<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

シメのサプライズ

a0019074_2205435.jpg

休暇初日の土曜日は、恒例となった同期たちとの忘年会。

以前は我が家にみんなに来てもらっていたが、一人が結婚して新しいマンションに入った
ことをきっかけにそちらで開催することが慣例となっている。
その家に子供が生まれたこともあり、大体昼間に集まって外食し、それから家に集まって
ゆっくり過ごし、最後に近くの焼肉屋「治平」で一年を締め括るのが最近のパターンだ。

今回も彼女と一緒に参加させて貰ったが、場所はいつも集まるところの同期が
新たに戸建ての新居を構え、更に広々とした新しい香りのする家でのんびりリラックス。
いやあ、いいですねえ。床暖房も完備で。底冷えする我が家とは大違い。

この会合、たにじん氏も参加しており、今回「ルー語かるた」を仕込んで臨んでいた。
「犬もウオークすればスティックに当たる!」とか読み上げるやつだ。
かなり品薄状態らしく、入手するのに結構探し回ったらしい。

しかし、結論から言うとこのかるたが陽の目を見ることはなかった。
そう、それ以上に衝撃的な発表があったのだ。

といっても、言葉にしてしまうと「同期の結婚」ということになるのだが。

ここのところ、何かと「何か面白いこと、ないかねえ」と呟き合っていた中での
爆弾発表。驚きです。めでたいです。三月に式をするとか行ってるくせに、
未だにほとんど準備をしてないらしいので他人事ながらやや不安ですが。
まあなんとかするんでしょう。

一年の終わりをこんなハッピーニュースで締め括ることになるとは、実に珍しい。
逆に来年は早々にめでたい会に参加できそうなので(まだ招待状は来てないが)、
何やらめでたいことが続きそうな予感だ。
[PR]
by paspas | 2007-12-31 02:20 | Comments(0)

仕事納めのエクササイズ

a0019074_0211134.jpg

今日は仕事納めの日。

最終日のくせに、やたら突発事項が連発したが、なんとか時間内に収拾をつけて
一年の仕事を終えた。

今年はどんな一年だったのだろう?いろいろ出来たこともあったし、
出来なかったこともあるし、悔しい思いも嬉しい思いも沢山詰まっていた
ような気がする。それだけに、立ち止まってゆっくり考える時間は
あまりなかったような、そんな慌ただしい一年だったようにも思う。

…などと感傷に浸る余裕もないままに、カラオケ宴会に突入。部のメンバーと、
ではない。そういう会合はない。隣の部の、一緒にフットサルをやっている人
からのお誘いだった。その他のメンバーもみんな隣の部の人達だったので、
一瞬どうしようかと迷ったが、二つ返事で行くことにした。お座敷のお声が
かかるうちが芸妓の華、というのは営業時代の上司の口癖。
そう、声をかけて頂けるのは有り難い限りなのです。

で、行ったのは長居のシダックス。結構巨大な施設で、予約もなしに入れた。
時間的にもまだ他の人は普通の飲み屋で食事中なのかもしれない。
我々は「一次会からシダックス!」というベッキーの宣伝文句に乗せられて
入ったわけだ。早速、飲み物とアテと大皿料理を幾つか頼んで喋りながら待機。

すると、部屋のドアのすりガラスの向こうから、何やら見覚えのある顔が。
取引先の人ではないか。聞けば職場の人達全員で6時から入って騒いでいる
というではないか。しかも偶然、隣接する部屋三つで。なんたる奇遇。お疲れ様です。

で、中でもやり取りの多い、フットサルも一緒にやっている人を引き入れて乾杯。
ちょうどいいタイミングで飲み物もきたし、いいスタートだ。
後は食べ物をつつきながら、まったりカラオケしますかね。

…って、いくら待っても食べ物が来ない。

おかしい。早い人はもうビール一杯目を空けてしまってるのに、アテの枝豆すらこない。
どうなってるんだ?メニューを見たら「スピードメニュー」みたいな欄に枝豆が
書いてあるのに。結局来たのは20分後。何が早いねん。

しかし、これで驚いてはいけない。他の大皿が来たのは、ゆうに一時間以上も後だ。
その間に何杯ドリンクをおかわりした事か。どうなってるんだ、シダックス長居店!!
何も来ないうちから追加注文までしてしまったじゃないか。しかも、追加注文したのが
先に来て、最初に頼んだ鉄板餃子とパスタなんて、結局最後まで来なかったし。
シダックス長居店!!話にならんぞ。店員がドリンクとか持って来る時も
ドアの開け方がやたら乱暴だったし、もうちょっとちゃんとして欲しい。
昨日のスポーツクラブでプールの塗装にキレていたおばちゃんを連れて来たら、
さぞかし怒ったことだろう。世の中我々みたいなナイスガイばかりだと思っていたら
痛い目に遭うぞ。

そう、みんなも食事が来なくてご立腹ながら、立派な大人なのであまり文句も言わず
カラオケを楽しんでいた。普段、仕事でしか関わらない人達が歌う姿を見るのは
なかなか面白い。その人の違う一面というか、その人が隠し持つ、もう一つの本質を
垣間見ることが出来るような気がしてなかなか興味深い。

こういう時に私も何か飛び道具的な持ちネタがあったらいいのに、
そういうのは持ち合わせていない。後、初めて一緒にカラオケするメンバーなので、
周りの選曲ベースを一回見ておきたいということもあり、最初は聞き役に徹した。
一通り聞いた感じでは、なんでもアリっぽかったかな。しかし、当然こういう場だし、
立場的にも出来れば盛り上がり系の曲か。しかも皆私よりやや歳上の人達だったので、
この年齢層に響く選曲をせねば。

などなどと迷ってるうちに「お前早く歌え」的な空気になってしまったので、
やむなくいきなり十八番(?)の「15の夜」を熱唱。尾崎は好き嫌いが分かれる
ところだが、幸い喜んで貰えた。まあ、私が尾崎豊を歌う時は、ちょっと本人が
降臨してきているのか?というくらいへヴィーな勢いで歌うので、
普段、職場で恐らく持たれている、物静かなイメージから掛け離れていて
ウケたものと思われる。(そう、私は職場では物静かなイメージなのです。
変なツッコミを入れないように!特にヤーチャイカ氏)

それからしばらくまた静かにしていたのだが、せっかくなのでエアロスミスでも
披露してみたがこれが裏目。ドン引きに近い空気を作ってしまった。
うーん、難しいねえ。なぜかその後「ビアノマン」を歌わされて、それは感心の拍手を
頂いたが、まあ要するにあんまり周りを気にせず好きに歌えってことだろう。
或いは、ちゃんと飛び道具を仕込んでおくか。

そんないろいろがありながら、終電に間に合うために私は途中退席。
思うように食べられなかった上にアルコールで合間を埋めたので、ちょっと頭が痛い。
シダックス長居店め。

まあ、カリカリしてもしょうがないか。一応電車には間に合ったし、
明日からしばらく休みだし(実感はないが)、心にゆとりを持って行こう。

余談だが、今日のメンバーの一部とずっと「藤崎マークット」で盛り上がってしまった。
カラオケで歌う歌ってやたら「ラララ…」っていう歌詞が多いようで、
その度に「ラララライっ!」と掛け声をかけたり。ビアノマンの時は特にひどかった。

まあ、でもとにかく楽しかったです。
[PR]
by paspas | 2007-12-29 00:21 | Comments(0)

入会騒動

今日は図らずも我が人生の中でエポック・メーキングな一日となった。

元々勧誘を受けていたスポーツクラブを覗きに行ったのだが、年末のキャンペーンが
どうたらこうたらで今申込んだらお得だからなんだかんだで、そのまま勢いで
入会してしまった。まあ、最初からある程度興味があったからこそ覗きに行ったわけで、
今日じゃなくてもいずれ入会する気ではいたので、予定通りに背中を押して貰いに
行ったようなもんだ。

で、最初に説明についてくれた子が結構感じが良くて、質問には
きちんと答えてくれるし、無理な勧誘もしないし、必要以上に馴れ馴れしくもない。
若さ故の若干の甘さは感じられたが、それは年齢と経験によるものなので、
決して悪いことではない。

最初に施設内を見学させて貰ったのだが、印象としては思ったより狭く、
そして人が多かった。引きこもり気質の私からすればこの時点で相当なマイナス要因
だったのだが、まあ仕方あるまい。次のレッスンに備えて並ぶ気合い十分の
他の客の横をスーツ姿ですれ違う瞬間などは「俺、何しにここに来たんだ?」と
転校初日の小学生みたいな居心地の悪さを感じたが、腹を括ることにしたのだ。

で、一通りの施設の案内を受けて受付カウンターに戻り、じゃあ入会しますかね
ってなタイミングとシンクロして、何やら背後が騒がしい。大阪丸だしなおばちゃんが、
ロビースペースに響き渡る声で「マスターは?マスターはおらんのんか」
と喚いている。おいおい、利用規約には酒気帯びでの入場は禁止って書いてあるぞ…
と思っていたが、おばちゃんはシラフだったらしい。それどころかプールで
ひとしきり泳いだ後っぽかった。さっき説明を受けたことを振り返ると、
確かプールはしばらく改装していたのがやっと終わって今日から再開したとか。
「すごいキレイにペンキも塗り直したんで、楽しみに来られた方も多いんですよ~」
とは先程の案内者の談。しかし、このおばちゃんが叫んでることを聞いていると、
どうもその塗装が気に入らないらしい。聞いていると、というより、
嫌でも勝手に聞こえてくるので仕方ないのだが。曰く、「泥の中かイカスミにまみれて
泳いでるみたいや!」だそうで、それはそれで興味深いシチュエーションだが、
「なんでお金払ってストレス感じながら泳がなあかんの!」と言うのは、
まあ確かにその通りだ。さっき明るい顔で新装開店のプールについて語っていた子も、
バツの悪そうな顔をして反応すべきかどうか迷っている感じ。
まあ、君は悪くないけどね。でも、せっかくこっちでプールを褒めて勧誘してるのに、
タイミング的には最悪だよね。

で、おばちゃんの目的は「こんなキタナイ塗装のプールで泳ぐくらいなら
怒りをぶちまけて退会してやる!」ということにあったらしく、「金返せ」とか
「塗り直せ」という無茶な要求をしに食ってかかっていたわけではなさそうだった。
単に品が無いだけ。意図的に周りに聞こえるようにやってるんだろうが。

で、おばちゃんは退会手続きをするためにカウンターで私の隣に座ったのだが、
ここでも応対した店員に大声で愚痴っているものの、隣で明らかに入会手続きを
しようとしている私に向かって「やめときな!」とか吹き込もうとしたりは
しなかったので、クレーマーとしてはかなりマシな部類だろう。
しかも辞めてくれるってことは、これ以上この人のクレームを聞く必要がなくなったって
ことだから、クラブ側にとってもラッキー。私にとっても、同じ時間帯の利用者が
一人減るのでラッキー。みんなハッピーではないか。
しかも、入会当日に退会方法を間近で見られるとはこれまたラッキーなことだ。
まあ、私なら文句があって辞める時は、ロビーで騒ぐよりも風説の流布を図って
道連れを大挙して去っていくという奥ゆかしい手段を取ると思うが。

とにかく、気を取り直して入会手続きを進めよう。と、ここで今までついてた子が
「すいません、今からプールの担当に入らないといけないんで説明替わりますね」
と気まずそうに交代。よりによってここでまた「プール」というキーワードを発しないと
いけないとは、あなたの今日の運勢は間違いなく星座も血液型も最下位ですよ。
まあ、あのおばちゃんがもういないだけラッキーだと思って頑張ってね。

さて、ここから説明を交代したのだが、新しい子がまた興味深い人物だったわけで。
既に私もこの時点では入会の意思を表明して書類を書き始めていたので、
クラブ側も安心してバイトの子を付けたようだ。なんか説明が粗い。
最初はあまり気にしていなかったが、「引き落とし口座」のところで銀行認印の
押印欄があったのに、「あ、そこサインでいいですから」って言われて
「ほんまかいな?!」と思わず顔を上げてしまった。宅配便じゃないんだから…
まあ、でもそういうならサインするぞ。

そこからその子の言動に注目していると、なかなか雑で面白い。例えば、説明箇所が
見つからない。「引き落とし名義は…えー…」しばらく探しても見つからず
「…あ、じゃあここいいんで飛ばします」って飛ばすんかい!いいんかい!
他にもクラブからの情報郵便を希望するか、という箇所で「こんなの送って来られても
困りますよね」って、じゃあ最初から聞くなよ。面白いわあ。
揚句に次回の訪問日程を確認された時、ケータイでカレンダーを見ようと
胸ポケットから取り出したら、「わあ、それテレビ見られるやつですか?!めっちゃいいですねぇ」と
その子個人の関心事に話題が移り、気がついたら「来年就職活動するんですけど、
絶対大変ですよね」とかなぜか人生相談に発展。しかも「夢はでっかく
キャビンアテンダントです」とか言いながら「お仕事は人事じゃないんですか?」
となぜかメーカー業と知ってて私にアプローチ。最近の若いモンの話についていけない
この喪失感は、確か最近社内でも味わったような。
しかし、私も途中から「観察対象」として興味深くその子を見ていたので
気分を害したわけではないが、さっきのおばちゃんの相手にこの子をあてがっていたら
結構な修羅場になっていたことだろう。或いはクレーマーおばちゃんすら超越するかも。
その辺のリスクはマニュアルがあるのかちゃんと回避しているらしく、
基本的に異性が応対し、相手のスペックに合わせた権限者が出てくるみたいだ。

などなど、関係ないところでも興味深い経験をしてついに入会手続き完了。
明日からいつでもワークアウトして結構です。実際には来年から始動予定ですが。

と、「やっちゃったかなぁ」な気分半分で出て来たが、外を歩いてしばらくすると
ケータイが鳴った。見覚えのない番号。多分、さっきのオッパッピーだな…
と思い、電話に出ると予想通り。

「あの~、さっきサインして貰った引き落とし口座のところなんですけど、
認印が必要なんで次回持って来て下さい」ってほら、やっぱりそうじゃないか。
宅配便じゃないんだから!!(二回目)後、「今日お渡しするはずだった割引券を
渡し忘れたので、次回引き取りをお願いします」ってこら。仕事忘れすぎ。

なんだかいろいろあってぐったり疲れたが、本当のワークアウトはこれからだ。
せいぜい乗っかってみますか。
[PR]
by paspas | 2007-12-27 22:07 | Comments(3)

ミクリンクの危機

これまでも何度か触れて来たが、今の私の仕事はウェブにどっぷり浸かった内容だ。
おかげで他の一般社員だとアクセス規制がかかるサイトでも閲覧出来る。
上司に後日報告されるが、ホームページを研究したり、ウェブ上の情報を
かき集めるのが仕事なので、正直何を見ていても仕事にはなる。

いや、実際仕事の延長線上で見てますけどね、一応。

とにかく、スポーツニュースのサイトを見ていても「バナーの出稿状況研究」になるし、
ミクシイを見ていても「CGM研究」になる。最近は特に、ミクシイを見る機会が多い。

これが実は困りもので。

最近のウェブ事情を研究するのは当然、部員全員に求められており、
今日ふいに課長に呼び止められたのだ。

「ミクシイに招待してくれる?」

おお、ついに来たか。ひそかに最近ずっと懸念していた一言。

いや、別に課長とマイミクになること自体にはさほど抵抗はない。
なんなら喜んで「噂のマッコリ課長です。」って紹介文を書いても良いくらいだ。
問題なのは、ミクシイからリンクさせているこのブログを見られることだ。
課長自体を非難する記述をした記憶はないが、本人にとっては気に障る書き方を
していたり(マッコリ課長とか…インテリヤクザとか…)、私の仕事に対する
テンションの低さを見られたり(まあ、今でもわかっていると思うが…)、
その他諸々の我が毒舌が及ぼす悪影響が結構不安になった。
一応、会社では「さわやか好青年」のイメージ作りに腐心してますので、はい。

とにかく、このまま見せるのはまずい。どうする。ミクシイからのリンクを切るか。
いや、しかしなあ…と、悩んでいたら隣の先輩に助け舟を出して貰って、
先輩のアカウントから課長を招待することにした。ちなみにミクシイ内で私と先輩は
リンクしていないのでセーフ。ていうか、IDすら知らなかったし。
更に言うと私が知ってるだけでもうちの部には後二人ミクシイユーザーがいるが、
全員誰とも繋がっていない状況。みんなどんだけ警戒してんねん。

とにかくまあ、今回はこうして危機は回避出来たが、いずれまた追い詰められることは
容易に考えられる。早急に対策が必要だが、思いつくのはやはりミクシイからの
リンクを切るか、新たにミクシイのIDを取得するかしかない。こんなことなら会社でも
毒キャラ全開で行くべきだったか?難しい局面だ。

ということでミクシイから来ている皆様、突然リンクがなくなっても驚かないで下さい。
[PR]
by paspas | 2007-12-26 19:54 | Comments(3)

願い事

ふと立ち止まって空を見上げる

いつもは余裕のない日々で

今日だけ特別だと浮かれている

理由も根拠も同じくらい薄っぺらいけど

それでも笑顔になれるなら

メリークリスマスも悪くないかも


人にやさしくなるためには まず

自分にやさしくならないといけないってこと

誰も教えてくれなかったけど

今日と言う日が手伝ってくれるなら それもまた悪くないかも


立ち止まってまた空を見上げる

冷たい風が心地良く感じる

今日だけかもしれないけど 今日から始まるって信じてみる

白く吐いた息を風に乗せて この想いと共に運ばれることを願う
[PR]
by paspas | 2007-12-25 22:43 | Comments(0)

クリスマスキヤキ

a0019074_19305113.jpg

月曜のクリスマスイブ、昼にすき焼きを食べに行った。

昼に?すき焼き?なんで?と言われそうだが、まあ穴場を狙ったというか。
それでもちゃんとしたすき焼き屋ですよ、もちろん。何たってあの「福寿館」である。

この名前を見て「おぉー」と思ったあなた。あなたは相当な肉バカか、
或いは単なる奈良県民だ。

奈良のブランド肉であるはいばら肉を専門に取り扱う格式高いこの店では、
個室を用意してくれるのはもちろん、ちゃんと仲居さん的な人が付いて
鍋を作ってくれる。

まず、最初に肉とネギだけを焼く。一人前三切れの肉のうちの一つが早速ここで
焼かれるので、この時点では「おいおい~、足りるのかい?おかわりしちゃうよ~」
などとほくそ笑んでしまうことだろう。まあ、結果的にそうはならないのだが。
とにかく、肉を焼く。まず、牛脂を鍋に引き、それから砂糖をぱらぱらと撒き入れる。
ちなみに砂糖を用いるのは関西スタイルらしいが、この味しか知らない私には
砂糖のないすき焼きなどすき焼きと呼べないのではないかと疑ってしまう。
それはさておき。砂糖の上に肉を敷き、醤油を一垂らし。後はネギを投入して
肉の味が染み込むように混ぜながら焼き、まずは一口目が完成。

まずは一切れ、だがこの一切れが巨大で結構肉厚なので、更に取り皿の中で切り分ける。
柔らかいはいばら肉は箸でも楽に切れる。後はネギを包んで食べるだけ。

ううーん。ジューシー!あまーい!やわらかーい!何と言うゴージャスで幸福な気分。

これはもう、お口の中がお肉のクリスマスパーティーや~!

…と、某人が言ったとか言わないとか。

いや、言ってませんね。はい。

とにかく、うまいことには間違いない。身体がゆっくりのけぞっていくようなうまさ。

その間に仲居さんは残りのすき焼きを作ってくれる。しらたき、白菜、豆腐、椎茸、
人参、玉葱、肉などを盛り入れ、最後に割り下を投入。ここからは卵を割って
スタンダードなすき焼きスタイルに変更。なんて贅沢なんだ。

で、仲居さんはここで退席し、白米と赤出しを運んでまた席を外す。
個室でゆっくりと気兼ねなく味わう至高の逸品。野菜にも味が染み込んでおいしい。
肉も三切れ目に入ると、脂がドカンと胃に溜まって来て幸福な満腹感を与えてくれる。
腹八分目だが、これ以上は食べられない、そんな感覚だ。

最後にフルーツのデザートが付いて、竹コース5000円也。しかし、非常にお値打ちの
5000円です。場所代だけでやたら高い街中の居酒屋を考えたらむしろお得なほどだ。

たまにはこんな本当の味を楽しむのもいいもので。メリークリスマス。
[PR]
by paspas | 2007-12-25 19:30 | | Comments(2)

鍋と沖縄

a0019074_3332929.jpg

土曜はたにじん氏繋がりのメンバーと四人でテニス&鍋。

の、筈だったが当日は生憎の大雨。ということでテニスは断念し、鍋のみに。
久しぶりに我がアガシばりのスーパーショットのオンパレードを披露する
チャンスだったのに、残念だ。

とりあえず、改めて鍋に集中するということで仕切り直し。味はもともと要望があった
坦々ごま鍋に決定。

しかしこのメンバー、思えば不思議な集まりだ。もともと全員と繋がっていたのは
たにじん一人。彼から見て一人は中学の同級生、一人は大学のサークルの後輩、
そして一人は会社の同期。当然、他三名の間に以前の接点は何もない。
それでも、何回か一緒にテニスをしてきたことでこうして鍋を囲めるまでになるとは
実にスバラシイ。繋がりって大事です。いやほんとに。

ちなみにメンバーの一人が婚約されたとのことで鍋会もお祝い会を兼ねることに。
私もふと閃いて、ル・パティシエ・ヤマダのケーキを用意。ヤマダのケーキに外れなし。
今回も概ね好評で、用意してよかった。

で、結婚を決めるに至る話なんぞを肴に盛り上がった訳で、いろいろ聞かせて貰った。
相手は沖縄の人らしく、写真も見せて貰ったが爽やか好青年といった感じ。
個人的な印象では、オレンジレンジのボーカルと、川崎フロンターレの我那覇を
マイルドミックスしたみたいなイメージ。後からテレビ電話で本人のお披露目もあり、
簡単に挨拶を交わした程度だが、遠距離にいる自分の大事な結婚相手と馴れ馴れしく
鍋を囲っている初対面の胡散臭い連中である我々(失礼)に対してもとても爽やかに
挨拶してくれて、好感度更にアップ。やっぱり沖縄っていいよねえ、
などと勝手なイメージが守られたことがまた嬉しかったり。

とにかく、ステキな方との巡り合いがあったみたいでおめでたい限りです。
これで私にもついに沖縄の知り合いが出来るわけで、何かあったら
本気で押しかけようかと検討している次第で。その辺の遠慮というものは
いい意味でどこかに置き去りにしてきた生き様なもので。

と、そんなサプライズ・イベントもありながら盛り上がった鍋の会。
このメンバーは笑いのハードルも低いし、とてもやりやすい集まりだったのだが、
一人が離れてしまうのでなかなかまた集まる機会がなさそうで残念だ。
しかし、「沖縄支部」の開設が期待できるので、先の展開がまた楽しみである。
最後にテニスが出来なかったのが心残りだが、これも将来の再会まで
とっておくということで。

出会いの先に訪れる別れ、そしてまた新たに生まれる出会い。こんな繰り返しを経て
私の世界はまた一つ広がっていき、新しい自分を見つけることが出来る。

旅立つ者に祝福を。
[PR]
by paspas | 2007-12-25 03:33 | Comments(4)

今日の気分

a0019074_048357.jpg

今日は会社の先輩二人、ミッチーとスーミン(勝手に命名)と夕食会。

普段から何かと気にかけて貰っているが、先日の渡米不合格を受けて
わざわざ激励会を開いてくれたのだ。

クリスマス連休前の金曜日、予約もなかったので何軒か探したが、
ようやく空いていたのがキハチ・イタリアン。

えー、恥ずかしながら初キハチです。

高いだけあって料理はおいしいし、店も落ち着いた雰囲気でゆっくり出来た。
おかげで19時に入って閉店の23時過ぎまでずっとあれこれ話ながら過ごした。
ゆっくりし過ぎ?かもしれないが、まあそれだけ盛り上がったということで。

それにしても改めて今日の飲み会の主旨を考えると、そうか、私の激励会か。
幸か不幸か、落胆の感情も何日か分の睡眠を経ることによってかなり払拭(忘却)
したようで、今となっては「ああ、行けなくて残念でしたなあ」てな具合である。
いや、勿論行きたかったのはやまやまですが。いわゆる処世術ってやつですか。

たまに嫌なことがあった時、おもいっきり飲んで暴れて発散してみたい願望もあるが、
原子力並の高効率アルコール循環度を誇る私の体質を考えれば、おもいっきり飲んだら
激しい頭痛でのたうち回って、発散するのは胃の中身だけ、というオチが付きそうだ。
これほど不幸なことはない。君子危うきに近寄らず。ちなみに今日は4時間かけて
スパークリングワイン一杯を飲み干す手前くらいまでの飲酒量。ややふらつく。
この高効率性、なぜ脂肪燃焼効率に反映されないのか。DNAを恨むべきなのか。

まあ、そんなモヤモヤは勝手に思っておけばいい話なわけで。
幸い、ミッチーもスーミンも私がむやみに引きずっているわけではないことを
すかさず理解してくれて、いつも通りのよもやま話で盛り上がったのでよかった。
たまに空気を読もうとしすぎて、落ち込んでないのに無理矢理励まそうと
あれこれ言ってくる人がいるが、無理に思い出すように仕向けられても
かえって落ち込んだりするので、今日みたいな「ケ」の雰囲気は非常に有り難かった。

あ、ちなみに空気を読もうとしすぎてあれこれ言う人って、多分自分自身のことですが。

この辺も難しいけどねえ。おもいっきり気にかけて欲しい時と、別にそんなことは
きれいさっぱり忘れて普段通りでいたい時と、自分の中でも分岐点がはっきりしない。
頭の上に「今日の気分」っていう旗が立ってたら、それを目安に接することが
出来るから楽だろうに。

とはいえ、それだと相手の気持ちを推し量る妙というプロセスがなくなってしまうので、
それはそれで味気ない世界でつまらないかも。

結局今のままでいいってことか。後は周りに集まる人間も、自然と淘汰されるのかも。
[PR]
by paspas | 2007-12-22 00:48 | Comments(2)

レトロブーム

a0019074_23353435.jpg

今冬の大ヒット商品といえば、やっぱりこれだろう。

我が家もハロゲンヒーター一本に頼っていた暖房環境を見直し、ついに導入を決定した。
石油ファンヒーターもあることはあるのだが、給油が面倒だし、手が汚れるし、
最近灯油がめちゃくちゃ高いし、換気も面倒だし、ここ数年出番がない。

というわけで、いざ使用。これがなかなかナイス。
ピンポイントで足元を暖めるのに絶大な効果を発揮する。絶大すぎて、
寝ようとする頃には熱くてどこかへ足蹴にしているが、夜中にトイレに起きて
二度寝する時にもまだまだ保温効果を持続しているので、早速重宝している。

ある意味では原点回帰というか、極めてトラディショナルな暖房器具だが、
なんだかんだでこういうものが一番使い勝手が良かったりする。
と、電気メーカーに勤務する人間が吐いてはいけないセリフかもしれないが、
事実便利だし、安全だし、経済的だし、だからこそ今も売れているのだろう。

正直、この辺の冬の寒さなんていっぱい重ね着したら簡単に凌げる筈なのだ。
みんながみんな、そうやってやり過ごしたら電力消費量も相当セーブ出来るし、
石油燃料消費もカット出来るし、二酸化炭素排出量も削減出来る。
世界が平和になること間違いなしだ。

でもねえ。そういう訳にもいかないのが現代社会に生きる人間の罪深き代償なわけで。
その辺をあまり「地球にやさしく」とか謳いだすと、偽善的に聞こえてくるわけで。
大体、地球にやさしいってのは何が基準のやさしさ?などと因縁をつけたくなるわけで。
そこまで湯たんぽ一つで語れるとも思わないのですが。

ともかく、何の話だっけ?ああ。湯たんぽ。マイブームです。オススメです。
皆さんもよければ是非どうぞ。
[PR]
by paspas | 2007-12-20 23:35 | Comments(2)

犯人捜し

a0019074_19543039.jpg

しばらくダウンしていたせいで久しぶりの更新となってしまった。

そもそも金曜に部の忘年会があり、ある意味これが根源だったのかもしれない。

場所はいつもの「白雲台」。いや、部の公式な飲み会で行くのは発足会以来二回目か。
相変わらず、ナムルやらキムチやらチヂミやらチャプチェやらが並び、海鮮鍋があり、
シメに焼肉が盛られてくるというミラクルなコースを満喫。ただ、パターン認識を
したせいか、最初の驚愕時に比べて余裕で平らげた。ペース配分を覚えると強いらしい。
先々週のフットサルしかり。車の運転でも、往き道より帰り道の方が早く感じるのと
同じ原理だろう。

ただ、本来ならばこの日はカレーを食べる筈だった。月曜に作ったカレー、そして
炊飯器に放置したままの変色しつつあるご飯。多分、「食える」限界だった筈だ。
まあ、なんなら帰って今流行りの「シメのカレー」に食うか?という気概もあったが、
さすがに白雲台もそこまでヤワではなく、後からどんどん満腹感が増大。
加えて、一年以上ぶりに口にしたマッコリが見事に酔いとなって我が四肢を駆け巡り、
結局そのままダウン。

気付けば土曜。久々に用事が入っていない週末でもあり、起きたのはもう昼過ぎ。
そして最初に手掛けたのは、勿論カレーの消化である。火を通して熱いうちに喰らう。
微妙な味の危険シグナルも感じないように、熱いうちにスピード食い。
ギャル曽根もびっくり。しないだろうけど。

で、カレーを食べ切った満足感じのまま一日を終えようかとしていたら、
同期から予定外のお誘いが入り、奈良市内の「雷来」という飲み屋で
日付が変わる寸前まで過ごすことに。何の話をしたかイマイチ記憶にないが、
多分他愛のない話だ。覚えていないのだから間違いない。

思えばこの辺の行動に無理があったらしい。

翌日曜、何となく過ごした辺りから様子がおかしくなっていった。

最初は特に気にしていなかったのだが、どうも身体の芯から寒い。軽くふらつく。
こりゃあいつものブルーマンデー症候群か?まあ、それならそれでもいいさ。
業務状況を頭の中で計算する余裕がありながら、眠りにつく前には休む気優勢でいた。

月曜の朝。あかん。あかんぞ。これは無理。全く起き上がる気力がない。
すかさず上司に連絡。返信が来た着メロは確認したが、ケータイを見る元気もなく
そのまま意識はフライ・アウェイ。

それからふと気がつくと、もう夜中の九時半ではないか。一体何時間寝ていたのだ?
そして強烈な頭痛。なんなんだ、一体。症状が悪化しているではないか。

それにしても、このままでは治らない。何か食べ物を口にしないと。
ただ、家には何もないので買ってこないといけない。と、この時脳裡に浮かんだのは
何故かマクドナルドかピザの二択だった。理由?そんなの分からない。
多分、普段の行動パターンからくる連想だったのだろう。とにかく、どちらかしかない。
しかし、メガマックを口にする元気はない。(この時点で何故か「メガマック」という
選択肢にすり替え)となると、ピザしかない。(何故?さあ)ピザの宅配なんか
完全に対象外の地域なので、取りに行くしかないのに。さあ、どうする。
時計を見ると、もう十時半。ピザ屋は11時で閉店だ。もう、こうなったら仕方ない。
見切り発車だが急いで注文の電話を入れて、無理矢理出発。

車を運転して数分で失敗に気付いた。目眩がひどい。気持ち悪い。
自分の運転に自分が酔うなんて、ただごとではない。しかし、注文したからには
行かねばなるまい。プッシュだ。行ける筈。ピザが待ってるんだぞ。

22時50分、ピザ屋到着。無事ピザ受領。ついでにコーラも購入。ピザにはコーラだ。

いつもならこれでテンションアップなのに、むしろチーズの臭いで一気に吐きそう。
生まれて初めて、ピザを横に置きながらニオイを逃がすために車の窓を全開にした。
ピザに対して何たる無礼。我ながら厳罰に価する行為。

しかし、当時の私には完全に死活問題だった。目眩と吐き気で手足が痺れ出すという
緊急事態。このまま運転しながら意識を失うかもしれない。ピザと共にどこかの
ガードレールにクラッシュしている自分の奇特な姿を想像する余裕もなく、
意識が飛ばないように、吐かないようにひたすら「あー、あーっ」と喚き散らしながら
運転していた自分を辛うじて記憶している。

で、こうしてブログを書いているので何とか家までたどり着いたのだが、
正直あまり記憶にはない。ただ、帰ってからも全く食欲は湧かず、
買ったピザを放置するという私にとっては異常事態のまま就寝。

火曜の朝、ダメだ。起き上がれない。結局前日は食べていないのに吐いたし、
今日も無理をする気はさらさらない。休む。みんなさようなら。起こさないで下さい。

とはいえ、さすがに連日長時間睡眠も出来ず、なんだかんだで昼過ぎには起床。
コーラを飲む。おお、コーラいいねえ。やや復活。やっぱりコーラはいい。
で、久々の食事に冷えたピザ。なんかそんな名ゼリフ、あったような。
いや、私はレンジで再過熱しましたが。ちゃんとうまい。さすがピザだ。

こうしてなんとか活動出来るまで回復したが、ちょうどその時先輩から見舞いメールが
来たのだ。

「大丈夫ですか?みんなカレーのせいじゃないかと言っています。」

おお、そうか。実はこの時初めて、カレーを疑ったのである。みんなには金曜の
飲み会の最中、ずっと「今日は月曜に作ったカレーを食べなあかんのですって!」
と言い続けていたのだが、それがこうして跳ね返ってくるとは。

結局真実は闇の中だが、なんとか今日から社会復帰を果たした私。
とりあえずカレーはしばらく要らない、と言いつつ直後の買い出しで手にした
大量のレトルトカレーに我ながら驚愕。全くもって学ぼうとしないというか、
無頓着というか、カレー好きというか、いやいや。もうちょっと真面目に自分の
行動を疑うようにならねば、ピザまみれの大惨事では済まないかもしれない。
[PR]
by paspas | 2007-12-19 19:54 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧