<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マイ宴

a0019074_20545535.jpg

今日はいくつかお誘いも頂いていたが、結局エアポケット気味に予定も
なくなり、最終的には自らもお断りして一人マイホームへ帰宅。


なんだろうね、誕生日とか別に特別なことではなくなってきたけど、
逆に誕生日だから一人静かに過ごすのもいいかなと思って。


いつも一人か。そうか、そうか。

しかし、私もいい年齢に入ってきた。ある意味『ちょうどいい』ところだし、
ある意味『ギリギリ最後』くらいかもしれない。仕事は35迄に知識を叩きこめ、
あとは吸収しなくなって財産で乗り切ることになるから、って入社した時に
言われたのを思い出す。私ももうここからは遺産で生きていくのか?
大分前からそんなノリで働いてきた気もするが。

まあ、自分の伸びシロがあとどれだけあるか分からないけど、
仕事でも仕事でなくても、自分の成長を期待していろいろやってみたい。
今年一年はちょっと自分を追い込む機会を増やしてもいいと思う。
ちょうどいい年齢なら、ギリギリの年齢なら、今やるべきでしょ。


ということで、今日は追い込み前の一人祝い。最後のセルフ甘やかし。
昨日作ったカレーに行きつけの店で入手したから揚げを添え、
更にスパゲティーを製作。ドリンクはジョイさんに頂いた
ダイエット・ドクターペッパー。ダイエット、ってのがメッセージ性があって
いいよねえ。頑張りますわ。今日は全然頑張ってないけど。


しかし、32歳で終わるはずだった我が人生、いったいいつまで続くのか。
続いていいんですか。
[PR]
by paspas | 2011-06-29 20:54 | Comments(4)

区切り

珍しくだらだらと仕事してた今日。


不意に夕方頃、『退職のご挨拶』というメールがきた。転職ではなく、
定年でのご退職。一時期の団塊世代退職期には頻繁に見かけたが、
最近となっては珍しい。相手は取引先というか、グループ会社というか、
テーブルを挟んで何度かお話をしたことのあるお方だ。
BCCの一括同報で受け取るパターンがほとんどだが、わざわざ個人宛で
メールを頂戴した。(文章はさすがにコピペだろうけど)

定年退職される方については素直に敬意を表する。40年近くも働き続けるのって
すんごいことよ。その間、何回やめたろかって思ったことだろう。
私なんて口癖が『引退したい』だから、大変ですよ。積み重ねた時間は
嘘はつかない。継続出来ることは大変な才能なのだ。


今日、メールを頂いた方になるべく急いで返信したが、見てもらえたかどうか
定かではない。ただ、これからは是非、先輩として温かく見守って頂きたい、
これだけは伝わっていることを願ってやまない。


これから自分らが自分らの職場を作っていかんとね。
[PR]
by paspas | 2011-06-28 23:44 | Comments(0)

アルバムセラピー

ケータイがいよいよぶっ壊れそうだ。


問題なのはディスプレイ。今朝、いつものように何気なくクラムシェルを
弾くように開いたら、画面が紫になっていた。ん?んんん?
こんな色設定にした記憶はないぞ。さあ、元に戻るがいい。さあ!さあ!


…戻らない。


仕方ないので何度かパカパカやってたら、何かの拍子できれいになったが、
その後も紫がかったり、真っ黒になったり、どうやら開閉部を通ってる
回線か何かが切れそうになってるっぽい。


てことは、もう直らないよねえ。悪化が進む一方だよねえ。どうしようか。
まだ二年縛りの契約が10月くらいまである筈だ。次はいい加減スマホにしたい
けど、噂ではiPhone5が九月に出るとか言いながらなんか中途半端っぽいし、
アンドロイドケータイが勢力をのばして来てるからそっちも気になるし、
でもタッチパネルってなんか文字入力がだるそうだけど、テンキー付きも
目新しさに欠けるというか。


だーっ、めんでくせえ。


そんなことより、まずはデータの保管だ。いつディスプレイが飛んでも
いいように、必要最低限のデータはバックアップしないと。
となると、画像とアドレス帳か。画像はねえ、一時期人の顔写真
撮りまくってたんですよ。これが振り返ってみるとなかなか面白くて。
最近は人にケータイカメラを向けるのが妙に憚られる空気があるので
控えているが、それでも『ここにしかない』画像も多数あるので、
貴重なアーカイブだ。アドレス帳には誰か分からない人が登録されてたり
するけど、写真はちゃんと全員分かる。どういう状況で撮ったものかも
だいたい思い出せる。写真を見ながら過去を振り返ると、
案外悪くない人生だったように思えるが、そりゃまあ悪い思い出の写真は
あんまり保存しとかないから当たり前か。テンション上げるのにいいかもね、
この手法。アルバムセラピーとでも言うべきか。と、なんか実際にありそうな
名前なんで検索してみたら、微妙に意味は違えどやっぱり似たような考えは
あるようだ。ただ、人に自分の手持ちの写真を見せながら延々語るのは
迷惑行為に等しいので、やめないとね。子供の運動会のムービーを延々来客に
見せる親バカのごとし。最近はあんまりそういう人もいないのかな。


あ、そういう意味では次のケータイもカメラ機能はそこそこいいやつが
いいね。それと、ディスプレイもちゃんとキレイなやつじゃないと。
それだけじゃ、全然絞り込めないけど。はー、めんどくさい。
[PR]
by paspas | 2011-06-27 18:58 | Comments(0)

灼熱テニス

a0019074_5135229.jpg

土曜は久々のテニス。


前日まで天候がどうなるか不安だったが、起きてびっくりの晴天。
逆に、ちょっとは曇ってくれよというくらいの暑さ。朝から30度超えって。

場所は我が家に程近い、公営のテニスコートなのだが場所が複雑だからか、
駐車場がないからか、不思議と当日予約ででしっかり四時間取れた。


問題は時間帯。11時から15時まで、暑さのピークだった。とにかく無理をしない
よう、保冷剤を脇に当てながら身体もクールダウンさせながら
どうにか乗り切ったが、終盤は本当にヘロヘロだった。暑さで判断力が鈍る
というのを身をもって経験した。クウェートでヘロヘロになってた
U-22サッカー代表の気持ちが少し分かった。

それにしても数年ぶりのテニスだったが、そこそこには出来たので
まあまあ満足。思ったようには全然振れなかったし、体重が重すぎて
全然走れなかったけど、足首の捻挫もサポーターを着ければ走り回る分には
気にならないところまで回復してきたのでまあよし。まだボールを蹴ってもいいか
わからん微妙な状態だが、進歩ではある。


とりあえずアホみたいに日焼けしたのもあって、体力の復活は大分遅れているが
テニスが出来たこと自体は非常に楽しく充実した一日だった。
またやりたいなあ。涼しい頃にでも。今度はもう少し、走れるようにね。
[PR]
by paspas | 2011-06-27 05:13 | Comments(2)

刺激と金

今日は毎年恒例、同じ出身大学の社員で集まって新入社員との交流会の日。


歓迎する新入社員の数の方が多かったりして、平気で数万レベルで出費が発生
したりする会なので毎年金銭的な痛手は甚大だが、この会を通じて交流が生まれ、
繋がりが深まった後輩もたくさんいる。それで元が取れてるのかどうか、
金額換算しづらいフィードバックなのでなんとも言えないが、
なんだかんだで毎年参加してる私はそれなりのメリットを感じてるのは事実。


…二つ上の先輩の強力な誘いで開催している会なので、
断りづらいのもまた事実だが。


さて、そんな会においても私の年代的な浮きっぷりが出始めている。
これをやりだした頃は私もまだ20代で、新入社員達との距離も近く
仲間意識が高かったが、今や一回り以上も離れた子達からみれば
私なんてただの近寄りがたいさびれた中堅社員だ。かといって、あまりに距離を
置き過ぎても会合の主旨が崩れる。今日のところは若手の仲間に入れて頂いた。
四捨五入すれば私も同じ0歳だ。


切る桁数の問題ですね。


しかし、周りが全員若くフレッシュなので、自然とこちらの気持ちが
若くなるのもしかり。普段仕事に疲れてクダを巻いたり
ただ無言の中で食べまくる宴席も多い昨今、こんなに気兼ねなくはしゃいで
過ごせる飲み会も珍しい。今日はちょっとはしゃぎ過ぎたけど。

しかし、私も貰ってばかりで段々ギブするものが減ってきている気がする。
昔はこの会合では一丁前に会社のこととか、仕事に取り組む心構えめいたことを
新人諸君に語っていたような時代もあったが、今はただ一緒に飲んで騒ぐだけ。
個人的にはこれを『進歩』と評価したい。私みたいな微妙な立場で会社や仕事を
論じてもミスリードするだけだし、私よりよっぽどしっかり語ってくれる
先輩が他にいる。である以上、私はただこの交流の場を支える存在として
楽しさを支援出来ればいいかなと思った次第で。周りより自分が楽しんで
しまったのが返す返すも無念であったが。

帰りは随分な時間になったけど、本当に晴れやかな気持ちで今年もこの会が
終えられてよかったよかった。そう思うと、やはりこの大きめの出費は
まあそんなに悪いもんでもないのかもしれない。ジェネレーションを埋めるための
必要経費。金で買えるもんなら、まあ買ってもいいか。
[PR]
by paspas | 2011-06-25 01:25 | Comments(0)

ロスジェネ

前にも書いた話。


どうも、最近自分の微妙な年齢というか年代というものの立ち位置が難しい。
会社の中では最も層の薄い年代で、バブル期入社の社員がひしめいているので
気分も扱いもまだ若手寄りなのだが、実際問題入社数年目の社員とは明らかに
意識も感覚も違う。違ってしかるべきだし、違うこと自体に問題はない。
ただ、時々自分自身が違うことをうまく認識しきれていない部分があって、
ついつい『若手の集まり』とか言うのに首を突っ込みたくなる。


それに加えて、最近もう一つ自分の悪いクセに気付いた。私は女子ではない
ということに。女好き、というより女の人達との会話にあまり違和感なく
入れてしまうので、つい参加したくなるのだ。


ただ、これらはどちらも自分本意の話だ。若手から見れば私は『仲間』ではなく
『上の世代の気を遣う相手』になるし、女性から見れば私は『ガールズトーク』
とやらがしづらい『異性』になるわけで。これが『若手女子』になったら
もう最悪だ。こちらはやたら関わりたいが、向こうにしたら一番面倒な対象
だったりするわけだ。


で、なんでこんなことをウジウジと書き連ねているかというと、
今日久々に残業した帰り道でふと通りのレストランのウインドウを覗いたら
うちの部の若手女子三名が食事会をしているのが見えたからで、
それでもって一瞬そこに参加しようかとふらっと足が向きかけたのに
気づいたからであって、そこに呼ばれてもいなければ期待されてもいないのを
認めたくない自分にも気づいてしまったわけだ。幸い、今日はもりしんと
焼肉の約束があったので足が遠のく言い訳も出来たが、もし何も予定がなければ
空気も読まず割り入って一人で盛り上がって勘違いしていたに違いない。
そんな悲劇を起こさなくてよかったよかった。


もう少し、私も割り切れるくらい上の年代になってきたら入っていく
気持ちもなくなるんだろうかねえ。それか、変な独りよがりの気遣いも失せて
自由気ままに首を突っ込んでいけるようになるんだろうか。
いずれにしろ、こんな中途半端で面倒な状態が早く終わりますように。
[PR]
by paspas | 2011-06-23 22:10 | Comments(4)

食えないフィロソフィー

腹を立てる時っていうのは、自分に心当たりがあることであって
理解できないことには腹を立てることはない。


これは最近の教訓の中でも結構お気に入り。何か腹立たしいことがあった場合、
それはつまり自分の鏡でもあるわけで、腹を立てるよりもむしろ自分の戒め
とすればいいという健全な発想につながるものだ。


とは言え、いざという時には思い出せないわけで、すぐにカチンと来てしまう。
目の前の不義にはめをつぶり、いずれ来ると信じている大義を果たそうと
今は自分を押し殺して行動している部分を思いっきり指摘されて
蹴り上げられた時の腹立たしさったらない。否定も出来ないから逃げ場もない。
大義のため、大義のためと言いながら全然進んでない自分もいるわけで、
もしかして自分が一番のボトルネックになっているのかと疑ってしまう。
いや、実際そうなんだったら救いがないわけで、考えれば考えるほど
腹が立ち、気分が落ち込む。やがてこんな自分なんていない方がいい的な
よろしくない方に気持ちがシフトして、ドロップアウトして楽になろうと
ものすごく誘導される。


なんでまだ我慢してるんだろうね。いろんな意味で。
今日が金曜でよかったのか、どうなのか。


とにかく、理屈も屁理屈になったら屁の役にも立たんっちゅうことですわ。
[PR]
by paspas | 2011-06-17 18:13 | Comments(0)

悪夢

去る夕方。

家の近所で少年野球の観戦をしなが歩いていたら細道に迷い込んだので、
ひとまず帰宅しようと歩いていたら、道がびっしりとクモの巣で塞がれていた。
クモの巣は避けようもなく、掻き分けて進むしかない。
仕方なく、いろんな虫がくるまれているクモの巣の塊とかを手で掻き分けて
進もうとしたが、結構糸が固まってて相当力を入れないと破れないくらいに
密集していた。あーやだやだ。こんなの触るのはすごく厭なのに。
ただ、外だし、ぎゃーぎゃー騒ぐのはみっともないので我慢して突破した。

で、なんとか無事に帰宅した、…と思ったら、今度は家の中で不穏な羽音が。
ハチである。しかも、巨大な女王バチだ。こんなのが家の中に侵入してる
なんて…が、ここでも不思議と私は冷静だった。確かハチ退治のバズーカ式
スプレーがあった筈。強力ジェット噴射で10メートル離れてハチの巣ごと
殲滅出来るスグレモノだ。ただ、勢いが良すぎて一回の使用でカラになるという
難点あり。こいつを使うときは、確実に仕留めなければならない。
そこで、もうひとつ一般的な害虫駆除スプレーも確保し、二刀流で戦うことに。
先にノーマルスプレーで他に潜んでるであろう働きバチどもも含めて弱らせ、
動きが鈍ったところを一気にジェットスプレーで殲滅する作戦だ。

さて、いよいよ戦闘開始。武器確保の間に一回敵から目線を外したので
どこかに逃げられてしまったが、窓辺を中心にスプレー噴射。
ポロポロと落ちる働きバチの後ろに、やっぱりいましたラスボス。
ここで一気にジェットスプレー攻撃。が、敵もスプレーをかいくぐりながら
こっちに向かってくるではないか。おいおい、効かないのか?
これはまずいぞ。非常にまずいぞ。いや、まじでこれはいかん。


わあああああああ。ついに、目の前にハチの顔が。


と、その次の瞬間。



目が覚めた。


もう、どんな悪夢よ、これ。かなりディテールまでリアルだったし。
今まで軒先に作られたハチの巣を三回ほど駆除してきた祟りなのかなあ。
なんかすんません。でも、うちにハチの巣作らないでね。全力で潰すから。


とりあえずおかげで最悪の目覚めに終わったことだけは間違いない。
[PR]
by paspas | 2011-06-14 19:55 | Comments(8)

チョコミント発見!

a0019074_23464589.jpg

なんじゃこれうまい。


何気にデパ地下をぷらぷらしていて、何気にゴディバ売り場を覗きこんだら
こんなのありましたよ。以前からゴディバはスティックタイプだの粒タイプだの
ミント味には積極的に取り組んでくれている姿勢を見せてくれていたが、
トリュフタイプもあったのね。


中身は、チョコの丸いシェルに包まれたミントクリームな感じ。
ミントクリームがそんなにクリーミー過ぎるわけでもなく、
結構パンチのある後味になっている。さすが、世界で活躍するチョコ屋。
ミントに関する造詣も深いってもんです。うまい。


こいつが5個で525円なのが高いのか、どうなのか。
[PR]
by paspas | 2011-06-10 23:46 | チョコミント普及委員会 | Comments(0)

健康診断アトラクション

今日は会社で健康診断だった。


前日に駆け込みで健康的な措置を…などということは一切せず、
むしろ精一杯の不健康に挑戦して久々にマクドな夕食にしたくらいだ。
悪い結果が出ればいい。反省するならそれもまたモチベーションになるさ。


で、果たして体重は昨年比-3キロ程度。一番ひどかった一昨年比では
-10キロなので、一見良い結果にも思える。ただ、半年前よりも確実に
数キロはリバウンドしてるので、あまり喜べない状況だ。

その場で結果が出るものは他にせいぜい身長と視力・聴力くらいで、
それらは特に変わりなかった。身長は1ミリ伸びてたけどね。
伸びる要因が分からんけど。足首捻挫してサポーターつけたままだったから、
その厚みの分でも稼いだか?


ところで健康診断ってやつは毎回年すんなりと終わることはなく、
必ず何かトラブルが起きる。私の場合、鬼門は血液検査で、まず一発では
決まらない。看護士?が見つからない血管を探して両肘を覗きこみ、
首をかしげながらとりあえず一回刺してみてから血管を針先で探ってみて
収穫なく引き上げる。申し訳なさそうにもう一方の肘に再度針を刺し、
より確実な血管を探り当ててようやく終わるのだ。
どうやら細い血管は見つかるらしいが、内出血しやすいので一回目は
あまりそこに刺したがらないらしい。が、ない血管をいくら探しても
刺さらないわけだから、結局二回刺されることに変わりはないわけだ。
相手に悪気はないし、年に一回のことだし、たいして痛くもないから
されるがままにしているけど、やっぱり今年も一人だけ両肘に止血のテープを
貼られるという面白状態で終わってしまった。


で、血液を抜かれた後は三分間止血のために座らされて待ち状態になるのだが、
そのあとに控えていたのが我が生涯初の心電図検査だった。
初心電図にテンションが上がっていたのと、隣にホセ君がいて話しやすい
環境になっていたのでついベラベラと喋ってしまった。
誘導係のお姉さんにも心電図検査について話し掛けて妙に盛り上がって
しまったり、何をやってるんだ状態。病院に毎日行って若い看護婦に
話に行く元気そのもののじいさんと同じようなことしとる。
ついに私もそんな領域に入ったか。


で、いざ心電図検査に入ると、そこでもテンションが上がりすぎて
検査員のおねえさんに話し掛けまくり。え?え?シャツ脱ぐの?
靴下下げんの?なに?なに?この機械、どうなってんの?
あんまり喋るもんだから、しまいには『結果に響きますから、目を閉じて
じっとして下さいねー』ってたしなめられた。すんません。

ちなみに、血液検査の前にもちょっとしたハプニングがあって、
たまたま知り合いの人が通り掛かって『結果が楽しみやなw』
つて囁かれた。検査員のおねえさんが『血圧上がってしまいますんで!』
って怒ってた。何故か私も軽く怒られた感じになった。解せぬ。
ちなみに血圧は極めて正常。上が117くらい?何と言う落ち着き。
プレッシャー知らず。かっこいいなあ。誰も言ってくれないから、
自分で言っとこう。


血液検査とかの結果はまた後日出て来るが、どうせ結論は『とりあえず痩せろ』
なんだろうからあんまり興味はない。今日がなかなか楽しかったので、
それはそれでよかったです。
[PR]
by paspas | 2011-06-10 20:28 | Comments(2)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット