<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

うま(スープ)カレー

a0019074_19245496.jpg

ケータイのメモリーに入っている画像を整理していくといろいろ出てくるのだが、
今日はやたらカレーネタで繋がっていく。

こちらはスープカレーの写真。『心』という店で、イオン高の原店にあるのだが、
しばらく彼女にも推奨されながらあまりにもいつ見ても客の入りが悪かったので、
何となく敬遠し続けていた。

が、ある日ふと意を決して入店したわけだ。そこまで気合いを入れないと
いかんわけじゃないのだが、イオン高の原にはいろいろ興味深い店があるので、
敢えてハズレを引くのが怖かったのだ。

で、味はと言うと実はこれはこれでなかなかうまかった。あれ?なんでこの味で
こんなに流行ってないの?と拍子抜けする感じだったが、バイトっぽい店員が
ファミレスの深夜バイトみたいなノリではしゃいでたこととか、
ほとんど客がいなかったのに人気No.1メニューが売り切れになっていたりとか、
あと商品の性質上仕方ないのかもしれないが、やたら出てくるのが遅かったりとか、
どうもサービス面にやや難がありそうな気配を感じた。

とはいえ、ここはここでまた行く価値あり。実際には行ってないけど。

以上、うまカレーネタ三連発でした。
[PR]
by paspas | 2008-09-30 19:24 | Comments(2)

うまカレー(うどん)

a0019074_19141369.jpg

角刈り先輩との昼食ネタで思い出したが、大分前に会社近くの『得正』にある
『デラックスカレーうどん』を食べに行った。いつもは日替わりを食べていて、
それについてくるたまごかけご飯がまためちゃくちゃウマイのだが、
メニューを見ると必ずこのデラックスに目が止まる。お値段1,000円。
トッピングで海老フライ2尾、肉、チーズ、味玉が乗っている、まさにデラックスの味。
『当店限定メニュー』と書いてあったのでもしかして他の得正の店では味わえない
かもしれないので、近くに立ち寄られた方は是非どうぞ。ちなみに味は得正らしく
間違いない味。特にチーズが非常にイイ味を出していた。なかなかやりおるわい。
[PR]
by paspas | 2008-09-30 19:14 | Comments(0)

うまカレー

a0019074_1955934.jpg

今日は角刈り先輩のお誘いを受けて昼食は外で食べることに。

で、いつもならどこ行きます?と決めかねながらさまようのだが、
今日は最初から牛重の店に行くことに決めていた。

但し、せっかくなので前回と違うメニューで。特に目を付けていたのがビーフカレー。
牛にこだわる肉料理屋でビーフカレーって、確実にうまいと思わないか?
特に前回の牛重のヒットもあって、かなり期待を膨らませて臨んだ。
値段設定も大盛りで900円というのくすぐる。無茶な高額でもなければ、
庶民価格でもなく、期待感を煽る絶妙の設定である。

で。いざ食べてみると。

う。


うまいがな。


これはかなりうまい。一口目はハヤシライスのようなデミグラス感があり、
食べ進めて行くにつれて肉のうま味が増してくる。かなり贅沢な味わいで、
『コクがあってそれでいながらしつこくない』という料理マンガの定番台詞が
まさにしっくりくる味わいだった。大盛りも程よく満腹感を与えてくれて、
私にとっては牛重よりも総合点は高かった印象もある。外で食べたカレーの中では
間違いなくNo.1の味。絶対また食べに行きます。

一つだけ気になったのは、店長とツンツンのオーダー取りの子がどことなく
険悪な雰囲気だったような…。二人とも若いのだが、夫婦か兄妹らしく、
店長が小声で『早く。片付けろ』と苛立ち気味に命令しているのが聞こえて来た。
ええと、喧嘩は後にしてもらえますか…。

味もよく、固定客も増えつつあるように見受けられる店だが、心配なのは
これ以上有名になって並ばないと食べられなくなることと、店員のいさかいで
店をたたむ騒動にならないかの二点である。
[PR]
by paspas | 2008-09-30 19:05 | Comments(0)

立ち飲み見聞

a0019074_21184635.jpg

会社帰りに何となく駅のホームを歩いていると、昔一緒に仕事をしていた人が
電車待ちをしているのに遭遇した。今はお互い違う部門で別々の仕事をしているが、
会社の廊下や売店ですれ違うと挨拶を交わしたり、近況報告をするような間柄の人だ。
一緒に飲みに行くわけでもないが、無視したりはしない、そんなレベルの関係。
ところが今日は電車で話しているうちに、『ちょっと飲みに行きましょうか』
ということになって、天王寺の立ち飲み屋に行くことに。

私、立ち飲み屋はあんまり入らない方なんですが…そもそも飲むより食べる方だし、
落ち着いた方が好きだし…しかも今日は午前は調子がでなくてサボ…じゃなくて
休みを取ったんで、あまりノリノリというほどでもなかったのだが…。

まあしかし、そこはあれだ。せっかく誘って貰ったんだし、自力では絶対行かない
アナザー・ワールドが見られそうだし、一緒に飲んだことのない人と
どんな会話になるのか興味深くて、ついていくことにした。まあ、軽く一杯ね。

で、着くなり外まで人が溢れてる状態。うわあ…やっぱり少し気が引ける。
いっぱいみたいですねえ、と言外に他意を込めて言ってみたが、どうやら隅の方に
二人分の席が空いたとのこと。なるほど、それなら入るしかなかろう。意を決して入店。

店内はほぼ予想通りの立ち飲み屋な雰囲気で、狭いカウンターにずらっと客が並び、
めいめいに酔っ払っている。客層は基本的に大阪庶民どストライクな感じで、
声の枯れたおばちゃん達の姿もちらほら。で、何故か隣にはインド人風の兄ちゃんが
そんなおばちゃん達に囲まれて飲んでいるという、ある意味リアル国際都市なニオイが
プンプン漂う感じ。見ていて面白いが、自ら入っていく勇気はない。
例えは悪いが、サファリ・パークに来たみたいな気持ちだ。
車から降りる勇気はありません、みたいな。

で、そこで酒とアテを二品頼み、一時間程取り留めのない話をしていた。1,260円也。
まあ、これなら頻繁に来ても大丈夫な値段ですなあ。あんまりまた行くつもりはないが。
結局たいした話もせず、立ち飲み屋にいる割にはおとなしく二人で語って終わったが、
今までそういう絡み方をしたことのない相手だったのでなかなか面白かった。
海外志向、特にアメリカでの勤務を熱望している人なのに、普段飲み歩くのは
決まってこういう立ち飲み屋らしく、その辺のギャップが面白い。
もちろん、外人が集まるバーみたいなところにもよく行くらしくそんな店も
教えて貰ったので試しに行ってみようかとも思っているが、しかしいろいろ体験
してみて視野を広げるのはいいことだ。

たとえそれが立ち飲み屋の情景であったとしても。
[PR]
by paspas | 2008-09-29 21:18 | Comments(0)

イレギュラーフットサル

土曜はフットサル。

前回は特別企画で無謀な社内大会に参戦したので、今回の定例会はかなり久しぶり。
2ヶ月ほど間隔が空いてしまった。

まあ、ちょうど暑かったしね。体育館に空調ないし。

ということで、ちょうど間が空いたので、今回を'08~'09シーズンの開幕戦とした。
ん~、なんか欧州リーグっぽい。得点記録も一旦リセットし、新たな気分でいざ再開。


さあ、戦闘服に着替えてフィールドへ。

あれ。

俺の服は?


上に着るイングランド代表('98モデル)はあったが、下はカバンをいくら探しても
見つからない。ないものはないのに、ひたすら同じところを探し続ける。そして絶望。
え、なに?下着姿でやれってか?

いや、下着プレーはないにしても、最悪履いて来たチノパンでのプレーは覚悟した。
動きづらいだろうなあ。破れるかもなあ。汗だくになっても着替えられないなあ。
がっくり肩を落としているところに、先輩が声をかけてくる。いや、下を忘れたんすよ。
じゃあ俺の履いて来たジャージ貸したろか?ああ、はい、そうっすねえ。

え?ジャージあるの?

こりゃあもう、いやっほうモンである。ジャージさえあれば我が黄金の右足が
火を噴くのは間違いないぜ。先輩が履いて来てた?んなこたぁ関係ない。
まさか変な病気が移るわけじゃあるまいし。履いてみると、内股はややキツイし
長さは引きずるくらいあるが、キツイのは我慢して長さは捲くり上げれば問題ない。

ということで、颯爽と人のジャージを借りていよいよ開始。この日は人の集まりが悪く、
本来は5人チームのところを、4対4でやることになった。おかげでスペースが
出来まくるので、結構面白い。リアルサッカーでも10人制にした方が動けるスペースが
増えて盛り上がるのでは、という提唱が一部からなされているようだが、
確かに一理ある。但し、吐きそうになるくらい体力的にはキツイ。
普段は一試合10分に設定しているが、最初のゲームでその無謀さに気付き、
急遽7分制に修正して再開。それでも一時間もしないうちから『今日はもう
良いんじゃないか?ぉぇ』と、40歳前後軍団から聞こえて来たし、周りも終わるやいなや
フロアに転がって立ち上がれない始末。それでもなんとか普段通り
3時間やり通せたのは、去年からやり続けていることによる全員の体力向上と、
大分涼しくなって来た気候のおかげだろう。やっぱりサッカーは冬のスポーツやねえ。

幸い事前に鎮痛剤を飲むことは忘れなかったので労作性頭痛には悩まされなかったが、
意図的に体力的にもプッシュして休憩時間中も一人でシュート練習するなど
動き回っていたので、頭の奥の方がかなりずっしり重く、なんとなく食欲も
湧かなかったので、終わった後もそのまま解散した。もっと体力つけたいなあ。
瞬発力やボディーバランスや、そもそもの技量も磨きたいが、一番必要なものは
やっぱり体力だと前回参加した大会の後に痛感させられたので、
楽しくプレーするためにもボールを追いかけ続けられるサッカーバカを目指して
また少し頑張ってみよう。

とりあえず次回はジャージだけは忘れるまい。
[PR]
by paspas | 2008-09-29 12:24 | Comments(0)

妄想と手前の現実

今日の帰りは思いがけず二人の係長と飲みに行くことになった。

飲み、といってもアルコールはゼロ。どちらかというと食事中心に盛り上がった。

実は昨日から歯が痛かったのだが、今日の昼間にいよいよ我慢出来なくなって
休み時間を目一杯使って治療に行ったのがよかった。歯が痛いままだったら
飲み会に行く元気も余裕もなかっただろう。

ちなみに会合での話題の中心は人事的な妄想で、寒風吹き込む秋の季節の人事異動に
思いを馳せつつ、会社で見かけた断片的な場面場面を勝手に繋ぎ合わせて
ああでもない、こうでもないと盛り上がっていた。

ただ、正確に言うと三人は三様のポジションから語っていた。私は自分が苦手とする
人の下に入ることを勝手に妄想して悶えており、N係長は自分が不幸になるシナリオを
拒んでいるようでいてそれを全て妄想し、反芻し、更に語り尽くして悶えていた。
もう一人参加していたマスター係長は、どちらかというと達観した感じで
なんでも来い派なポジションにいたので、何とか三人の会話がまとまっていたが、
マスターまで妄想に身を委ねていたとしたら今頃三人揃ってヘブンに
フライ・アウェイしていたかもしれない。

で、結局ヘブンには行かず、マスターの終電が近づいた時間になってようやく解散した。
三時間くらい粘っただろうか?よくネタが尽きないものだ、と自分も参戦していた
くせに感心してみたり。

…ラジバンダリ。

ともかく。解散して電車に乗り、乗り継ぎ駅で改札に向かうと、どこかで見た顔の
二人組を発見。確か、取引先の管理職メンバーの二人だ。実務で絡むような
ポジションの人達ではないが、頻繁に見かけるので顔はハッキリ覚えている。
一人は名前も分かったが、もう一人はどうも思い出せない。


ううむ。気まずいな。面倒だし。


よし、ここは気付かなかったフリをして通り過ぎよう、と思った瞬間に
あっさり見つかってしまった。軽く会釈をしてやり過ごす…わけにも行かず。
向こうもペーペーながらクライアントな立場の会社に属する私に対して
非常に親しく話し掛けてくれる。いやほんと、申し訳ないほどに。

まあそれも改札をくぐってサヨナラを言うまでだろう、と先方も思っていたようだが、
改札を抜けてもどうも同じ方向に向かっている。先方も気遣かってくれつつ、
『どちらまで行きますの?』と探りを入れて来る。聞くと、名前が分からない方の人と
同じ帰宅方向ではないか。

まずい。この曲面、どう乗り切るのか。


A.失礼を承知の上で、名前を聞く。
B.このまま喋り続けてうまいこと乗り切ろうとする。
C.『あ!僕ちょっと買い物があるんで、ここで失礼します!』と逃げる。


もちろん、チキンハートな私のチョイスはBだ。状況を打開せずに
ごまかしながら乗り切ろうとして深みに嵌まっていくタイプ。

この時のチョイスも完全に裏目に出た。先方はしきりに私を名前で呼んでくれながら
話し掛けてくれていたが、裏を返せば私が名前を覚えているか、呼び返してくれるか
探っていたようにも感じた。アウト。しかも間の悪いことに乗り継ぎ電車が15分くらい
経っても来ず、乗ってからも20分くらい隣同士に座って接点もないのに
話し続ける羽目になった。


完全に天罰ですな。


まあ、おかげで良い教訓になりました。人の顔と名前は覚えておきましょう。
最近、向こうが気を遣ってくれることもあってか、ちょっと立場的に頑張る必要が
なくなってしまい、それを言い訳に随分たるんでいたように思う。
会社同士の関係ではこちら側がお金を出す方で、先方が受注する方。
それを引きずって、相手は外でも私みたいなはるかに年下の若造に丁寧語で話し掛け、
名前もちゃんと覚えてくれているのに、私は全然ダメだ。こりゃあちょっと、
自分の人事を妄想する前にやるべきことがあるようだな。

明日、同じ取引先の人も来るフットサルがあるので、ちゃんと確認しておいて
覚えるようにしよう。そうすればこれからまた帰りが同じになっても大丈夫だ。
って、それだけの問題じゃないんだけど。



みたいな。
[PR]
by paspas | 2008-09-26 23:46 | Comments(2)

ケータイ小説(笑)

今朝、所感で課長が「瀬戸内寂聴さんがケータイ小説を始めたそうです。」
というネタを披露していた。

これまで私はケータイ小説というものに触れたことはなかった。ケータイでやることと
言えばブログの更新と、メールと、通話と、ワンセグでテレビ視聴と、たまにアプリで
ミニゲームとかやるくらいで、逆にそれ以上の時間をケータイに割くことはしたくないし、
する価値も見出せない。ましてやたかだか3インチほどのディスプレイの中で
展開される文学なんて、スクロールとページ繰りが面倒すぎてあり得ない、
という思いからずっと回避してきた。
また、ケータイ小説最大のヒットとされる「恋空」も、周りから聞こえてくるのは
悪評ばかり。映画ももちろん観てないし、ドラマも全く興味がない。評判が悪いものを
わざわざ見る必要はないだろう、と判断していたからだ。

しかし、ふと今朝の所感を聞いて、仮にも仕事でケータイを使った取り組みを
考えている以上は、ケータイでヒットしたコンテンツを全く知らないで通るのは
良くないなあ、と思いなおしていた。これでも私、仕事のためと称して「モバゲータウン」
にも登録しているし、プロフもアカウント持ってますんで。一切触ってませんけど。

で、話を元に戻すとケータイ小説だ。寂聴作品に飛びつくのも良いが、
まずは定番を押さえるべきだろう、ということで「恋空」にチャレンジすることにした。
白い画面にピンク色の文字が並び、改行の間隔が広く、前後半に分かれていて
前半だけで400ページ超あるのを見つけた時はそのまま携帯を閉じようかと
思ったが、ガマンだ。

最近、およそ文学らしい文学に触れていないので、久しぶりに読むものとしては
どうかなあという不安はあったが、残念ながらその不安は読み始めて数分も
しないうちに現実のものへと変わりつつあった。


・・・なんなの、これは。


確かにかなり読みやすい。それは認める。でも、中身は?
冗談?壮大なる伏線?何なの?

ずーっと消化不良を感じる内容で、「だから何やねん!」と心の中で何千回も
ツッコミながら、次に答えが載っているのか、この先の展開で説明があるのか、
ただそれだけを期待して読み続けたが、とうとう260ページ目辺りで挫折。

なんなんだろう。この世界についていけないのは、私がもう古い人間に
なったからなのか、それとも日本の文章力と読解力と感受性はここまで
低下してしまったのか。どちらであっても困るが、社会全体のことを考えると
前者の方であって欲しい。こういうのもアリなんだよ、と世間が認めているだけ
ならばそれはそれでステキなことじゃないか。私の感性に合わないだけの話で。

ただ、今まで私が読んできた「小説」というものは、様々な伏線があったり、
ふとした感情の機微がこと細かに表現されていたり、その場の情景や、隠喩的な
表現で多くの活字が割かれていたり、そこにその世界観が広がっているものが
作風となり、作品の顔となり、面白さに繋がっていたわけで、言っちゃあ悪いが
「日々ろぐ」のダイジェスト版を作って「恋空」の横に置いて「ケータイ小説です。」
といってもバレない自信はあるぞ。そう、つまり結局はブログ感覚なんだよなあ。

しかも、出来事の全てが極めて平坦に描かれていて、何がハイライトなのか、
どこがターニングポイントだったのか、さっぱり分からない。主人公がレイプされた
時の記述と、友人と行き違いがあって仲間割れしたこととがほとんど同じレベルの
扱いで書かれていて、結局どっちも大した出来事じゃなかったかのようにさらりと
流されていくのだ。かと思えば、学園祭?でバンドをやった時のことにもそこそこ
ページを割いて書かれていたり、その割には特にそれで何か伏線があったり
というわけでもないようで、「何やねん!」と思うことが続いていくのだ。

まあ、最後まで読まずに作品を批評するのは良くないのでこれくらいにしておくが
(もう十分したか?)、ケータイ小説大賞で200万円を獲得した作品の紹介も
見つけてそれもついでに見ておこうかと思ったら、最初の一ページでひっくり返って
しまったのでこちらはその先も全く読んでいない。

あたし彼女

・・・これで200万円・・・・。ケータイ小説、恐るべし。


でも、こういうのってもう「小説」っていうジャンルじゃないような気がするんだけどなあ。


課長の所感によると、寂聴のケータイ小説もこのような流れに迎合したような作品に
なっていたとのことだったので、こちらも読む気はなくなった。ていうか、課長もよく
こんなもの読む気になれたなあと。「恋空」は映画まで観に行ったとか言ってたし。

あ、ちなみに「恋空」ファンの人がいたらすみませんでした。
まあ、こんな私でも何が面白いのか教えて頂ければ幸いです。
聞く耳持たないかもしれませんけど。
[PR]
by paspas | 2008-09-26 00:49 | Comments(4)

肉の隠れ家

a0019074_204885.jpg

今日は久々にミッチー&スーミンと一緒に昼食。

二人が肉を食べたくなった時には必ずといっていいほど声をかけてもらえるので、
非常にありがたい。一応今日はあんぱんを持参していたが、好き好んでこんな味気ない
昼食を食べようとしてるわけではなく、誘われればホイホイついていくのだ。

で、たどり着いたのは会社近くの路地裏みたいな細い道の先にある『牛の玄』という店。
結構看板も新しく、ここ一年くらいで新しく出来たところか?とりあえずこんな店が
会社近くにあるなんて、初めて知った。

で、お昼のメニューの中でも一際光り輝いていた、『牛重』を選択。
待ってる間に夜のメニューを眺めていると、A5ランクの肉使用などと書かれていて
興味津々。ただし、当然ながら良い肉には良い値段がつくもので、
今の給料ではとてもじゃないが通えそうに価格設定に納得及び落胆。
そう思うと、昼食メニューの牛重が1,000円という設定は結構頑張ってくれているようだ。
ようし、これからもちょくちょく昼だけ来よう。

で、味の方だがしっかり肉がうまくて期待を裏切らない感じ。量的に全然おかわり
出来ちゃいそうな腹六分目な感じと、ウェイトレスのお姉さんが客商売の割には
妙に面倒臭そうに淡泊な応対をしてきた(デレのないツンデレの如く)という点が
マイナスだったが、しかしトータルでは大きくプラスなお店だった。
またいつか来よう。

ただ、途中、モリモリのリーゼントにジャンボ尾崎みたいな後ろ髪の客が
彼女らしき人と入ってきて、ツンデレ姉さんが妙に親しげに応対していたのが
やや気になったが、あれは常連だったのだろうか?或いは友達?
いずれにしても、ちょっと注意が必要なポイントだ。気をつけよう。
今度行ってまたいたらちょっと考えることとしよう。
[PR]
by paspas | 2008-09-24 20:04 | | Comments(8)

そんなバナナ

巷では『朝バナナダイエット』なるものが流行っているらしい。
朝食をバナナだけにすると、昼食と夕食はいつも通りでも、
それだけで痩せるとか。

ふふん、そうなのか。しかし、そんな言葉には振り回されないぞ。
そもそもそんな楽して減量なんて出来るわけがない。減量とは食餌制限と運動の
組み合わせで初めて成立するものなのだよ。

一方でワタクシ。バナナ自体は結構好きな方でして。

仕方ないからブームに乗せられたフリして買いに行ってやるか、と早速イオンへゴー。

バナナ、…


…売り切れとるがな。


そう、またである。納豆が身体に良いといえば納豆が品切れになり、
寒天ダイエットが流行れば寒天が品切れになり、杜仲茶が良いと聞かされると
これまた品切れになる。この振り回されっぱなしの国民性、なんとかならんのか?
まったく。あんたらのせいでどれだけ東南アジアのナタデココ生産業者が
振り回されたか、覚えてないのか?牛乳を捨てる横でバター不足に陥ってる
北海道の酪農家のことを知らんのか?まあ、最後のは政策的な問題の方が強いが、
とにかくいちいちブームにのっかり過ぎだ。一般のバナナ好きには甚だ迷惑な話である。

試しに平和堂のスーパーも覗いて見たが、やはりバナナの影はどこにもなし。
なぜかドラゴンフルーツは売ってたが。

仕方ないので私はひと昔前に流行ったあんぱんダイエットでもしますわ。
幸い今なら腐るほどあんぱん売ってるしね。

バナナブームよ、さっさと終われ。
[PR]
by paspas | 2008-09-24 02:09 | Comments(6)

プリンはプリン

今日は久しぶりにジムでちゃんと運動をして汗を流そうと心に決めていた。
荷物も運動用と着替え用の服を用意してリュックに詰めて、意気揚々と出社。
どうせ定時に上がれる筈…と、早めにコンタクトも装着して準備万端だったのに、
気がつけばずるずると残業。

いかんいかん。今日こそは運動するのだ。週末のフットサルのためにも。

と、言うことで折れそうになった心をなんとか繋ぎ止めてジムに到着。
最近はロッカールーム内にあるサウナ室にしか行ってなかったので、
運動するエリアに足を踏み入れるのは本当に久しぶりだった。

ジム内は、明日が祝日だからか、すぐ近くの支店を閉鎖した影響で向こうの会員が
こちらに流れ込んできているのか、やたら人だらけ。満足に目当てのトレーニングも
出来ない。仕方ないので延々ステップを踏み続けるマシンをやっていたが、
久々の運動による急激な疲労と、あまりの単調な動きに対する飽きが来て
早めに切り上げた。筋トレコーナーもちょっとだけやったが、こちらも人だらけで
満足に器具が使えず消化不良のまま退散。なんだかなあ。まあ、久しぶりだし
逆に消化不良に思うくらいがブレーキがかかって良いのかもね。

その後、近くのMioに入っている『さんるーむ』という自然食品レストランで、
ヘルシーに有機野菜ロールキャベツと麦とろ飯の定食をオーダー。
ドリンクはオーガニックアイスコーヒー。デザートは黒胡麻プリンだ。


まあ、一日で何が変わるってわけでもないんですけどね。


ていうか、ドリンクだけならまだしも、デザートも食うんかいって感じだが。

ただ、このデザートの黒胡麻プリン、味に関してはなかなかナイスで、
思ったほど胡麻っぽくもなく、何か昔食べたことのある味に似ている気がして
ふと気になった。スイートポテト?いや、違うなあ。なんだろう?

あ。わかった!モロゾフのプリンの味だ!

と、正解を見つけて喜んだのもつかの間。よくよく考えてみると、
いかに自分がアホなことを考えていたかということに気付いた。


…プリンの味が『プリンに似てる』ってどういうことやねん。


これに気付いた時はかなりショックだった。最近頭全体の抜け毛がひどく、
ドライヤーをかけると地肌がやたら目につくのと同じくらいにショック。
どちらも象徴するものは『衰え』だが、特に『プリン=プリン』のケースは、
一度熟考を経て得た回答に無邪気に満足しているという一連のプロセスを終えてから
やっと気付いているというタイムラグの大きさがやるせない。もうちょっと
頭の回転が早い人だと自分のことを思ってたのになあ。ツッコミの筈が知らない間に
ボケ担当になったかのような、笑えない事実。しかも、ツッコミにも苦慮する
天然系のボケっぷり。厄介なもんだ。

ついでに言うとプリンの写真を撮ることさえも忘れているこの衰えっぷり。
我輩も堕ちたものよのう。
[PR]
by paspas | 2008-09-22 22:53 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧