
公私ともに昨年とは違うポジションに入り、逆に違う課題が生まれているのを痛感。

テキトーに流してみてなるようになるさ、という事が出来ればまた違った展開が
あるかもしれないけど、自分なりに中途半端にもがいてしまうからなあ。


今年もきっと流れのままには生きていけないだろうから、沼だろうが闇だろうが
こっちからはまっていくぐらいの気持ちで行った方がいいかもしれない。
いや、それはやりすぎですね。はい。


とにかくまあ、今年は少しでも多く自分が自分に納得出来ることが増やせるようにしたいなと
思います。どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by paspas | 2015-01-01 00:14 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧