<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

不変の悩み

何だか長い一週間だったなあ、と振り返るつもりが、実はまだ木曜なんだ
ということに気付いて驚愕する。いつの間に一日挟まったのだ?


しかしまあ、あれだ。今年は2月も29日あるし、そういうこともあるだろう。


…いや、全然意味分からんけど。


とにかくあれだ。深く考えても仕方ない。今日が木曜であることは違いないし、
明日はどう転んでも金曜日なのだ。気にするまい。

そう、今はもう少し気になることがある。体重が一向に減らないことだ。

確かに、先日の計測で脂肪は減っていた。筋トレもしているので、筋肉量の増加も
あるのは理解できる。日々の運動単体ではなく、基礎代謝能力を上げないと恒常的な
減量が見込めないのもわかるし、代謝を上げるには時間がかかることも理解している。

でもさ。もうジムに通い始めて2ヶ月が経とうとしてるんですけど。
なんだかんだで週3日ペースで通ってるんですけど。
体重の変動が全くないって、どういうことよ?

やっぱり、努力の対価は目に見える形で実感したいし、実績を残さないと
次の努力に踏み出す足が鈍ってしまう。気持ち的には5キロくらい落ちてても
良いくらいなのに、グラムレベルでも数値の変動が見られないのは悲しい。

前に半断食を続けた時は、2ヶ月で20キロ近く落とした経験をしているだけに、
今回の変動のなさは結構きつい。自称超能力者が、公開実験で透視に失敗している時の
やりきれなさと同じ感覚でつらい。


いや、やっぱり意味不明ですが。


まあ、でも原因は食事制限を全くしてないことにあるんだろうけどね。
5日連続で夜中にカレーを大量に食べ続けてて、「なんで痩せへんのや!!」
と激怒するのもお門違いかと。

そう、今回は食事は我慢したくないのだ。確実に激しくリバウンドするし、
ストレスも溜まるし、やりたくない。が、逆に今は自分にゆるすぎる気もする。
こりゃあちょっと、結果を求めてまた半断食してみるかね?水分はお茶か水、
食事は栄養補助食品、おやつは都こんぶだけという、あのウルトラストイックな世界。
想像しただけで空腹になる。

とりあえず、もう後1ヶ月だけ今のペースで頑張ってみるか。それでも変化がなければ、
その時は特命プロジェクトの発動も検討せざるを得ないかと。
[PR]
by paspas | 2008-02-28 21:29 | Comments(0)

在庫処理

a0019074_23535687.jpg


カレーご飯。いいよねえ。

炊きたてのご飯の上に、昨日のカレーを冷たいままのせて。しかも箸で食べる。
少しずつ混ぜながら食べて行く中で、カレーにも熱が少しずつ移り、口の中で
ご飯と絶妙の絡みがほぐれていく。

サイコーじゃないですか。

でもね。

これ。


4日前のカレーなんだよなあ・・・。


つまり。

本日、カレーを食べ続けて4日目なわけで。

そもそも作った量も膨大だし、以前ほどの食欲もなくなっていることが
計算を狂わせて未だに鍋には大量のカレーが残っている。
今日は優雅に茶碗にカレーをかけて楽しんでいるように見えるが、
単にいい加減飽きてきてこれくらいの量しか食べられなくなっている、という噂もある。

同じ料理は4日も食うもんじゃない。かつて4日連続で一人味噌鍋をやった時に
学んだ教訓の筈だが、全く成長していないということか。

それにしても、こんなちまちま食べて当たり前のように寸胴鍋の中には
まだまだカレーが残っているわけで。明日は5日目カレーとなるわけだが、
このまま食べ続けて身体に異変が現れないかとやや不安である。
[PR]
by paspas | 2008-02-28 00:00 | Comments(6)

傘騒動

a0019074_19134021.jpg

通勤鞄の中身は人それぞれだが、私の場合は仕事用具は少なくて、
だいたいジムの着替え類が容積のほとんどを占めている。
それ以外には折りたたみ傘を常に入れていて、降水確率が0パーセントだろうと、
どこをどう見ても快晴だろうと、これだけは欠かさずに入れている。
逆に、どんなに雨が激しく降っていても、何とかこの折りたたみ傘で
しのぎたい性分なのだ。手荷物は少ないにこしたことはない派。
そんな派閥、あるのかどうか知らんけど。

しかし、そんな常備傘が、今日みたいな土砂降りの日に限って鞄に入っていない。
先日、ジムのロッカーのカギを探していた時に鞄の中身をひっくり返し、
その時に取り出した傘を戻し忘れていたらしい。

まったく、どこまでも人騒がせなカギだ。って、自分か。

朝は家を出た時はまだ降っておらず、会社の最寄駅からは距離も近いし小雨だったので
なんとかなったが、帰る頃にはなかなかの大雨でさすがに傘無しはまずい状況に。
しょうがない、会社の売店で折りたたみ傘を買うか…どうせ500円位の出費だろ…
と思い、売店をチェックしたが、折りたたみタイプがピンクの一色しか見当たらない。
ええーっ。何この性差別?男だって折りたたみたいやん。コンパクトな生き様でも
いいやん。って、まあ別にピンクのを使っても構わないか…いや、やっぱりよくないか。
かわいらし過ぎるやん。そんなんアピールするとこちゃうやん。

ということで、相当悩んだ揚句に結局モスグリーンのロングタイプの傘を購入。
これがまたビッグサイズの70センチ尺!しかも400円!長いわ安いわ、
いろいろ主旨に反していてどうリアクションしたらいいか混乱してしまったが、
とりあえず雨はしのげるのは間違いない。

で、いざ使うとこれがなかなかグッド。日頃折りたたみしか使ってない分、
でかい傘の有り難みが更に身に染みる。これならそうそう雨に濡れることもない。

しかし、時々頭頂部に何かが当たる気配がするのは、まさかの雨漏りなのか、
ただの気のせいか。触っても濡れていないところを見ると気のせいのようだが、
これも400円という破格値がもたらすマインドコントロールの結果なのか。
心理学のテーマとしては面白いかもしれない。

まあそんなことはともかく。たまには長尺傘もいいもんだと貧乏人ならではの
今更な発見をして喜んでいる次第である。杖代わりにもなるし、
ゴルフ練習も出来ちゃうしね。やらないけど。

ゴルフといえば、あっという間に今週末にラウンド予定か。相変わらず練習を
してないので、結局ぶっつけ本番になりそうだ。せめて傘を使って
パターの素振りでもしておくかな。
[PR]
by paspas | 2008-02-26 19:13 | Comments(0)

カギ狂想曲

前回、クリエイティブなお仕事に関する嘆きを並べたら、翌日には新聞の切り抜きと
セミナー聴講で4時間パイプ椅子に座りっぱなしの刑という拷問を受けたので、
これからはあまり文句を言わずに楽しいクリエイティブワークに従事しようと思う。
そう。今日もクリエイティブなコンテンツの批評と差し戻しをしたことだし、
よく分かっていないけど分かった顔して評論家になるか。

やれやれ。

そんなストレスがいよいよ頭痛となって表面化してきたが、そんな痛みも振り切って
ジムへゴー。きっと運動すれば心も晴れるさ。筋トレで持ち上げたウェイトの分だけ、
気持ちは軽くなる筈さ。

・・・って。アタマいてぇ。

今回、はっきりと分かったことがある。筋トレは頭痛を悪化させる。
力む時、思わず息を止めて踏ん張る際に血圧が上がるのか、頭痛がひどくなるのだ。
飲み過ぎて吐く時に頭痛がひどくなるのと同じ感覚だ。

途中まで我慢していたがさすがにちょっと限界が来たので、やむなく中断。
後のバイク&サウナはなんとかこなしたが、正直疲れた。


さて、この日ジムに来たのにはもう一つ目的があったのだが、プライベートロッカーの
再登録である。そもそもプライベートロッカーという発想が気に入らないのだが、
追加料金を払って靴箱程度のサイズのミニロッカーを貰うのだ。
逆に言うと、プライベートロッカーを申し込まないと行く度に運動靴を持ち歩かなくては
ならなくなり、極めて邪魔な荷物になるのだ。そういうところで姑息に稼ぐのは
あまり好ましくはないと思うのだが、こちらとしても背に腹は代えられない。
完全に足元を見られている屈辱の中、私もプライベートロッカーを利用してきた。

しかし、先日このカギをなくしてしまい、新たに作り直して貰う必要があったのだ。

まあ、なくしたのは自分の責任だ。仕方ない。って、え?再登録料2,100円?
どこまでも金を取られる。またまた足元を見られながら、仕方なく支払う。
でも、自分が悪いんだから。落ち着け。また頭痛がひどくなるぞ。

で、単純にスペアのカギを渡されるだけかと思いきや、ちゃんとカギ穴ごと交換
してくれるとのこと。さすがにそこは押さえてるか。カギを誰かがパクっていた場合、
開けられちゃうからね。

ということで、折角なので交換作業を見学。カギ穴をボコッと外し、
新しいカギ穴を差し込む。作業は簡単。さあ、後は新しいカギを貰うだけ。

早くカギくれ。

…カギが抜けない。

イケメンな若いスタッフの兄ちゃんがカギと奮闘しているのをしばらく眺めていたが、
全く進展が見られずしまいには「すみません、後ほどお渡ししますので」
と先延ばしにされてしまった。大丈夫かいな。

ということで、しばらくして「後ほど」になったのでカギを貰ったのだが、
これがまた差してもびくともしないんだなあ。兄ちゃん、何にも直ってないやん。
単にたまたまカギが取れたから、それを渡しただけやん。カギと奮闘する人が
キミから俺に変わっただけやん。

そうしてしばらくカギと格闘していると、確かに何とか開くのだが、
閉めるときもしばらく格闘が必要だし、ロッカーに靴を出し入れするだけで5分位
ロスしてしまう。しかも周りからは「ロッカー破りか?」と疑われかねない。
確かにカギを紛失したのは私だが、ここまで責を追う必要はなかろう。
受け付けで事情を説明し、交換を求める。

ちょうど時間的に来館・退館のピークと重なり、しばらく私も放置される。
待たされ始めた時にはまだやっていた『名探偵コナン』も、エンドロールが
流れ終わった頃にようやくスタッフがやってきた。電車一本乗り過ごしやな。

「あの、ロッカーが開かないんでしょうか…」

はい、それはさっき言いました。

「今日作ったロッカーですよね…」

はい、それもさっき言った。

「前のカギの時は引っ掛かったりしなかったですか…」

しないよ。しないだろ、普通?まさか他のみんなは毎回5分かけて
ロッカー破りしてるのか?

とまあ、この辺の心の声はそっと胸の奥にしまい込んで、なるべく丁寧に
「もう一回代えて頂けませんか?」と笑顔でお願い。もし、「いや、それだと
また追加料金が…」とか言い出したらラウンドハウス・キックをお見舞いするところ
だったが、頭痛のひどさからしてそれは現実的ではなかった。
幸い、次回までにもう一回カギ穴を代えておいてくれるとのことだったので、
期待して待つことにしよう。

ということで、やれやれ感いっぱいで帰宅。結局前のカギがなぜなくなったのか、
どこに行ったのだろうか。あれさえあれば、こんな無駄な金と時間を費やすことは
なかったのになあ。

などと、ウジウジ未練を残しつつも、一向に止まない頭痛を抱えながら帰宅。
とりあえず洗濯物をして、昨日大量に作ったカレーを食べて、歯磨いて寝るか。
洗濯物も何日分か溜め込んでるから、多いな・・・こんな時に・・・


カチャ。


ん?何、今の金属音?

a0019074_2322593.jpg



こ、これってもしかして・・・  Σ( ̄口 ̄;

・・・カギはっけーん・・・・。

すかさずジムに電話。すんません、前のカギ出てきたんすけど・・・
今のカギはどうしたら・・・え、返金してくれるんですか。あ、そーですか・・・

・・・ははは・・・。

・・・じゃ、そうゆうことで・・・。

とまあ、なんだかどっと疲れたわけだが、その原因がほとんど自分にあると思うと、
このストレスを何に八つ当たりしたら良いのかでまたストレスになってしまう始末。
はあ~。ま、返金はしてもらえるみたいだから、いいこともあったさ。
とりあえず寝て忘れるか。
[PR]
by paspas | 2008-02-25 23:05 | Comments(0)

素質の差

a0019074_21235699.jpg

アメリカ村なんていつ以来通っただろう?高校以来だろうか?

そんな久々なアメ村にあるタコ焼き屋でのワンシーン。今日は午後から珍しく外出。
新規業者開拓という名目で、何か面白そうなことをやっているウェブ制作会社を幾つか
行脚して話を聞いて回っていたのだ。

結論。世の中にはいろんなことを考えてる人がいるんだなあ。で、自分より若い連中が
夢を追いかけてガンガンやりたいことをやろうと突っ走ってるんだなあ、と。

以上。

いや、たまに思うわけですよ。ウェブ制作という今の仕事ってどんだけ自分に
不向きなんだよ、って。いわゆるクリエイターマインドが必要な仕事なわけで、
つまりデザインの知識も興味も必要で、そんな中でも更に尖ったコンテンツの創出を
要求されてる現状に対して、いかに自分が対極にいる人間なんだろうって。
知識もなければ興味もない。服だって全部ユニクロでも全然構わないし、
車だって燃費効率が最大の決め手だし、家具なんて機能さえ果たしていれば
安いに越したことはないと思って選んでる。そんな自分が、早くから己の感性を信じて
クリエイター系の道を選んだ人の制作物を見て、善し悪しを語るのはとても気が引ける。

もちろん、私なりの尺度があって、「ズブの素人がこれを見てどう思うか」
という、立場を利用した基準からコメントすることもあるが、斬新なデザイン提案を
二つ並べられてどっちがいいですかと尋ねられたら何も答えようがない。
で、横にいるデザイナー出身の人があれこれコメントしているのを聞いていると、
なるほどなあ、と納得しちゃうのだが、一方でそれに対する反論を聞くと、
それもごもっともだねえ、と簡単に流されてしまう。たまたま部内の年少者だから、
若い人間の感性で新しい業者候補を見てこいと言って今日も送り出して貰えたが、
話を聞いていても感心こそすれ評価をするなどおこがましいにも程があるのだ。

とまあ、日頃からの仕事に対する茫漠たる不安を吐き出したところで。
タコ焼きで一服、という状態。

昨日もとある講演会のテープを見させられたのだが、その中で、一昔前までは
ゼネラリストが求められ、最近まではスペシャリストが求められていたが、
今は全体最適化を考える人材が重要視されている、というような論調があった。
私なんかはむしろ『ザ・ゼネラリスト』的な人間で、企業にとっては二世代前の
人間という位置付けになる。今日も一緒に行っていた先輩と、自分達の『肩書き』って
何になるんだろうなんて他愛のない話をしていたが、私が自分を指して
思い浮かんだのが『球拾い』だった。仕事の八割が雑用系、これといった専任の
担当もなく、上司との面談で「今、いろいろと抱えてる案件がある中で、
私はどの業務に集中することを求められてるんでしょうか」と尋ねても、
「全部やってくれたらええんやで」とサラっと言われてしまうくらいだ。
これを球拾いと言わずして何と言うか。しかも、野球のボールだけではなく、
時にはテニスボールだったり、砲丸の球までも拾っていたりする。

この基礎ワークアウトが足腰を鍛え、将来どこかで爆発的に開花することを
上も期待してくれてのことだろうが、本人はつとめて自分の素質に懐疑的である。
そりゃあ、部門が出来て何も知らなかった二年前に比べれば少しは口を挟めるように
なって来ているけど、元々酒を飲めない人がいくら飲んで鍛えようとしても、
生まれつき持っているアルコール分解酵素の絶対量が少ないために
ほとんど強くなれないのと同じように、デザインに関する感性が元々鈍い私は
いくら鍛えてもクリエイティブ・マインドが花開くとは考えにくいのだ。

そして私は酒に弱い。

アメ村は昔から馴染めない空気を感じていたが、今日もそれは変わっていなかった。
[PR]
by paspas | 2008-02-21 21:23 | Comments(0)

報奨金

a0019074_22512864.jpg

こうしてまたブログを書けているということは、一年以上前のシチューでも
死にはしないということが実証されたということだ。但し、軽くお腹の調子は悪い。
そして、なぜか口の中がずっと苦い。とはいえ、会社にも普通に行けたし、
残っているシチューは有り難く食べ切ってしまおう。

さて、今日はシチューの前にジムである。二ヶ月前に入会した時に入った、
『脂肪燃焼キャンペーン』とやらの最終計測日。食餌制限も全くやらなかったし、
ここ最近は週三回は通っているものの定期的に通えてない等、あまり結果には
期待していなかったのだが、二ヶ月前に比べて脂肪が2.2キロ減ったらしい。
一キロ千円なので、2,200円プラス、ベース代300円で合計2,500円分の商品券を獲得。
ふーん。あらま。よかったじゃないのって、そう。私自身は大して満足感興味はない。
もっとやれる筈だったからだ。やらなかっただけのこと。

しかし、ここでなぜかインストラクターが大興奮。すごい!減ってるじゃないですか!
しかもこんなに?!って、おい。あんたがやれって言ったプログラムを忠実に
やったんだろーが。こんなに驚いてるってことは、自分でも予測してなかったのかよ?
と、詳しく聞くと、今まで彼女が担当した客で二千円以上も獲得した客はこれまで
皆無だったらしく、初めて見る数字に思わずはしゃいでしまったらしい。

「ホント、皆さんむしろ増えてしまう人がほとんどで…たまに、普段は全然来ないで
体重が増えて『全然痩せへんやないか!』って言われることもあるくらいなんですよ~」
と、下手したら泣き出しそうな勢い。分かった、分かったから。落ち着け。

しかし、結局大半のケースはそういうことなのだろう。そして、そういう人はきっと
あっさり辞めていくのだ。だから、必然的にジムに通い続けるのは
既にフィットな人ばかりになっていくのかもしれない。
ならば私はノンフィット代表として頑張ってやろうではないか。
人にこれだけ喜んでもらうと、こちらだって悪い気はしないし。
「単に削りしろがでかかっただけじゃないのぉ?」
という声は無視して。

帰り際、チェックアウトがてら商品券を引き取ろうとしたら、金額を見たカウンターの
人までも「す、すごい頑張ったんですね!」とびっくり満開なリアクション。
あんたらなあ…誰も成し遂げないキャンペーンを組んでるのか?そんなに珍しいのか?
この勢いじゃ、広告物とかに「私はこんなに落としました!」とか書かされそうな
くらいの驚かれっぷりである。

そんな声も無視して。明日からまた通いますか。
[PR]
by paspas | 2008-02-20 22:51 | Comments(2)

期限切れ

a0019074_21475617.jpg

昨日からクリームシチューを作って食べてるのですが。

週末に実家に寄った際、シチュールウの箱を見つけたので、作ったのですが。

明日、燃えるゴミの日ということで箱を潰して捨てようとした時、
ふと賞味期限を見てみると。

2007.1.16

……………。


えーと。或いはこれが最後のブログになるかもしれませんが。
とりあえず、明日出社出来るかどうかが一つの目安ということで(--;)
[PR]
by paspas | 2008-02-19 21:47 | Comments(2)

慶事

日曜の夕方からは元町で結婚式の二次会。

午前のゴルフが急遽中止になったが、予定通り車で迎うことにした。
だって、帰るのめんどくさいんだもん。

しばらく結婚式にも呼ばれていなかったが、久しぶりの参加だったし、
もしかして後輩の結婚式に呼ばれるのは初めてか?違ったらごめんなさいですが。
結婚はしたけど呼ばれてないケースもあるが、全般的には未婚率が高い。
この辺にも晩婚化傾向が実感される。

そういえば今日も社内通達が来ていたのだが、「39歳以下の若手社員向けに発信」
と銘打たれていた。39歳でも若手なのか。と言いつつ、私も31にして未だ部内では
最若手だし、社内的には間違ってはいないのか。なんか、若手芸人と位置付けが
似てるよなあ、と隣の先輩とも話していたのだが、いつまでもひな壇芸人でいるのは
先行きに不安を覚えて仕方ないのも事実。そろそろ深夜枠でいいから冠番組が欲しい。

まあ、そんな例え話はともかく。結婚式の二次会というのはどうにも運営が難しい
ということを今回改めて悟った。披露宴のようなカッチリ感もないし、
まとめる側もプロではない。また、呼ばれている人間も新郎新婦別々だし、
血気盛んな「若手」だし、会社関係から学校関係など、バラバラのグループが
集まってくるので、収拾がつかない場合が多い。出し物も、新郎新婦のなれそめ紹介
とかビンゴゲームとかをやると「ありきたり」って言われるし、
かと言って個性を出し過ぎると誰もついてこなくなる。先日は後者のパターンで、
番号の書いてある小さな写真を一人ずつ渡され、ビンゴゲームのように
その番号が当たった人には景品が渡されていたのだが、前に出た時にその写真について
一言コメントするように求められていた。新郎新婦も写真の内容は知らないし、
他の参列者もどんな写真なのか分からないので当然コメントにも反応しようがない。
しかも、中には新郎の前の職場のビルが写ってるだけの写真があったりして、
会社繋がりではない私の後輩がそれを持たされてる状態だったので、当たってしまったら
何てコメントしたら良いのか非常に窮するものだった。結局当たらなかったから
杞憂に終わったのだが、せめて写真の内容はスクリーンに映し出して公開して欲しいし、
クジをランダムに渡すのではなくて、その関係から繋がるような写真を事前に用意して
各自に配布するなどの根回しがないと、誰ひとり楽しめない出し物になってしまう。
恐らく多忙の中、急ごしらえでヒネリを利かせて作ったものだと思うが、
残念ながらちょっとついていけなかった。

まあ、私もマイミクのどきんちゃんさんの二次会の時にやった渾身の「マジオネア」も
やや内輪オンリーでウケてた感もあったし、何をやっても自分の知らない人達が
やってることには関心が持てない、アウェーな空気があるのも確か。
苦労の割には報いが少ない仕事かもしれない。

とにかく、臨み方は千差万別ながら、みな気持ちは二人の門出を祝福しているのは
間違いないので、是非二人にはこれから幸せな家庭を築いて行って欲しいと思います。

と、きれいにまとめてみる。
[PR]
by paspas | 2008-02-19 19:29 | Comments(0)

まさかの連敗

a0019074_8425582.jpg

先々週、ミスターとのゴルフが降雪でキャンセルになり、去る日曜は別の先輩との
ゴルフも雪で中止になった。兵庫の猪名川グリーンカントリークラブというところで
やる予定だったのだが、前日降った雪がそのまま残り、除雪作業でスタートが
二時間以上遅れることが判明したので、やむなく現地でキャンセルしたのだ。

天候は気にはなっていたが、朝から晴天だったし、ゴルフ場の敷地に入るまでは
ほとんど雪のかけらも見当たらなかったのに、よもやの展開であった。
朝、家を出るときに電話したら確かにスタートが遅れるとは聞かされていたが、
二時間遅れってどういうことよ。ていうか、周りの山々には雪が残ってなかったのに、
それもどういうことよ。まったく。とりあえず、次回は3/2に仕切り直し。
これでまた雪でも降ろうもんなら確実に雪男襲名である。俺はビッグフットじゃないぞ。

さて、ゴルフが不発に終わったものの、ただまっすぐ帰宅するのもあほらしいし、
夕方からは元町で大学の後輩の結婚式二次会があるし、それまでどこかで
時間を潰そうと彼女を呼び出して天王寺へ。

…天王寺が元町に近いのかどうかは微妙だが、自宅よりははるかに近いし、
日ごろの自分の行動範囲内という安心感もある。ちょうど映画館もあるので、
そこで良い時間帯の映画を見ることにした。

本当は『L』が観たかったのだが、放映時間が中途半端で断念。代わりに彼女希望で
『チームバチスタの栄光』を観ることにした。

成功率60パーセントという心臓のバチスタ手術を26回連続で成功させたチームが、
立て続けにまさかの三連敗を起こし、結果に納得出来ない執刀医が調査を求め、
チーム内に潜む殺人犯を捜し出す…という感じのストーリーだ。原作も読んだので
大体の展開は読めていたし、ヒネリがなければ犯人も分かっているので
映画に期待するのは微妙だったが、やはりというか、なんというか、
うーんな感じで終わってしまった。主人公が原作では男だったのが、
映画では竹内結子が演じていたが、別にそれによる付加価値はなかったし、
準主役の阿部寛はキレ者の変人役を好演していたが、それ以上に竹内結子との対比で
「阿部寛、でかっ!」という印象を色濃く残していた。他の配役もイマイチ嵌まらず、
ヒネリもないまま犯人が見つかる割には映画ならではの時間制限でキャラクターの
個性も描き切れていないし、これって原作を読んでない人には理解出来ないんじゃあ…
と思わせるくらい、掘り下げきれていない感があった。まあ、そんなもんと言えば、
そんなもんなんだろうけど。

という訳で、映画館で観た映画は昨年の「愛の流刑地」に続いての連敗である。
次は『L』を観て挽回したいところだ。

その後、若干時間が残っていたので近くの串かつ屋「袋屋」に立ち寄った。
ここは美味しくて有名だが、中途半端な時間帯のおかげで他に客はなし。
初めて入った店で、店内を見渡してもメニューが見つからずよく分からないので、
お任せコースにした。次々と出てくる串。どれもかなり美味い。
そして、何より出てくるタイミングが絶妙。或いは混んでいる時は出来ないのかも
しれないが、二、三本ずつ置いていき、こちらがラスト一本に手を付けた辺りで次の
二、三本が出てくる。さりげなく、注意深く客を見つめているからこそ出来る職人技。
庶民価格で、三ツ星レストランにも引けを取らないサービスだ。
最後、カウンターごしの目の前で玉葱の下ごしらえを始められて強い玉葱臭が
飛んできたのは頂けなかったが、それ以外はパーフェクト。また行こう。

二次会を前にして満腹になるってどうなのよ、という疑問は排除し、いざ元町へ。
続きはまた別の回で。
[PR]
by paspas | 2008-02-19 08:42 | Comments(0)

今日は何の日

a0019074_21401094.jpg

そう、今日はバレンタインデーでした。

不二家の陰謀で始まったこの行事(都市伝説)、おかげでジムでもチョコを戴ける始末。

一応私、減量を目指して通ってるんですけど…。

しかも、チェックインした時にくれるならまだしも(運動前に糖分を摂取して
すばやくエネルギーに換える)、帰り際に渡されてもなあ。科学的なトレーニングを
売りにすべきジムがそんなことじゃあ駄目なんじゃないのぉ?

ま、気持ちは有り難く戴きますが。あんまりこもってなさそうだけど。

そう、いわゆる「義理チョコ」でも、気持ちのこもったものはとても嬉しい。
元々あまり貰う機会もなかった私は基本的に義理チョコ否定派なのだが、
職場とかで繋がっている人から貰うと、広義の「好意」が伝わってきて、
普通に嬉しかったりする。

もちろん、くれない人に対して悪意・敵意・殺意(!)を抱いたりすることもないし、
くれる人とくれない人の扱いを区別するような器用な嫌がらせの気持ちも
特に沸いてこないので、否定派のポジションを崩す気にはなりませんが。

一方、一ヶ月後にはお返しイベントもあるわけで、気持ちのこもった贈り物には
気持ちをこめて何か返したくなる性分なので、否定派の割には今からちょっと
「お返しは何がいいかな~」的なテンションになっている。つまり、不二家の陰謀に
完全に乗せられているわけだ。今更不二家は買わないけど。

でも、ジムにはどうやってお返ししたらいいのかね?別にする気もないけどさ。

しかし、そういえばジムの中ではあんまりバレンタインな雰囲気がなかったなあ。
ピンクやバイオレットのレオタードを着た厚化粧のおばちゃん達が、
人気のインストラクターの兄ちゃんにチョコを渡そうと群がるという
10年前のくだらないドラマのワンシーンを目の当たりに出来る期待もあったのに、
そもそもトレーニングフロアには食べ物の持ち込みは禁止だからか、
そもそも人気のあるインストラクター自体があんまりいないのか、
或いは私から見えている範囲の外でそういう行為がひそかに繰り広げられているのか
(↑妙に卑猥な表現)、とにかく残念ながらそんなドタバタ寸劇を見ることはなかった。

いや、そもそもレオタードなおばちゃんなんて皆無だし。厚化粧はたまにいるけど。

そういえば前にテレビでもやっていたが、韓国にはホワイトデー以外にも
4/14にブラックデー、5/14にイエローデーなるものがあるらしく。
ブラックデーは、その日まで独り者の男女が黒い服を着て集まり、一緒に黒い汁の麺
(ジャージャーメン?)を食べて傷を舐めあう日らしく。
イエローデーは、まだ独りでいる者が集まって黄色い服を着てカレーを食べれば
恋人が見つかる、という日らしい。ううむ。考えが深いのか浅いのかようわからん。
他にもローズデーとかシルバーデーとかいろいろあるらしいが、この辺になってくると
どれだけ浸透しているのかも疑問だ。前述の二つも俄かには信じがたい話であるが。
日本でもカレー屋とかイカスミスパゲティー屋とかが取り入れようと頑張っちゃうかも?
いや、待て。イカスミスパゲティー屋ってなんやねん。ならば、黒豆屋?ひじき屋?
クロマグロ屋?って、もはや食べる箇所は黒くないしな。まあ、どこかが販促目的で
頑張っているとしても不思議ではないが。

個人的に素朴な疑問としてカレーは黄色なのか?と妙なとこがひっかかったりもするが、
しかしこの辺のイベントにも義理とかが付き纏い始めちゃうと、
もはや収拾のつかない一大カオスになるだろう。

やっぱりイベントはチョコまででいいかな。
[PR]
by paspas | 2008-02-14 21:40 | Comments(9)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット