<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

世界の広げ方

a0019074_1371633.jpg

最近、芸妓バーなる世界に足を踏み入れる機会を頂いた。

私を含め、一般人には馴染みのない世界なので、そういうと大体言われるのは
「え!金持ちやな~」か「お座敷遊びとかしたん?」とか「ちょ、ちょっとやらしい
やつちゃうのん?それ~」とかさまざまだが、まあとにかく私自身が同じ
レベルでドキドキしながら潜入したのだから気持ちはわかる。しきたりも作法も
分からない席でどのように振る舞うのが「正解」なのか見えないから、
とにかくなるべくおとなしくじっとして差し出されるウーロン茶をがぶ飲みして
過ごしたのが一回目。おかけで後でトイレに行く頻度が半端じゃなかった。
それからほどなくして二回目連れて行ってもらえる機会を貰えたので
その時は「別に喋ってもいいんだ!」と把握していたこともあり、
ウーロン茶を飲む量もセーブしながら少しだけ落ち着けた。

その芸妓バーは、普通のバーにカウンター越しに芸妓さんがママさんとして
座っているという構図だと考えてほぼ正解である。お座敷に芸妓さんを招いて
座敷遊びとか舞を楽しむほど大層なことは
したくない、でもちょっと一杯
飲んで行きたい、という客の要望を受けて設置した、お茶屋づたいのお店なんだとか。
従って、特にこれといったしきたりもないのだが、「一見さんお断り」というのは
明確なルールとして存在する。

これもお話を聞かせて貰った知識なのだが、結局のところ信用関係で成り立つ
京都の商売事情がその背景にあるからこそできたルールで、逆に月締めの
付け払いでしか請求しないため、どうしても信頼関係のある人づてにしか
商売を広げられないシステムになっているらしい。

人によってはこれを窮屈に思ったり、もったいないと感じることもあるだろうし、
私も一部そう思う部分もあるが、他方ではこういう広げ方が理にかなっていることも
実感として感じることが多々ある。変な話、合コンですらこれに近いシステム
なわけで、幹事同士がお互いに信頼のおける友達を呼び集めて新たな出会いを
求めるのは、信頼のおける顧客繋がりで新しい顧客を受け入れる京都の商売制度に
どこか通じるものがあるのではないか。

その仕組みは悪く出れば閉鎖的なものになるが、逆にイヤな出会いや、
失敗のリスクを軽減することも可能だ。


私も元から全然社交的な人間ではなく、勝手に鎖国状態で生きてきた面もあるので
誰でも自由に土足で交流し合うことにはなかなか抵抗がある。自分で例に出して
おきながらいきなり全否定すると、合コンなんて全く見知らぬなんの保証もない
赤の他人同士が突然同じ席で酒を酌み交わす訳だから、いい巡り会いがある方が
おかしい。そういう自由な出会いを楽しめる人ならいざ知らず、
私にはしんどい人付き合いの方法だ。


そうなると必然的に「一対一の知り合いの知り合い」という人脈の広げ方しか
世界を広げるチャンスがないのだが、最近はもうそれくらいでちょうど心地いい。
人脈が広がるペース的にもちょうどいいし、少人数であればあるほど
妙に自分を取り繕う必要もないし、より信頼できる人と巡り合う可能性が高まる。

気がする。


こういうのを「いちびり」というのか分からないが、まあでもヘタすれば
今の人間関係だけでもやっていけるくらい皆さんにはお世話になっているので、
しばらくはこういう緩やかな世界の広げ方でいいかなと。

ちなみに当日の会計はもちろん、ツケ扱いになっているので私ががぶ飲みした
ウーロン茶も、食べ尽くしたおつまみも果たしていくらの請求がなされたのかは
不明だ。ただ、今のところあちらの世界に私の繋がりが広がることはまだ
なさそうなので、とりあえずは知らぬが仏で済ませて頂いておこうかなと。
[PR]
by paspas | 2012-07-29 12:43 | Comments(2)

チョコミント発見!

a0019074_2026286.jpg

またもや自力ならず、きをぴーさんにやられる。

いつかは出るだろう、いや、いつ出すんだよ!と、熱い期待を寄せていた、
ブルボンのbitシリーズでのチョコミント展開。これ、他の味もバラエティ多く
展開してるけど、ハズレの少ない良シリーズだよね。チョコ自体がしっかりした
感じの高密度で、間違いがないというか。


で、この商品も同様にうまい。結構ミント感もはっきり出ていて、
冷やして食べるととてもおいしい。強いて言えば、ココアクッキーが混入している
ことがあまり気づかない程度だというのが惜しいが、しかし完成度はなかなか高い商品です。これをハーゲンダッツの
ミントアイスと一緒に食べるのもアリかも。

しかし、本当にコンビニの陳列棚がチョコミントジャックされつつある様相だ。
私の気力と体力が充実していれば毎日でも通って棚を眺め、悦に入りつつ
新たな商品の登場をいち早くチェックしたいところだが、どうもそこまで
頑張れていないのが不甲斐ない限り。頑張れ俺。今、盛り上げないで次いつ
チャンスが来るよ?

あ、各メーカーさんはこれをラストチャンスと思わず、是非ともこれからも
商品展開をよろしくお願いします。一回棚全体をミントグリーンで埋めてみません??
[PR]
by paspas | 2012-07-26 20:16 | チョコミント普及委員会 | Comments(2)

逆境と刹那と猛暑

くっそ暑い。

お昼の時間に外に出たが、まっすぐ歩くのもままならない暑さだった。
姿勢も歪むし、顔も歪むわ。常に眉間にしわが寄ってる状態。


そういえばこの前も職場の方に「眉間にしわが寄ってるよ!」って
言われたなあ。職場は別に暑くもないのに。仕事も別に忙しくないのに。


…自然とそういう険しい顔になるような環境なのかね。


まあとにかく、この暑さでは体調も維持するのが難しいわけで、
このところずっと夏バテ気味な怠さを抱えながら過ごしている。
それでも肉を食べたり、距離を短くしながらも家の周りを走ってみたり、
無理やりにでも身体の代謝を促す努力をしながらやってきましたけど。


結構しんどいですね。


暑さ寒さで言うと圧倒的に暑さに弱い私にとって、今は逆境の真っ只中。
加えてメンタル面でも決して好調とは言いきれない日々が続く中で、
ある意味ここが正念場かもしれない。会社もどうなるかわからないしねえ。

とか言いながら、個人的にはあまり悲壮感漂わせてないんですけどね。

あとは本当に、宝くじでも当たってくれればすべてを投げ打って遠い世界へと
旅立って悠久の時を過ごすんだけども。
一応権利は買ったからね。ないとは言いきれないさ。


とりあえず今週もあと一日。毎週毎週、刹那的なカウントダウンでやり過ごしている。


それにしても暑すぎるって。
[PR]
by paspas | 2012-07-26 17:45 | Comments(0)

メッセージ

私もたいがい病んでる部類の人間だが、そんな私なんか霞むくらいに
心身共に相当アウトな先輩が身近にいる。

どれくらいアウトかっていうと、会社に来れないばかりか生存確認すら
ままならないくらいの状態だ。ただ、こうなってから結構長いし、
なかなかプライドの高い人で手を差し伸べても乗ってこない傾向もあるので、
こちらから状況を確認するようなことは敢えてしていなかった。
会社としてどのようにフォローするつもりなのか、彼が抜けている穴をチームとして
どのように埋めて行くのか、マネジメント側から特にアクションを起こしている
雰囲気も感じられないのがいささか不満かつ不快だが、それ以上踏み込んでいく
余裕も今の私にないのでそこもなんとなく置いたままで来てしまっていた。


そんな先輩から今日の夕方、久々にメールが来た。手が空いたら
電話して欲しいという。先週飲みに行く話をしていながらやはり体調不良で
ドタキャンされていたこともあり、もしかして飲みの誘いかと思って
一瞬たじろいだのは事実。昨日15年振りに会った学生時代の仲間と先斗町で
日付が変わるまで飲んでたし、今日はまっすぐ帰って寝たいんだよなあ…。

まあでもそれは置いといて。安否確認含め、人として連絡は折り返さねば。


ということで、いざ電話してみると、何やら言いにくそうに頼みごとを
切り出し始めた。プライドの高い彼が人に頼るのは相当に追い詰められている筈
なのだが、その内容がまた切迫していて、ここ数日体調が悪すぎて外出も出来ず
食糧も買えていないらしく、今日、明日しのげるようにレトルトカレーでも
買って来てくれないかという相談だった。


…相当追い込まれてる。


とりあえず帰りかけていた歩を最寄りのスーパーに向け直す。
今日、明日とは言っていたが、この雰囲気だと今週いっぱい出てこられるか
どうかも分からないし、体調が悪いのにレトルトカレー食べて好転するとも思えない。


さて、困った。何を買おう。


とりあえずでも、所望のレトルトカレーとパックの白ご飯は買わないとね。
もし楽しみにしていて指定してきたのであれば、一応含めておかないと逆にがっかり
してしまうだろう。ただ、それで済ませたらいけないことくらいは分かっている。
とりあえず野菜は摂って貰わないと話にならないけど、そんな体調で調理も
普段からしてる気配もないので、素材を買っても仕方ないし、かといって
出来合いのサラダとかも食べずに傷めさせて捨てられる可能性も高い。
そこで妥協案として、お惣菜の盛り合わせパックみたいなものと、
一緒に野菜ジュースも入れておいた。食えなくても飲めば少しは栄養になるだろう。


しかし、健康食材ばかりでも物足りないだろうし、恐らく瞬発力のある
エネルギーチャージ食品も必要なはずだ。ということで、バナナを一房と、
惣菜の餃子と鶏手羽風のものも追加。あとあんぱんとドーナツも。減量には良くない
ものばかりだが、エネルギー摂取不足っぽい病人にはいいんじゃなかろうか。
専門知識もないが、手探りの中でとりあえず食べそうなものをイメージしながらの
食材選びだ。どういう状況かも見えていないから何が必要なのか把握できなかったが、
食欲がなくてもつまめそうなエネルギー補給品ということで、ビスコとポッキーも
一応足しておいた。あとは水とお茶もでかいペットボトルで買い込み、
水分も確保出来るようにしたけど、これくらいでいいだろうか。

あ、でも俺と言えばコーラだな。言葉にはせずとも、このコーラを見て
私からの応援メッセージを感じ取ってくれれば、ということでコーラも追加。

結局、「家から一歩も出られない」という言葉の通り、買い込んだ食料も
直接出て来て受け取ることもなく、先輩の部屋の前に置いて立ち去ってきたために
実際どういう病状かも推し量ることは出来なかったが、少なくともこれで
三、四日は生き延びることが出来るだろう。食糧を玄関先に置いて立ち去る瞬間は
自分が郵便受けに手弁当を入れていく二股かけられてる料理研究家か、
はたまた引きこもりの息子の部屋の前に料理を置いていく年老いた同居の母親
みたいな気分にもなったが、とりあえずこれで少しでも元気に繋がれば。

幸いすぐにメールがきて「コーラありがとう!」と真っ先にそこに
反応してくれたのである程度私の意図も伝わったかと思うが、大事なのはこれから。
とにかく出て来い。部屋にこもっていても体調は決して良くならない。
医者にもちゃんと行ってくれ。薬もちゃんと飲め。言いたいことは山ほどあったけど、
どれも聞きたくない正論ばかりだろうからなるべくそこは簡潔に返して、
あとは本人に任せておくことにした。どれだけサポートしても、最後には自分で
決めないと何も変わらないんだし、本人もそこは誰よりも理解してるだろう。


私にとってこの先輩は紙一重で私自身の置かれた立場だったかもしれないので、
とても他人事とは思えない事情もある。先に倒れていたのは私かもしれない。
そうなったら、人に助けを求めるのがどれだけしんどいか、人から正論の助言を
聞かされるのがどれだけ耳の痛い話か、この人とは私も性格が似ている部分が
多いのですごく良くわかる。だからこそ、なんとか復活して貰いたいし、
こうなる前に何か出来なかったのかという自責に対する罪滅ぼしにも
なると思って、なんとか戻ってきてくれるのを待っている状況だ。
根本原因が取り除かれない限りは解決も難しいが、解決に向けた第一歩を
まず踏み出してくれれば。その一歩を踏み出すエネルギーの一端として、
今日の食べ物が少しでも役に立つのなら、これほど嬉しいことはないのだが。


少しでも形になって届け。
[PR]
by paspas | 2012-07-24 18:11 | Comments(2)

チョコミント発見!

a0019074_11534173.jpg

パナップのチョコミント味。

こいつに関しては全くのノーマークだったが、うさぎさんに情報を貰ってから
一週間くらいすぎてようやく近所のスーパーで発見。どんだけ入荷遅いのよ。

ところでパナップっていうと私のイメージではソースが縦に三箇所フィリング
されていて、それを掘り進めながら食べるというのが楽しいアイスだったのだけど
こいつは横縞にチョコレイヤーが入っている別形態のようでなんか違和感あり。
まあ、味はなかなかいいんですけどね…パナップって言われると、
ちょっと違うような…。そう、これはどちらかと言うと…


パリッテやん。


メーカーも同じグリコなのだから間違いない。以前、大好評を博したあの
パリッテのチョコミントアイスがサイズを小さくしてコーンを外したのが
今回のパナップではないのか、


そう思ってしまうと、なんか損した気分になってしまう。


でもまあうまいから許すよ。次は伝統的パナップ形態でも検討してね、グリコさん。
[PR]
by paspas | 2012-07-21 11:47 | チョコミント普及委員会 | Comments(3)

チョコミント発見!

a0019074_12491657.jpg

ロッテのひんやりチョコ。

たまたま入ったローソンで発見。
残念ながら冷やす余裕もなく食べることになったけど、これなかなかおいしい。

ただ、『おいしい』と思ったのは、単にチョコとして…か?
ミントの雰囲気は結構弱い。あと味の風味程度かもしれない。

チョコとして特においしいと感じたのは、今日立ち仕事をして肉体的に軽い疲労感を
覚えてる影響もあるかもしれない。普段やらない仕事なので、せっかくだから
軽く走り回ってみたり。甘いものは疲れた身体にしみわたる。


さてじゃあまた溜め込んだチョコエネルギーをお昼から放出しますかね、と。
[PR]
by paspas | 2012-07-14 12:39 | Comments(0)

ハーゲンダッツ クリーミーミント

a0019074_740128.jpg

今夏、大モテのミント味。

早くから発売を表明していたハーゲンダッツから、ついに今週登場しました。
クリーミーミント味。

…そう、チョコがないんだよなあ。なにやってんだよハーゲンダッツ!
詰めが甘い。独自性を打ち出したかったのか知らないけど、なんでも自分のカラーに
こだわりすぎると、ただのイロモノ扱いされて終わるからな。その辺ちゃんと
考えて頂きたいものだ。

さて、味の方だが『クリーミー』をアピールしてるだけあって、
ミント感もややマイルドなバニラベースの味わいで食べやすいっちゃ食べやすい。

しかし、こう、なんというのか。物足りなさか。


a0019074_740282.jpg

オレオのチョコミントを入れてみた。

やっぱりこうでなくちゃねえ。ただ、やはり一番合うのは『チョコチップ』だろう。
こうなったら自分で買ってきて、混ぜて自作してやるか。それくらいする価値は
あるかもしれない。出来ればビターチョコのチョコチップで。


段々私のチョコミント活動も横道に逸れてきてないか心配である。
[PR]
by paspas | 2012-07-11 07:32 | チョコミント普及委員会 | Comments(2)

小豆島観光本編(二日目・後編)

前日の無計画ぶりを反省して、二日目は着実に効率よく回ろうと遅まきながら
深夜に宿にて調査開始。諸事情により、当日昼イチのフェリーで戻らないと
いけなくなったので、午前中に行けるところを絞って回らねばならなくなった。

ということで、残念ながら今回は二十四の瞳関連施設はパス。
小学生くらいの時に読んだ記憶があるけど、もはや内容の片鱗も記憶にない。
どうせならまた読み直してから次の機会にでも来ればいいさ。

ということで、二日目は食と土産物色中心の行動に。
まずは道の駅 ふれあい村からスタート。

a0019074_14315860.jpg

何故ここからスタートしたかと言うと、8時半から開いていたのと、
前日フェリー乗り場ですもものソフトクリームの無料券を貰ったから、
折角なので立ち寄ってみた次第だ。さすがに朝イチで乗り込んで無料のソフトだけ
食べてハイさよならするのも申し訳ないので、まんまと策略に乗って
ちょろっと土産物も購入。

さて、次はお楽しみ『マルキン醤油記念館』である。先日の石のやつといい、
プチ大人の社会見学みたいなコースは結構好きらしいことを今回初めて知った。
a0019074_14315822.jpg


ただ、過去の宣伝広告物の展示コーナーで思わず仕事モードで眺めてしまった時には
ふと我にかえって苦笑いしたが。

さて、この醤油記念館の横には『しょうゆソフトクリーム』を売っている。
これも楽しみの一つだったけど、まさか朝にソフトクリーム連続で食べることに
なるとは、我ながら計算が甘い。しょうゆソフトはほんのりしょっぱかったのにね。
a0019074_1432143.jpg

指の握りがフォークボールになっています。

さて、次なる目的地は、小豆島自慢のそうめんを食するために『なかぶ庵』
というお店へゴー。口コミでも評価が高かったのと、何より朝10時から開店している
というメリットがあり、乾燥麺ではなく『生そうめん』を提供していることで
非常に興味深かった。今回の旅で最も頑張って見つけた穴場?
いや、穴場というほど無名でもないか。
a0019074_1432387.jpg

a0019074_143245.jpg

ここまでは順調な展開で、残すはお土産確保も兼ねてオリーブ公園のみとなったが、
オリーブ公園の向かい側に『オリーブビーチ』があるとの看板を見て、
急遽そちらへ寄り道。
a0019074_1432582.jpg

そう、当初の目的はこれだったんだよね。瀬戸内海の波音を聞きながら、
諸行無常を感じる時間を作ること。ここには幸い桟敷もあり、変な虫もおらず、
さらに人もほとんどいなかったので存分に世界と自分を憂うひと時を味わえた。
天候も相変わらず雨と言いつつ私が徘徊してる間は止んでくれて、この時も特に
天候を気にすることなく過ごせた。逆に晴れ渡っていたら、暑くて眩しくて
とても長居できなかったかもしれない。景色としては曇り空でイマイチだった
かもしれないが、私の目的には最適の気候だったような気がする。
去り際に少しだけ、手を海に浸けて海の味を口にしておいた。理由はわからないけど、
なんかそうするべきだと感じた。それが私なりの海への感謝の表し方だった
のかもしれないし、ただ何となくカッコつけただけかもしれない。
誰も見る人はいなかったけどね。

さて、そこからまた現実に戻って、オリーブ公園でお土産探しだ。
職場には少なくとも、ノルマ的にお土産を買わないといけないからなあ。
なんか変な感じだけど。おかげで本来お土産を渡したい人たちのことが
頭から飛んだりして、あとからとても困ることがある。ので、変に抜けがないように
多少多い目に買ってしまう。が、誰に贈るものと考えずに買うことになるから、
当たり障りのないものを買う羽目になりがちだ。こうして平凡な土産菓子ばかりが
積み上がっていくの法則。

a0019074_1432670.jpg

a0019074_1432789.jpg

あとは適当に観光もして、『ひしお丼』なる島全体で売り出そうとしているらしき
丼物を食べて、もう満腹。そしてお時間です。さあ、本州と現実に帰りましょう。


今回の旅で自分一人で動き回り、自分を見つめる時間を作ったことで
またいろいろ分かったことがある。それはしかし、自分が見る自分のことだから、
結局は単なる『再認識』のプロセスであって、そこに新たな発見はなかった。
ただ、改めて今、自分が本来進もうと考えていた方向に進んでいないかが
よく分かったし、それに対して特に行動を起こすつもりもないことも理解した。
それでは良くないよね。もっとちゃんとしないと。わかっているけど、
そうしようと思うと器用に軌道修正出来ないから、いろいろリセットする必要も
出てくるので、どうしてもずるずると現状に安住してしまう。

今回の旅がマインドシフトの良いきっかけになればいいんだけど。
[PR]
by paspas | 2012-07-06 13:23 | Comments(2)

小豆島観光本編(初日・前編)

姫路を出港した時点では梅雨本番さながらのエンドレスな雨降りも、
小豆島に上陸するとともに止んだ。いや、もうね。ここまで来ると、
晴れ男というか、神懸かっとるね。自分が怖いぜ。

さて、そんな神降臨状態で島の北東に位置する福田港に降り立った私とプラッツは、
颯爽と西廻りルートを進むべく右折スタート。さあみんな、ゴッドに付いて来るんだ!

…あれ。

あとで分かったのだが、この島の見どころは比較的島の南東に集中している。
また、観光スポットは17時までのところが多い。我々が降り立ったのは15時過ぎ、
つまりこの日のうちにある程度観光するところは東廻りで行く方が良いと思われる。


そんなことはいざ知らず、雨上がりの奇跡と一人旅のハイテンションで
何もない道を走りながら『うひょー!すげー!』連発。
何がすごいって、岩山。多分良質の石材が取れるのだろう、至る所に石材店があり、
山肌は荒々しく削られた跡が残っていた。

a0019074_2565068.jpg


そんな私の最初の立ち寄りポイントは、道の駅に隣接する『大阪城残石記念公園』だ。
a0019074_2565183.jpg

我ながらシブい選択肢だ。

あまりちゃんと見なかったんだけど(おい)、大阪城の改修時に小豆島の石材が
使われたらしく、その時に使われた道具や運搬方法などをパネルや実物?も交えて
紹介展示していた。入場料無料。そして客は私一人。プチ贅沢である。
a0019074_2565589.jpg

なんかシュール。

さて、この時点でまだ宿を決めていなかったので、事前に調べていた中で
よさげなところを目指して更に島の外周を西南に進んだが、いつの間にか道を間違えて
島の中部に入り込んでしまったらしい。で、たどり着いた先がなんか巨大な観音像。

a0019074_2565786.jpg


拝観時間ギリギリに入って、なんか中を上がれそうな雰囲気だったのだが、
受付のオッサンが先客の学生たちと話し込むのに夢中で全然応対する姿勢を
見せなかったので、そのまま帰って来た。ふもとで見れたからもういいわ。

さてと、そんなことより宿だ。ナビを頼りに進んで行くのだが、ここで問題発生。
ナビが明らかにおかしなところに連れて行こうとするのだ。宿のウェブサイトでは
海沿いのロケーションを謳っているのに、ナビは島の中腹に連れて行こうとする。
しかも、別の宿を打ち込んでも、同じ場所を示して来る。
なんだねこれは?そこに何があるのか?まあ、そこまで言うなら行ってやろう
じゃないか。どうせあてのない旅なのだ。


…着いたのは山の中の誰かの畑でした。


しょうもないトラップに引っかかりながらも、その後どうにか自力で
適当な宿を見つけ、すぐさま観光に舞い戻ることに。宿は寝場所の確保に過ぎない。
主目的は離島で黄昏ることなのだ。部屋にこもっている場合ではない!


次のストップは、干潮時にのみ砂道が現れて離島へと歩いていけるという、
通称『エンジェル・ロード』だ。
a0019074_2565911.jpg

ドラマのロケ地にもなったようだが、ドラマ見ないからよくわからん。
とりあえず今はそこを恋人たちの縁結び的な
聖地に祀りあげようとしているようで、
そんな場所に単独踏み込むオッサン一人はさぞ奇妙なミスマッチだろうと思いきや、
平日夕方とあってか周りの『カップル』達もなかなか熟年揃いで逆にちょっと引いた。

今回の離島訪問目的の一つとして、『海に向かってたそがれる』というのが
大きかったのだが、岩場に腰掛けようと思ったら訳のわからないムシ達が蠢いていて
とてもじゃないけど居られなかった。たそがれてる場合ではない。即座に脱走。

そこからすぐに近くのラーメン屋で初の食事にありつき、途中で『世界一狭い海峡』
とか『迷路のまち』とか、
なんか微妙な観光スポットを巡りつつ一旦宿に戻って仕切り直し。
a0019074_257742.jpg

a0019074_2571943.jpg


とりあえず夜は夜で何かしたいなーと思っていたのだが、どうもこの島は
夜のエンターテイメントがなさそうだ。というか、想像していたより
全然観光アイランドな雰囲気ではなく、かなりノーマルに生活している人たちの中に
入って行ってるようなイメージだ。それはそれでいいんだけど、
その心づもりはなかったのでやや戸惑いもあり。

まあ、しかしやることがないわけではない。宿の大浴場はショボそうなので、
街に出て温泉に入るという目的と、もう一つの野望として『島ラン』があったのだ。
雨が降ってた時は諦めかけたけど、すっかり雨も上がって『走れ』と言わんばかりの
状況だ。あいにく既に周りは真っ暗だったけど、海沿いで波の音を聞きながら
ほんの少し、ジョギング出来たので満足、満足。念のためウエアを持ってきておいて
正解だったか。そのまま、スーパー銭湯っぽい『オリーブ温泉』なる公衆浴場で
疲れと汗を流して気分爽快。特に露天は海のすく横に面して作られていて、
客もまばらだったので海に向かって仁王立ちしてしばし地球の大きさと己の小ささを
感じてみた。
a0019074_2572616.jpg

そこから二軒目のラーメン屋に行ったけど、そこはそこでなかなかうまかった。
だいぶ長くなってきたので写真は割愛。そして、これを書くことで睡眠時間も
大分削られてきている。まずい。明日は午前だけで引き揚げないといけない、
結構ハードスケジュールだというのに。なんで連休でこんなバタバタなんだと。

明日はさすがに雨かなあ。
[PR]
by paspas | 2012-07-06 01:11 | Comments(2)

離島へGO

a0019074_13555598.jpg


雨の姫路港。

結局私が選んだ行き先は、なんとなく聞き馴染みはあるけど一度も行ったことがない
小豆島である。結構前日までどうしようかうだうだ考えつつ、行き方すら朧げにしか
理解していない状態でゴー。あいにくの雨でどうしようかとも思ったけど、
船が出港できるレベルならと思い直して乗っちゃうことにしました。

フェリー乗り場に出港時間の一時間くらい前に着いてしまったけど、
そこは旅のテンションで周りをきょろきょろ見渡してるうちにあっという間に
時間も過ぎてしまった。私は勝手に旅行状態だけど、ここには中学生と思わしき
集団も別の船待ちをしていて、生活動線の中で海と船があるというのは
盆地暮らしの私にとっては何とも斬新な光景であった。

a0019074_1355571.jpg

a0019074_1355581.jpg

今回、乗船したのは『第三おりいぶ丸』という、今年出来たばかりのフェリーだ。
乗った瞬間にペンキくさいから新しいのがよく分かる。また、至る所にオリーブの
デザインが入っているのがポイント。定員490名とのことだが、
多分今回の乗客は私を入れて10名強といったところか。木曜の昼だしね。雨だしね。
よいよい。この辺の喧騒から逃れる感は、狙い通り。


さて、残念ながら出港の瞬間をトイレで迎えるという間の悪いスタートになって
しまったが、島につくまで100分、今からちょっとどこに行くか調べつつ
のんびり過ごすとしよう。(はい、まだ何もやること決めてません。宿も)
問題はすぐ船酔いしてしまうことだが、でかい船だしもうオトナだし、
その辺はどうかうまく乗り切れますように。
[PR]
by paspas | 2012-07-05 13:13 | Comments(4)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧