<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

変化の波

気がつけば一年の1/4が過ぎ去り、会社は年度末を迎え、また何人かの仲間が
去ることになった。

今という時間はいつも永遠のように感じられるのだが、それが正しかったことはない。
むしろ、周りは常に変化している。昨日と今日とではまるで世界が変わっている。
その中でも自分にとって都合の良いところだけを切り取り、『今日も何も
起きなかったなあ』と自分の目をそらしてきただけなのかもしれない。

しかし、昨日と違う今日がゴマカシの効かないレベルでやってくると、
途端に黄昏れてしまうのだ。それが私という人間の生き方に繋がっているのだろうだ。
『変化のスピードに対応できない』などという言い方をよくするが、
『変化していく現実から目を逸らしている』だけのことだろうと思う。
なぜならその方が気が楽だから。考えなくて済むから。

しかし、明日になればいつも前の席で仕事をしていた人達もいなくなり、
会議室の予約をお願いしていた人達もいなくなり、いやがおうでも変化に
気付かされるのだ。それを醒めた目で受け流すことで自分を守るのも
一つのやり方だが、常に環境がドラスティックに変化する幼少期を過ごして来た
私は自然とそういう『醒めた目』を身につけてしまったように思う。
結果として出来上がってるのが無感動な精神なので、あまり良くないことだと思う。

ただ、救いになるのは表向きに感情が出なくとも、こうしてブログという形で
自分にも感情があることを認識出来ることだ。今日は特に何について書こうか
決めないまま書き始めたので、こういう内容になるとは自分でも意識していなかったが、
深層の部分ではひっかかるものがあったのだろう。それを形に出来ただけでも
幾分から気が楽だ。

変わらないことへの不安もあるが、変わりゆく日々への不安はこれからも加速していく
ことだろう。しかし、変化の波に呑まれないためには、醒めた眼差しよりも
不安を自覚するべきか。


それと、『今』に感動することを忘れてはいけないわけで。
『昨日』までの『今』を作ってくれた皆さまに感謝。
[PR]
by paspas | 2009-03-31 20:03 | Comments(4)

負のスパイラル

まるで金曜の飲み会からまだ酒を引きずっているかのように頭が重い。

ついでに言うと瞼も重い。気が重いのは、前からか。身体が重いのは当然のことだが、
土曜のフットサルで筋肉痛が発症して更に動きが悪い。


まあ総じて言うと、心身ともにかなりテンションが低い。今いきなりぶっ倒れても
おかしくはない。自ら線路とかに落ちたりはしないが、誰かに押されても抗う力はない。


不調の最大の原因が寝不足だと分かっているだけに対処もしやすいが、
それにしてもこの気分の落ち込みはすさまじい。何一つとしてポジティブに考えられる
要素が見当たらない。とにかく深い闇の中に消え去りたい。出来ることなら
もう戻りたくもない。未練とか考える余裕もない。

しかし、大体これはいつものパターンなのだ。これから少しして自己嫌悪が始まり、
自分のことがキライな理由を探り、それについて腹を立て、腹を立てている自分に
また腹を立て、そうしていつしか感情は純粋な怒りにすり替わる。怒りがこみ上げると
覚醒して目が冴えてくる。そうして寝不足は解消されなくなるのだ。

運悪くもこの怒りモードのタイミングで私と接触した人間は、もれなく私の不機嫌な
応対を経験することになる。自分で言うのも何だが、これはあまりないことだ。
ミスターには最近常にこのスタンスだが、普通の人にはそんなことはしない。
己の欲せざる所、他人に施すなかれ。

とにかく、こうなったら自分でも鎮めかたが分からない。なるべく人との接触が
ないことを祈りながら、ひたすら眠くなるまで待つしかない感もある。
寝てしまえば大体の感情はリセットされてしまうのが私の特性だ。
損に感じることが多いが、多分得していることもあるだろう。

気になるのは居座り続けている頭痛の方だが、奈良社会保険病院は私を『異常なし』
の一言で片付けたので、問題ないのだろう。あったらあいつらの誤診だ。
それだけは言い残しておこう。


とりあえず明日起きるまで全ての通信を遮断するか。自分の勝手な負のエネルギーで
人に迷惑をかけてはいけません。
[PR]
by paspas | 2009-03-30 19:04 | Comments(0)

苦痛の宴

金曜は鶴橋のまぐろ料理屋というディープなロケーションで送別会。

一年前にやって来た本部のトップが退任となり、『なるべく多くの人と話したい』
との要望から部門毎に送別会を設定していて、今日がうちの部門の番だった。
正直言ってこの一年間、ほとんど会話をする機会もなく、打ち合わせの席など
間接的に見て来た姿でしかその人となりを判断出来ていなかったし、それ自体が
あまりステキなイメージでもなかったので、今日はそのイメージがどう変わるか
結構楽しみにしていた。


だがしかし。


幹事グループがこの会合のために三つ四つイベントを用意していて盛り上げようと
していたのだが、そのイベントの合間などに猛烈な勢いで『ご訓示』を頂戴してしまう
展開となり、段々憂鬱な気分に。

もういいですやん。今月いっぱいで勇退するんやし、みんなありがとう、
こんなイベントも考えてくれて温かく送り出して貰えて嬉しいわ、
これからも力を合わせて頑張って、と言ってくれればそれでよかったのに。
やれ今の会社は企画力が落ちてるだの、売りっぱなしでマーケティングなんか
出来てないだの、こっちは正直別にやりたくもないけど笑顔で送り出す会を開いたのに
一気に通夜のような静けさに包まれ、みな一様に神妙な面持ちで下を向く。
私の隣に座っていたトミー氏がそれを見て『なんかこの光景がおかしすぎる!』
と言いながら一人でこっそり大爆笑していたのだが、確かにあれはないと思った。
あんな飲み会の展開は初めてだ。

しかも、言っちゃあなんだがこちら側の仕込みも結構手が込んでいたわけで、
それに特に反応せずに『ご訓示』を垂れて来たのが悲しい。イベントの一つに、
『本部長の勇退があちこちのサイトでニュースになって取り上げられている!』
という趣向のものをやったのだが、ヤフーとかMSNとかのニュースサイトに顔写真などを
合成してそれっぽい見出しもつけ、あたかもビッグニュースとして世間にも注目
されているかのような、ウェブに関わる我々ならではの切り口から考えた手法である。
前にも別の人の送別会でやって好評だったこともあって今回もやったのだが、
私の役目はどんなサイトにはめ込むのが面白いか、リストアップをすることになった。
そこで上述の通常のニュースサイトに加え、他にもいろいろブレスト的に
リストアップしてみたのだが、私なりに『こういうサイトを、こういう意図で使ったら
面白いかも』と考えて含めたサイトも、制作者が充分に意図を汲み取ってくれたのが
嬉しかった。具体的には、NHKのサイトであたかも勇退会見の動画が見られるかのように
はめ込み、更にCNNサイトでも取り上げられていて国際的にも注目されているように
仕組み、果てはアルジャジーラのサイトにまで出て来ている、という展開にした。
アルジャジーラのサイトはもちろん、アラビア語版。ビジュアルインパクトは
かなりのものがあって、身内には結構ウケていたと思うんだかなあ。
ウェブのことをあまり理解していないのか、かなりきれいに合成している技術の高さを
理解していないのか、当人はちょっとニヤリとしていた程度。しかもしかも、
このイベントにはものすごいオチを用意していて、この本部長も絶賛していた
『ユニクロック』のサイトを模したダンスを、うちの部門メンバーがダンサーとなって
無機質にパフォーマンスを繰り広げているムービーを流すという大ネタを
入れていたのだ。このためにわざわざ二日間に亙って撮影を敢行し、
部門長自らノリノリで先頭に立ってダンスパフォーマンスをし、渾身の編集で
本家に遜色ない?クオリティで完成したこのムービー。ちなみに私は踊るのが
嫌だったので撮影時に脱走したために参加していないのだが。しかしすごい出来で
大爆笑と軽い感動すら覚えたのだが、当の本部長はそれを見て更に説教…
いや、『ご訓示』を繰り広げる始末。もういい加減にしてー状態である。
最初は結構本部長殿の近くに座っていた私も、イベントが進むに連れて席を移動し、
終盤には死角に入る位置に逃げ込んでトミー氏と二人で悪態をつきまくっていた。

で、長く重苦しい時間も最後は店の外で記念撮影し、ようやく終了。
そこから三々五々…という感じだったが、なんとなくバラけてしまったので
そのまま鶴橋駅へ。土曜にはフットサルもあったのでそのまま帰るつもりでもあったが、
何となく消化不良がひどかったので一緒に帰っていたトミー氏ともう一人とで
バーで二次会を敢行。まあ、不満爆発。悪態つきまくり。といっても、
かなり私が煽った結果だが。でもまあ、三人の共通認識では今日みたいな
送別会は過去に例を見ないことだけは確認出来た。

結局、軽く一杯のつもりが二時間近く不平不満をぶちまけ、帰る頃にはしっかり泥酔。
おかげで土曜のフットサルはヘロヘロだった。でもおかげで心は軽くなったので、
あの時間は極めて重要だったと思う。

しかし、あんなことになるなら本当にいっそのこと最初から行かなきゃよかった。

サラリーマンとしての階段を少し踏み外した、三月の終わり。
[PR]
by paspas | 2009-03-29 01:13 | Comments(2)

ファントム豚?

a0019074_23432598.jpg

ということで、久方ぶりに再会した兄から貰った画像。

なぜか広島名物のカツサンド?か何からしいが、その名も『幻霜ポーク』。
よほどすごい霜降りなんだろうが、しかし注目すべきは小さく書かれた英語表記。


HIROSHIMA PIG OF PHANTOM


…え?ファントム??

あの~。多分、ちょっと意図していることと意味が違うと思うんですけど…。

彼らが言いたいのは、多分『希少価値』の『幻』だろう。しかし、『ファントム』とは
まさしく『存在しないもの』という意味合いかと。

後、『オペラ座の怪人』=『PHANTOM OF THE OPERA』ということからも分かるように、
ちょっとおどろおどろしい意味合いもあるんだよね…。

デザイン的に英語表記をあしらうのはよくある手法だが、こういうミステイクは
あまりにもかっちょ悪いっす。
[PR]
by paspas | 2009-03-26 23:43 | Comments(0)

減量失敗の理由

a0019074_23295447.jpg

今日は兄が出張でたまたま関西方面に来ているということで、急遽実家から召集が。

二日連続で実家メシはありがたいのだが、相変わらずのボリュームだ。


毎日こんなん食ってたら確実に減量に失敗するでしょう。敵は身内にあったか…!
[PR]
by paspas | 2009-03-26 23:29 | Comments(4)

ドラクエIII

仕事が大変なことになっている。


本当は本業だけを考えたら今は物理的には忙しくもないのだが(決まるべきことが
決まらないので精神的には苦痛の極みだけど)、リリーフ登板している案件が
佳境に入ってきていて沈没しかけている。

以前書いたように、所詮はリリーフ登板なので塁上を埋めているランナー達が
帰っても私の自責点にはならない気楽さはあるのだが、チームは敗戦濃厚になるので
やたらプレッシャーがかかる。ノックアウトされた先発投手も復帰して来たのだが、
上への報告等には流れで引き続き私が駆り出されている状態だ。

高校野球って一回降板した投手も後からリリーフ出来るんじゃなかったっけ?
ここでもそのルールを適用して欲しいんだけどなあ。

まあ、そうは言ってもベンチが続投を指示してるんだから、自らマウンドを降りる
わけにもいかない。一応ちゃんと投げれば打ち取れる約束なので、それなりに
真面目に投げているのだが、今日は約束と違って危うくボコボコにされかけた。
上位報告の場で今の取り組み進捗を説明してシャンシャンで終わるはずが、
『もっと先のところまで面倒見なくていいのか?』的な、あらぬ追求を受けたわけだ。
えーっ。そんなん知らんやーん。まるで球団社長がいきなりマウンドにやってきて
『今、うちのチームがリーグで四位に低迷しているのはどうしてなんだ』
と詰問されたような気分。そんなこと言われてもなあ。私は首脳陣でもなければ
球団幹部でもない。たかが選手なのだ。しかも向かいの席には監督(部門長)が
座っていて、背後にはピッチングコーチとバッティングコーチも立っている。
当然、彼らが何らかのコメントをするだろうと思ったら、さにあらず。
かくして球団社長(本部長)に『もしもし?』と突っ込まれる羽目になったのだ。

え、俺がシカトしたことになってるんですか?

まあ、何となく笑いで流されて事なきを得たが、どうも腑に落ちない。
後から監督に『沈黙したらあかんで~』と言われたが、あんたが喋るとこちゃうの?
勝てば監督のおかげ、負ければ選手のせいって感じですかね。やれやれ。


…とまあ、随分例え話が長くなってしまったが、実は今日のタイトルも例え話である。
本業の方でFlashコンテンツを準備しているのだが、提案されてきたものが
どうも納得がいかない。内容自体も私は猛反対なのだが、どうしてもやるにしても
展開がおかしいのだ。起承転結がないというか、いきなり変化球の本題が始まって、
最後に本来のメッセージが出てくる。多分、見た人は『何これ?何が言いたいのだ?』
と呆気に取られるか、理解できない急展開にフラストレーションを覚えて
終わってしまうだけのような気がしている。

そこで、どうしてもやるというなら最後の表示だけでもいいと思うが、
最初にも最後に出てくるメッセージを出して、間の奇怪な変化球展開を挟むことで
『ああ、この妙な流れはこの前後に出てくるメッセージに何か関係してるんだろうな』
くらいは連想させられるところまで持っていけるのではないかと考えたのだ。
我ながら苦肉の策の中でもマシな方の提案だなあ、と満足していたら、
事業部側で担当している子から急に連絡が。

『あのー、…制作会社の方が渋ってるんですけど』

何だと?

『予算がオーバーしちゃってて今から追加対応するのはきついのと、
あと、クリエイターとしてのこだわりがあって最後の画面を最初に出しちゃうと
つまんないんじゃないかって言われてるんですよねえ…』


は?はぁ??こだわり?つまんない??


あのさ、遊びでやってるわけじゃないんだからさ。意図が伝わらなかったら
つまんないも何もないんじゃない?ていうか、別にクリエイター集団を
喜ばせるためにサイトを作ってるわけじゃないんだよ、こっちは。
何を履き違えてるんだ?

もう、怒りで脳内温度が沸点に達していたが、努めて冷静に上記の内容を、
言葉を選びつつ返した。口調はだいぶ荒げてしまったが。

で、結局は更に妥協を求められたのだが、『起』の部分はあまり詳しく書かず、
ほとんどテキスト一行の画面を出すことで話をつけて貰うことにしたのだが、
ここでついにタイトルが登場するのだ。


『そう、ドラクエIIIのタイトルみたいな感じでね』


…決まった。なんて簡潔明快な例えなんだ。やっぱり俺は天才だ。
などと余韻に浸っていたら、電話の向こうから最悪のコメントが。

『ドラクエIIIのオープニングぅ?なんですかそれ(笑)知りませんよ~』


…お前なあ…。

まあ、相手が女性だったのがターゲットを外していた最大の敗因かもしれないが、
しかしあのドラクエIIIのオープニングを知らないとは。当時ファミコンのカセットで
作られたドラクエは、内容でほとんどのメモリーを使い切ってしまったせいで
オープニングタイトルは派手な画像も使えず、音楽も流せず、ただ黒い画面に
『DRAGON QUEST III』と表示させるのが精一杯だった、という伝説の逸話を
『知らね』と一笑に付すとは。許されんなあ。

ということで、怒りの中にもクリーンヒットを放った気分でいたのに
『今のタイムかけてたからノーカウントね』と言われたようなもんだ。
と、ここでも微妙な例えを使ってみるが、しかしこれに関しては不発感は否めない。

話の分かる人と仕事をするのは精神衛生上とても大事だということがよくわかった。
例え話をし過ぎてもいいことはないということも。
[PR]
by paspas | 2009-03-26 19:22 | Comments(0)

どうした秋田

今日は久しぶりに実家に立ち寄った。

実家に寄るとだいたい期待されるのは実家メシである。
現在減量中の身分であるが、こればかりは仕方あるまい。

a0019074_2239136.jpg


うーむ、相変わらずの大量で・・・。

日頃の摂生の効果か、半分くらい食べたところでかなり満腹感はあったが、
なんとか完食までこぎつけた。実家のご飯はうまいですからなあ。
次いつこういうちゃんとしたものを食べられるか分からないしね。

で、満足して少しゆっくりしていると、母から「はい、プレゼント」と言って
差し出してきたものが。ん。チョコレート?さっきまで大量の食事を与えながら
「お前は痩せなければいけない、食べ過ぎだ、ぶつぶつぶつ・・・」と
散々愚痴っていたくせに、チョコレートってなんやねん。

a0019074_22393321.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・なにこれ?

聞けば母も先週は自分の実家のある秋田に帰っていたらしいが、
今どこぞで話題の「小松屋本店」に立ち寄って購入してきたらしい。

サイトをいろいろ見てみると結構老舗なお店のようだが、どういう目的だか
こんなオモシロ系商品の開発にも手を染めてしまったらしい。
しかも、バレンタインデーの関係で2月中は全ての注文を中止?!
みんな、一体何を送っちゃってるのだ(笑)
ちなみに一口食べてみたが、普通のチョコレートではなく中にマーマレード
みたいなものが混ざっていて、その食感があたかもかぶと虫の足でも
食べているかのような錯覚をおぼえさせてくれてそれ以上食べ進めることが
出来なかった。ううむ、意外と破壊力があるのう。

で、更にサイトを見ていくと何やらおどろおどろしい文字とともにモザイクのかかった
画像が・・・。自分の商品にモザイクかけるってどういうことよ?と思っていたが、
母はしっかりとこの商品も購入していた。

a0019074_22451153.jpg


これは・・・・・。

自主規制する気持ちも分からないではないが、じゃあ作るなよ!と言いたい。

ちなみに味は普通の和菓子。

まあ、興味のある人は是非試してみてはいかがでしょう。


今日は他にもいくつか秋田グッズを入手したので、また機会があれば紹介します。
[PR]
by paspas | 2009-03-25 22:56 | Comments(2)

体力消耗中

a0019074_2341568.jpg

昨晩はたにじんに借りていたドラゴンボールの単行本を読み始めたら止まらなくなり、ふと見上げればテレビで
ドラゴンボールZを放送しており、ふと手元のマンガを見ると悟空がギランを相手に
苦戦している。なんなんだ、このギャップは。しかし、そのまま勢いは止まらず
借りてた20冊全て一気に読み終わってしまった。時間は既に午前四時過ぎ。

あーあ、何やっとんのよ俺。気持ち的にはこのまま会社を休んでついでにWBCを
ゆっくりライブで観戦したいところだったが、今何故か仕事がスパークしているし、
そんな見え見えなタイミングでいきなり休む訳にも行かないし、仕方なくまた短眠で
会社へゴー。午前はWBCの状況が知りたくてヤキモキし、結果を知ると
またテンションが上がってしばらく気を張っていたが、それも落ち着くと
強烈な睡魔に襲われてどうしようもなくなった。しかも、今日の仕事のメインは
幹部に対する報告案件だったのだが、16時からやる予定のものが18時にずれ込み、
結局本当に始まったのは19時過ぎだった。珍しく残業、しかし大半が待ち時間。
まあ、報告内容自体はウェブサイト頑張ってこんな感じで作ってますよー、
てなノリの話だったので特に頑張る必要はなかったのがせめてもの救いか。
細かい部分はまだまだ未完成なのでじっくり見られたらやばかったが、
それは最初からあまり危惧されることでもなかった。

結局無事に報告も終え、おとなしく帰宅して本日終了。出来ることなら
さっさと寝たいところだったが、せっかく良い試合をしたWBCの特番も
チェックしたかったし、なんだかんだでまた夜更かし中。しかし、どうせ半分以上の
人達がそわそわしながら仕事してたんだから、もういっそのこと今日は祝日に
してくれてもよかったんじゃない?せめて優勝が決まった後に会社を
昼から休みにするとか。などと好き勝手言うてますが。あんまり言うと
『じゃあ君明日からずっと来なくていいから』って言われちゃうんで。

しかし寝不足だ。明日は朝から出張。うまいことやってちょっとでも起床時間を
遅らせるとするか。
[PR]
by paspas | 2009-03-24 23:41 | Comments(0)

ソーセージ・少年探偵団・ドラゴンボール

a0019074_19243983.jpg

a0019074_19244052.jpg

日曜日にたにじん&つっちーと奈良の押熊近くにある『パパ・ド・ウルス』なる店へ。
ソーセージのお店、という触れ込みで行ったのでかなり興味津々だったが、
必ずしもソーセージしかないわけではなかったので一安心。

で、せっかくなのでいろいろちょっとずつ頼んでみようという流れになったのだが、
お決まりのソーセージ盛り合わせに始まり、パスタ、ドライカレー、チャーハンなど、
バラエティー豊富なメニューの数々に舌鼓を打つ。お値段もリーズナブルで、
3人で7千円余りで済んだ。特に『あらびきウィンナー』が非常に美味な割には1本90円と
コストパフォーマンスにも優れており、なんならあらびき10本で腹を満たしても
いいくらいの好感触だった。ロケーションも住宅街の中にあるせいか
客層も落ち着いた感じの人達が多く、店員も家族経営な感じでアットホームな雰囲気が
伝わってきてなかなかよかった。ここはまた行ってみたいと思う。

ちなみに何故かたにじん氏は店の書棚に積まれていた江戸川乱歩の
『少年探偵団』シリーズに興奮しており、結構長々とその素晴らしさについて
熱く語っていた。その割には『名探偵コナン』の主人公の名前が『江戸川乱歩』と
『コナン・ドイル』から取ったことは知らなかったようだが。

ちなみにこの日はもう一つ大事な用件があって、生キャラメルと引き換えに
ドラゴンボールの単行本を貸して貰った。最近加入したスカパーで一番見ている番組が
アニメ専門チャンネルでやっている『ドラゴンボールZ』なのだが、
魔人ブウとスーパーゴテンクスとやらが戦っていたり、悟空がスーパーサイヤ人3に
変身したり、なんだかついていけない展開でもう一回最初からストーリーを
追いかけてみたいと思っていたところだった。私がきちんとストーリーを
把握しているのはせいぜい天津飯が強かった頃ぐらいまでで、後はところどころしか
理解していない。巷で一番面白いとされているフリーザ篇辺りなんかは
ごっそり抜けていて、全く理解していないので何とか20年越しにキャッチアップ
したいところだ。

ちなみにスカパーの放送では四月から『ドラゴンボールGT』なるシリーズが
始まるらしく、若干追い切れない気持ちが芽生え始めているが、まあものは試しに
頑張って見てみようと思う。せっかくスカパーに入ったんだし。
って、このために入ったわけじゃないんだけど。
[PR]
by paspas | 2009-03-23 19:24 | Comments(2)

九州一番星

ここしばらく、PS3で「龍が如く3」の世界に浸っていました。

PS2から始まったこのシリーズも大ヒットを続けており、私も一応毎回購入しては
やり込んでみている。基本コンセプトは妙に正義感の強いヤクザが巨大な抗争に
立ち向かっていくという内容で、歌舞伎町を模した「神室町」を舞台で展開するのだが、
実際の街とほぼ同じ区画で作られていたり、「ドンキホーテ」や「コマ劇場」など
本当にある店や建物も同じ位置で再現されていたり、リアリティの面でも楽しめる。
また、メインストーリーとは別にキャバクラに行ったりUFOキャッチャーを遊んだり
いろんなサブイベントもある。

そんなリアリティ溢れる人気ゲームにおいてはタイアップも欠かせないようで、
プロダクトプレースメントも数多く見られる。中でも印象的だったのが、
「九州一番星」のラーメンだ。

この「九州一番星」は元々ゲームシリーズ内で登場した架空のラーメン店だが、
今回、エースコックの社員がこの店のラーメンをカップ麺にしようと奔走する
サブストーリーが加わっている。で、最終的にはこの熱血社員がかけずり回って
店の味を見事に再現し商品化にこぎつける、という内容になっているのだが、
なかなかうまい持っていきかただ。単純にゲーム内で「エースコック」を登場させる
よりも、商品開発にかける情熱を表現することでよっぽどインパクトを残せている。

で、先日スーパーをふらふら歩いていると、なんとリアルの世界でも売ってる
ではないですか、エースコックの「九州一番星ラーメン」。

a0019074_14562112.jpg


これはさすがに減量中の私も買わざるを得ない。もちろん、普通の商品なので
ゲームを知らない人も買えるが、ゲームの展開を知っている人間なら思わず
手が伸びてしまうのではなかろうか。本当にうまい手法だ。

で、試しに作ってみたのがこちら。

a0019074_14563743.jpg


まあ、当然ながら普通のカップ麺の様相を呈している。
ちなみに「九州一番星」の味わいは「骨髄まで煮込んだ濃厚なスープの味わいを
売りにしていて、確かに一口目はその濃厚な味わいに思わず「おっ、うまいやん」
と思わせられる。ただ、かなりの濃い味なので後半はくどさに負けないことが大事。
よく、本当においしい炒飯は最初の一口はちょっと味が物足りないと感じるくらいが
一番良いとも言われるが、それを実感させられる味わい。って、なんでここで炒飯を
たとえに出すのよ、って感じだが。

ちなみにエースコックによる特設サイトもちゃんと用意されていて、
この商品の売り込みにかける意気込みが感じられる。なかなか参考になる取り組みだ。

うちの会社でもこういう広告手法を考えてみても面白いんじゃないかと思うが、
多分やんないだろうなあ。妙に堅いとこあるし。ヤクザが街を徘徊して
他のヤクザをボコボコにして回るゲームに商品を出すような真似はまずするまい。
残念ながら。


a0019074_14591135.jpg


ちなみにこちらがゲームに登場する「九州一番星」店舗の画面。我が家のTVにて。
[PR]
by paspas | 2009-03-20 15:09 | ラーメン | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット