<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

シアターNEC

NECのコーポレートブランドサイト?

http://www2.nec.co.jp/theatre/ja/

まあ、なんというか今までNECに対して持っていたイメージとはまるっきり違うような。
しかし、相当コストと時間をかけて作っているサイトであるのは良く分かるし、
これだけ吹っ切れたものを作るのも面白いかなあと感心。

ただ、なぜかこんなに力作なのに、さほど世間では騒がれていない?!
どころか、NECのホームページ内でも半分抹殺されているような印象すら
受けるのですが。誰かのチカラが働いたのか、なんとももったいない話である。

しかし、シアターNECといい、Vodafone Journeyといい、
ちょっとしたミニムービーといえるくらいのクオリティの高いウェブサイトを
このところ良く見かけるようになってきて、これからこういうのも一つの
ウェブサイトの潮流になっていくのかなあと思ったりする。

などと、たまには真面目なネタで終始してみた。
[PR]
by paspas | 2007-05-29 23:39 | Comments(0)

人の死に様に物申すのもどうかと思いますが

今日は二人の死が大きく報道された。そのうちの、大臣の方。
既に様々な意見が繰り広げられているようだが、見たところ批判的なコメントが
多いように感じる。

当然だと思う。

安直な言い方をすれば、疑惑の渦中にある大臣として説明責任を
果たさずに「死」をもってそこからいなくなるのは「逃げ」でしかない。

そう、安直にして明快。

言っちゃあなんだが、私だって死については何度か考察を重ねてきた人間だ。
その結果、死を選択することは簡単で、死を実行するのは勇気がいることだと知った。
しかし、死を選ぶより簡単で、死を実行するより勇気がいるのは生き続ける
ことだとも知った。

親や兄弟、友人、仕事仲間、いろんな人に囲まれ、励まされ、見守られ、
期待されていることを、自ら命を断つことで全てを裏切ることの無責任さ。
残された者たちは、或いは自分を責め、或いは心の一部を奪われて、
一生重荷を抱えて答えのない問いかけをし続けることになる。

自殺を完全悪だと言うつもりはないが、大体において何のメリットも生まれない。
責任も果たせない。私はいろいろ考えた結果、自殺という選択肢は極めて
消極的な、他に行き場所が全くない、継続することにプラスが生まれない、
そんな時にだけ、自分を逃がす為にのみ行使するものだと考えるようになった。
それだけに、今回の一件は「それはやっちゃダメだよ」と言いたくなる。
死者に鞭打つのは本意ではないが、あまりに頂けない。

先ほどニュースを見ていたら、某都知事さんが「彼も侍だったということだ」とか
全く意味の分からないことをほざいていたが、私が描く侍の像とあのおっちゃんの
描く侍の像は全然違うものらしい。百歩譲って命を断った彼に侍を感じる
ことがあるとすれば、今現在の疑惑の全てに関する回答を自分の口から説明し、
無実であるならばエビデンスを提示し、名を汚されたことに対する抗議の意味で
自害するか、有罪であるならば、全ての罪を認めたうえで、自ら責任を命に代えて
果てるか。ただ、こういっちゃなんだが、いずれにしても命を懸けるほどの問題でも
ないだろっていうのが本音のところである。

人生の最後、やり残したことがあったとしても、それなりに頑張ったんじゃないかな
って自分に納得出来るような最期を迎えたいものだ。
[PR]
by paspas | 2007-05-29 00:21 | Comments(1)

悪ふざけにダブルツッコミ

a0019074_22245617.jpg

先日、たにじん氏と久々に外食。

場所は奈良の西ノ京近く。店名は失念したが、パチンコ屋があった跡地にできた、
外観も小洒落た雰囲気の居酒屋。以前からたにじん氏が目を付けていたようだが、
飛び込みでいくにはリスクが高いとのことで温めていたらしい。

まず、店に入るといきなりジャズが頭上からふりかかる。
うーん、ジャズはあんまり好きじゃないのだが。
しかし、雰囲気作りに腐心している努力は買おう。入り口すぐに靴箱があり、
一瞬スーパー銭湯を彷彿とさせるが、木箱の鍵を預かってくれるなど
なかなかサービスがいい。ちょっと上質な居酒屋テイストを醸し出していたのて、
何かに使えそうな雰囲気はある。

で、掘ごたつ風のテーブルに着くと「担当」を名乗る女性から発注システムの説得を
受ける。要するに、注文は紙にメニュー番号を書いて、呼び出しボタンで店員を呼んで
渡してくれという主旨であった。このシステム、なかなか良いと思う。
注文する客はゆっくりメニューを吟味できるし、店側も注文を聞く時間が
カット出来るし、呼出しボタンがあるので店員を探して大声で呼び付けなくていいのだ。

というわけで、インフラ面は合格。しかし、飲食店の決め手は当然料理だ。
こういう店の料理のポイントは主にコスト(パフォーマンス含む)、オリジナリティ、
そしてもちろん味だ。

まず、メニューを見渡すかぎり、単価は結構リーズナブルな設定。期待半分、不安半分。
そして独創性溢れるメニューもいくつか発見。もしかしてヒットか?!
はやる気持ちを抑え、一旦ドリンクを注文。その間にいろいろ吟味して注文を書く。
ドリンクが来たら渡すことにしよう。

…。………。

…ドリンクが来ない。

もう、この時点で今までの期待値とかは帳消しだ。

さて、ようやくドリンクが届き、ほどなくして食事が到着。エビマヨ、うむうまい。
海老しんじょうの湯葉巻き、んん?まあ、なんというか。

段々雲行きが怪しくなってきたところで、来ました。この日のハイライトとなった、
カルボナーラUDON。メニュー通りの記載。

いやあ、これが酷いのなんの。

うどんの澱粉が悪いのか、もったりべったりしててとにかく気持ち悪い。
普通、店で出す前に味見して落とすだろ?これ、独りモンの男が悪ふざけで「創作料理」
とか言いながら作り、「うわっ、やっちゃったなーこれ」てな感じで苦笑いする類の
シロモノだ。金を貰っても食いたくない。

とまあ、ツッコミ二人が揃って店の批判を繰り広げたが、店内の装飾などとは裏腹に
子供はぎゃーぎゃー走り回るわ、ヤンキーな来客が八割を占めるわ、店員が知り合いと
おぼしき来客のテーブルに集まって「おー!何してんの」的なノリで周りの客に対する
気遣いゼロな自由さを発揮するわでまあ批判に甘んじて
しかるべき店であった。学生が合コンで使うくらいで良いのだろう。

帰る際、靴箱から靴を出して並べてくれていた配慮はよかったが、本当に玄関と席で
こんなに雰囲気が違う店も珍しい。もう二度と行くことはないだろう。
[PR]
by paspas | 2007-05-28 22:24 | Comments(0)

ロックなサラリーマン

私の職場にはいわゆる「ノー残業デー」というものがあり、毎週水曜がその日にあたる。
この制度、基本的には良いと思う。今はあまりないが、仕事の区切りがつかない時に、
えてして際限なく残業してしまうことがあるが、こういう規定があるとそれに合わせて
その日を行動することになる。このところ日も長くなってきて、まだ明るさが
残っているうちに帰宅するのも精神的には追い風だ。

しかし、当然予測される弊害もある。一つは、水曜の前後の曜日に業務が詰まってしまう
こと、そしてもう一つはどうしても水曜のうちに仕上げておかねばならない案件があると
かなり追い込まれるということだ。

今週の私がまさにそれで、木曜、つまり今日出張の予定があり、昨日は資料作成に
追われていたのだが、打ち合わせだの雑用だの宴会幹事だの
(こっちはやや自発的に取り組んだものだが)
まあこういう時に限って用事が重なる。で、結局ギリギリまでかけてなんとか終えたが、
帰ってからいろんな忘れ物をしていることに気付く。その辺のフォローを今日になって
出張先からあちこちに連絡を取りながらやらなければならないという、
ガッデムなこのシチュエーション。(なんかジャパニーズ・ロック調のフレーズだ…)

それにしても、今日は上司達と9:30に現地集合だったのに、一時間が経とうとしている
今でさえ合流出来ないばかりか連絡の一つもないとはどういうことだ?
立場が逆なら、理由によってはトランプ氏よろしく"You're fired!"
って吠えちゃいますよ。ったく。

ちなみに私は9:25着。サラリーマンの鑑のような、5分前行動。
[PR]
by paspas | 2007-05-24 10:26 | Comments(0)

通勤電車ポリティクス

帰りの電車の中、ふと目の前のベンチシートに座る人が何やら書き留めているのが
視界に入ったので、なんとなく視線を落としてみた。何やら書き取りシートみたいな
もので、同じ単語を繰り返し、繰り返し書いていた。最近流行りの脳トレとか、塗り絵の新バージョンか?
そう思いながらもうしばらくそのシートを観察すると、そこには予想だにしない単語が。


いのちごい


命乞い?なんで?なんだこの人?頭の中を今日イチのアドレナリンが駆け巡る。
そんな間も、A4サイズのシートが瞬く間に「いのちごい」で埋まって行き、
全ての空き枠が「いのちごい」になった。更に男がシートを裏返す。まさか…。
そう、そのまま何事もなかったかのように「いのちごい」を続けたのだ。
表も。裏も。ただ黙々と。

久しぶりに呪文を使う人に遭遇したのだが、私の中でどうも釈然としない部分が
残っていて、それは「いのちごい」の先に何があるのか、ということだ。
一般論で考えても、インパクトがある割には随分保守的なフレーズだし、
なんとなくだが「いのちごい」→「構わず殺られる」みたいな、結局意味ないがな的
パターンも思い浮かべてしまう。
やられる前にやってしまえみたいな、メリケン的先制攻撃思想もどうかと思うが、
最後の一人になっても誇り高く戦って死ぬのが武士道じゃないんでしょうか。

何もかもが腑に落ちないが、一つだけ明快だったのは私がその男に武士道を説いても
事態が好転する可能性はゼロだったということだ。
こうして事なかれ主義的ジャポニズムは発展していく。
[PR]
by paspas | 2007-05-22 19:53 | Comments(0)

月曜の憂鬱

a0019074_2043175.jpg

どうも月曜は調子が出ない。

今日は頭痛もひどい。しばらく使ってなかったが、久々にロキソニンの世話に
なってみたが、それが災いしたのか、帰路はずっとぼんやりしたマインドのまま。

人間の感覚は電気信号で司られており、薬物等でたやすくコントロールされる。
善くも悪くも、だ。

と、いうようなことを考えながら、なんとなく電車を乗り継ぐ。
いつもなら直行で帰れる電車を待つのだが、今日はなんとなくしんどくて乗り継ぎ
してでも先に来た電車に飛び乗って行った。
ついでに暇なので、最近流行りのモバゲータウンをやってみる。
うーん、これはもう俺の世代の遊びじゃないなあ。老兵は死なず、ただ去り行くのみ。

などなど、脈絡のない思考が脳内を駆け巡り、なんとなく嫌な予感はしていたが
時既に遅し。ふと気付くと、全く見覚えのない、寂れた駅で電車が止まった。

乗り違えたらしい。

幸い、そんなに遠くまで行っておらず折り返しの電車も5分後に到着し、
実質的なロスタイムは20分程度で納まったが、これじゃあ取れる疲労も取れないかと。

帰ってビリーとエクササイズをやる予定だったが、もう今日はやる気をなくした。
[PR]
by paspas | 2007-05-21 20:43 | Comments(2)

BBC(応用編)

ブートキャンプも三日目に入り、内容が「基礎編」から「応用編」にランクアップ。

あのー、基礎編ですらこなせてないんですけどいいんですかねえ。

それでもビリーはお構いなしだ。なぜかキャップを被ってゴキケンな様子で登場。
はー、まあ頑張ってついていきますかね。

と、ここでビリーの弟子達に違和感があることを感じた。板尾の嫁がいない。
あいつレベルではとてもついていけないということなのか?早速不安がよぎる。

で、始まってみるとやっぱり。なんかビリーが「俺様は鬼軍曹だ!」的なキャラを
全開にして、まるで「やり始めたからには追従せざるを得ないだろう?」的な、
釣った魚には餌をやらない的な態度なのだ。(ちょっと違うかも)

しかも、各メニューが明らかに基礎編ときつさが違う。弟子達も、
ほぼ全員ムキムキのくせに途中でついていけずに動きが鈍ったり、ものすごい形相で
体中をプルプル言わせてたりしているのだ。「一週間で本当にシェイプアップ
出来るならやってみたいなー」なんて軽いノリで買ってしまった大半の人達が
こんな苦行についていけるわけがない。多分、ここにカラクリがあるのだ。
七日間、プログラムをやり切ったらシェイプアップ出来るよ。
でもね。それ自体が不可能なんだよ、と言われてるような気分だ。

まあそれでも合間に休憩したりしながら三日目もなんとか終わった。
身体にキレが戻る前に脳内の血管がキレてしまいそうだ、なんてうまいことを
言いつつも半分シャレになってない。しかも、プログラムを開始してからむしろ
お腹周りがきつくなってきたような気もする。これは、自己分析では
今までなかった腹筋が付き始め、加えて今までの肉が残ってるために
サイズアップしてるのではないかという類推だが、真実やいかに。

いずれにしても、このまま続けてもたった七日間ではお腹周りがスッキリすることは
なさそうだし、ビリーたちのように腹筋が割れるまでやるには
後半年くらい居残り特訓しないといけなさそうだ。
ただ、やり始めたら途中で投げ出すのも気持ち悪いし、今後ビリーの弟子達が
どう変遷していくのかも見届けたいし、ブログネタとしても今やめるのは勿体ない。
運動としての効果は不詳だが、これだけキツイと感じるってことは何らかのプラスに
なってると思い込むことにしよう。

それにしても今回もエンディングが宗教チックなのがやや気になったが。
終わったころにはビリー教に入信させられそうな勢いだ。入信したら腹筋は割れるのか。
[PR]
by paspas | 2007-05-18 18:55 | Comments(0)

BBC

英国国営放送、ではない。

Billy's Boot Campはアメリカでヨガ、ピラティスに並ぶ三大エクササイズである、
という触れ込みで最近よく目にするが、こいつを入手したのだ。
ちなみに「三大~」という区切りは日本特有の感覚だと思う。
仮にアメリカ人やフランス人に「世界の三大美女って知ってる?」
とか、「三大珍味は?」って聞いても、「はぁ?」って返されるのがオチだろう。

まあ、そんな余談はともかく。特に何の気構えもなく、なんとなく昨日から始めて
見たのだが、これが鬼のようにキツイ。ビリー、まじかよ。って言うくらいに
キツイ動きの連続を求めてくる。「ちょ!ビリー待てって!」
と何度ディスプレイに向かってタイムを要求したか。

このブートキャンプ、七日間で効果を保証しているが、確かにこいつをフルで七日間
出来たら、体型も変わるだろう。しかし、果たして何人が最終日まで
生き残れるというのだ?私は初日のプログラムで早くもいくつかの動きを断念したぞ。

とまあ、そんなポテンシャル・脱落者が多いことを気にしてか、ビデオ内の登場人物
なんかにも一工夫が見られる。ビリーはインストラクターとして先頭正面を陣取り、
エクササイズの解説をしたり、後ろの「弟子」たちの間を歩きながら指示を出したり
鼓舞したりして、いわゆる「あんたが一番ラクしてるんちゃうん」的なポジションを
バッチリ確保しているのだが、後ろに控える弟子達の構成が面白い。
まず、ビリーの真後ろに一番弟子とおぼしきハイテンションな女性がいる。
こいつはビリーの言うことを全て完璧にこなす。しかもなぜか一人だけ
ワイヤレスマイクを耳からかけている。エクササイズのカウントも大声で引っ張り、
各パートが終わる度に「ウォー!」だの「フォー!」だの奇声を発する。
ブリッジの時にはビリーに上から座られてもふんばっている実務のリーダー、
会社でいえば課長 島耕作みたいなもんか。よくわからんけど。
で、その他デキる弟子達が全体的に配置されているのだが、中に一人、
明らかに若干フィットじゃない女性の姿も。例えて言うならば「板尾の嫁」そっくり。
こいつは島耕作のすぐ後ろに配置され、嫌でも結構目立つのだ。
しかもこれがまた微妙に動きが鈍い。パート間のリラックス時も、
一人だけ肩で大きく息をして瞳孔が開きかけている。
多分、こいつは私みたいなついていけない人に共感を持たせたり、或いは優越感を
持たせるために配置されたジョーカーなのだ。こういう世界にも緻密な計算が
あるのだと思うと、それはそれでなかなか面白い。

とまあ、そんなエクササイズ・ビデオの裏事情に関する考察は置いておくとして、
今回初日の運動を終えて一番感じたのは、身体の「キレ」が極端に落ちていることだ。
例えば、斜め上に向かって膝蹴りの動作をするパートがあるのだが、
こいつを連続でやられるともうついていけない。島耕作が「…セブン!…エイットゥ!」
とか叫んでいても、私はまだ5.5の動作をしていたりする。
これではいかんではないか。マトリックスみたいに弾丸とか避けられんやないか。
腹筋さ割れなくてもいいから(どうせ割れないから)、せめてキレの良さが少しでも
向上することを願いたい。カミソリタックルが出来るようになりますように。
[PR]
by paspas | 2007-05-16 19:27 | Comments(4)

本場モン

a0019074_1922157.jpg

a0019074_19221518.jpg

a0019074_19221548.jpg

サティ高の原店にある、佐世保バーガー。大分前にテレビで取り上げられているのを
見てから、一度は食べてみたいと思っていたが、まさかこんな身近で出会えるとは。
値段が860円でいきなり躊躇しかけたが、ここまで来て引き下がる訳にはいかない。
値段はサイズにも関係あるのだ。比較のために、そう、あくまで比較のためだけに
マクドのたまごダブルマックを買って並べたが、ご覧の通りである。

あ、ちなみにもったいないから比較用のバーガーも完食したけどね、もちろん。

で、肝心の佐世保バーガーの味はというと。うーん。出来立てを食べなかった私が
悪いのか、やたら「汁」っぽくてバンズとかフニャフニャになってて、
なんか気持ち悪かった。

…いや、決して食べ過ぎだからではなく。先にこっちから食べたし。

なんか、バーガーとしても思ったほどのパンチ力はなく、結構期待ハズレ。
こりゃあやっぱり、本場で食えってことか?

ちなみに京都の巨大バーガーといえば、知る人ぞ知る「スマイルバーガー」だろう。
まだ食べたことはないが、こちらはちゃんと「本場」で食べられる位置関係に
あるので、いずれ機会を見つけて実食レポートしたいところだ。
[PR]
by paspas | 2007-05-15 19:22 | Comments(0)

まさかの祇園

大学のサークルの後輩、セッキー氏が関西を離れるとのことで送別会をした。

一次会はいつもの和楽で。

って、私は初めて行った店なので「いつもの」が分からなかったが、不用意にも
「いつもの」裸足にサンダルといういで立ちで到着したら、そこは祇園の割烹料理屋。
これは初登場にして出入り禁止処分か?と、まるでトリノで違反スキー板を履いて
失格処分となった原田氏みたいな事態になりかけたが、そこは店主ご夫妻の
広い心で許して貰った。幹事のやっさんにはさすがに怒られたけど。
って、そら怒るわな。すまん。

で、二次会は遅くなるので先に帰ろうかとも思ったのだが、セッキー氏と絡む機会も
激減しそうだし、せっかくなのでもう少し残ることに。
男六人、夜の祇園といえば行くところは限られている。


a0019074_1922389.jpg


…えー、ラウンドワンですが何か?

このサークル、本当はゴルフサークルだったが、末期にはむしろ
みんなボウリングの方が上達してないか?というユニークな活動をしていて、
この日もニゲーム投げて私のスコアが133と160。何年かぶりにしては悪くないが、
それを上回ってセッキー氏は172のスコアを叩きだしやがった。もちろん、全員本気。

で、本気ボウリングも終わってさすがに帰ることにしたのだが、
この時点で既に午前一時すぎ。車で行ってたから帰るのは可能だったが、
別の後輩を自宅の羽曳野まで送ったので、結局帰宅したのは三時過ぎだった。
う~ん、俺そんなに若くないんですけど。

まあ、案の定翌朝は起ききれずに会社を休む羽目になってしまったが、
もののついで?にパスポートの更新申請も出来たのでよしとしよう。

というわけで、祇園でまさかの裸足サンダルで登場した後にまさかのボウリングに
繰り出し、翌日はまさかの有休をとった、そんなヘビーな週末。
セッキー氏は地元に戻るとのことだったけど、これからも実力を発揮して
どんどん名を上げて欲しいものです。しかしこれでまたゴルフ仲間が減ったなあ。
[PR]
by paspas | 2007-05-15 19:02 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧