<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ハロウイーン

10月31日はハロウイーンである。最近は日本でもやたらハロウイーンという
単語は定着しているし、カボチャのお化けが横行しているし、何やら子供たちが
家々を練り歩いてお菓子を貰えるのだという風習の内容もそれなりに浸透
し始めているような雰囲気がある。

それでも、実際に日本で仮装して"Trick or Treat!"と言って回っている
子供なんて、全く見たことが無い。

幸い、私はこの意味不明なお祭りを、現地アメリカで何回か経験することが
出来た。しかも、子供として。そう、これこそが重要で、子供にとっては
これほどサイコーな一日はないわけで、何の理由も無く仮装して、
普段より遅くまで友達と一緒に練り歩いて、全く知らない人達の家を回って
お菓子を貰えるのだ。

冷静に考えたら「????」なお祭りだが、アメリカ人たちはノリノリで家を飾ったり、
ライトアップしたりで全員がその雰囲気に浸ってるから、何の違和感も無い。
日本で言えば裸祭りみたいなもんだろうか。或いはイタリアかどっかの
トマト祭りとか、そういった類のものだろう。外から見れば意味不明だが、
中にいる人はそれが「当たり前」になっているので、問題は無い。
これって実は非常に危険な部分を内包している。まあ、「伝統」というコトバによって
それは打ち消されるわけだが。

で、そんなハロウイーンな余韻に浸ろう思っても、近所のスーパーでは
装飾すらされていない状況ではなかなか難しい。やっと見つけたハロウイーン
らしさが、写真の南瓜。しかもタイムサービスで半額。

a0019074_22153371.jpg

虚しすぎて泣きそうになった。
[PR]
by paspas | 2005-10-31 22:16 | Comments(0)

鍋・改

a0019074_21475434.jpg鍋のだし汁が大量に余っているので、今晩も鍋確定。
しかし、もう既に飽き始めていた私は、たまたま仕事の件で電話していた
自称「鍋通」のお姉さんに新たな具材を相談してみた。

まず、昨日の鍋状況を見てもらう。

「・・・うーん、茶色いですね」

率直なご意見、ごもっともです。

そこで、アドバイスをいただいた通りにソーセージとちくわを入れてみた。

それと、ちょっと写真映えするように、具を並べなおして写真を撮ってみた。

どーですか!師匠!

・・まだすっごく茶色いんですけどね・・・。

ちなみに、結局怖くてまだちくわには手を出してません。
でも、味はグッドです。ソーセージからかなり濃い味が出ることが判明しました。

で、師匠の次なる指令は「キムチを入れよ」とのことだったのだが、
果たして大丈夫なのだろうか・・・。まあ、色は変わると思うけど・・・。
[PR]
by paspas | 2005-10-31 21:49 | Comments(0)

鍋スタート

週末で実家にも誰もいないので、久しぶりに、ほんとに久しぶりに自炊することにした。
しかし、家の中が荒れ放題なのであまり調理することもままならない状況なので、
極力手間のかからない「鍋」にすることにした。もう、そんな季節になったんだねえ。
金曜日に開催することになった歓迎会も、鍋メニューだし。

まあそれはさておき、予定通りほとんど手間もかけずに鍋完成。だしなんか取らない。
市販の3倍濃縮鍋つゆ使用。包丁を使ったのは、白菜を切るときときのこの下の部分
(名前忘れた)を切り取る時と、豆腐を切る時くらい。結果が写真。
うーん、さすがにめちゃくちゃ作りすぎ。材料を買い足して、後2日は持つな。

一人鍋の利点は、自分の好きな具材を、自分の好きな分量で投入できることだ。
シメはうどんではなく、きしめんを試してみた。問題なくうまい。ひら麺好きにはたまらない。

一人鍋、その最大のデメリットは空しさが響き渡ることか・・・
まあ、それは今言ってもどうなるもんでもないので。

a0019074_23442410.jpg
[PR]
by paspas | 2005-10-30 23:44 | Comments(2)

感化される人

昨日のゴルフで一緒に回ったメンバーのうち、ほとんど初対面に近いメンバーが
二人いた。うち一人は、会社の元同期の旧友、M氏であった。聞けば高校から大学、
更には社会人になってからもなんだかんだと繋がっていたらしく、その腐れ縁?
ぶりには驚かされる。数えればもう15年は軽く超える付き合いだということになる。

更に興味深かったのは、たまに口調がその同期と重複する点があって、喋り方
だけを聞いてるとうっかり誰だか分からなくなる感覚に襲われた。多分、お互いが
お互いに影響を及ぼしあい、結果的に似た部分を形成していったことなのだろう。
それと、煮たような部分があるから、恐らくそれだけ長い友人関係を築くことが
出来たのだろう。

そう思うと、夫婦は長年一緒にいると似て来るとか、ペットは飼い主に似るとかいうのも、
そういうことなのかもしれない。人は一人では生きていない、という証明みたいなものだ。

しかしそう思うと、私は今平日の大半を会社で過ごしているのだから、そこで共に
仕事をしている人達に段々似てくるのだろうか?そういえば最近、「なんだよ!」と
標準語のツッコミを入れたり、やたら相手を追い詰めるような話術を展開していることが
少なくない。うーむ、ミラクル。影響され過ぎないように気をつけなければ。
[PR]
by paspas | 2005-10-30 17:53 | Comments(0)

ゴルフ・レポート

新奈良ゴルフ倶楽部、7:35スタート。

予定より30分寝坊したが、幸い近くのゴルフ場の予約だったのでなんとか
ぎりぎりセーフで間に合った。

それにしてもひどい天候。

そしてひどいコース状態。

結果的にひどいスコア。

OUT:60の時点でかなりやる気がなくなったが、なんとしても元「教え子」Z氏
には負けられない一心で後半に臨んだ。この時点で5打差で負け。
しかし、彼も本調子からは程遠く、頑張り次第ではどうにでもなりそうだった。

まあ、しかし自分の状態も全くもって本調子からは遠ざかっていたわけで、
そのまま一進一退の低レベルな攻防が続いて、残り2ホールでまだ4打差で
負けていた。残すはパー3のショートと、パー5のロングのみ。

パー3、打ち下ろし170Yアゲインスト+小雨。ここで私は5Iを手に取る。
普段、練習で一番良く使うクラブであり、飛距離的にもこの状況には
適している。先に打ったZ氏はミスショットで大きく手前にボールが止まっていたので、
精神的モチベーションは上がった。
ティーショット。ややハーフトップ気味、芯を外した。私のクラブは中級者向けの
ものを無理矢理使ってるので、スイートスポットが小さく、すぐに打感で分かる。
それでも腕力で強引に振りぬくと、ボールは真っ直ぐピンへ。周りは「お!」と
言っていたが、私にはショートすることは分かっていた。で、結果的には
グリーンには乗ったが、ピンの手前10メートル以上は距離が残った。
バーディを諦めて、とにかくパーで上がることに集中したら、パットが珍しく
うまく行ってパー。本日二度目のパー。一方のZ氏、随分とてこずり、
結局6打でホールアウト。

この時点で一気に一打差。

最終ホール、520Y、パー5。飛距離に自信が無い上にドライバーを使わない
私にとっては不利な状況だ。しかし、ティーショットを無難に200Y飛ばし、
二打目も5Iで着実に150Y前に飛ばし、続けざまに三打目も5Iでヒット。
また芯を外し、ほんの少し手前にボールが落ちた。

けど、そこはバンカーだった。

四打目、バンカーショット。グリーン近くのバンカーショットというものは、
ボールが飛びすぎず、また転がっていかないよう、直接ボールを打ってはいけない。
ボールの手前の砂を叩き、その砂の爆発力(=エクスプロージョン)を利用して
ボールを前に飛ばすのが定石だ。
私の通う練習場にはバンカーショット練習設備もないし、あってもわざわざやらないし、
特に今日みたいに雨が降って砂が水を吸っている状態なんてそんなに練習出来る
もんじゃないから、ぶっつけ本番勝負だ。この辺は10年目のキャリアがものを言うのか、
よっぽど負けたくなかったのか、不思議なほど簡単にボールが出てピンの上
約2.5メートルまで寄せた。おお。すごい。Z氏がグリーンに乗せるまで何打
費やしていたか知らないが、パーを取ればまず負けることは無いだろう。

落とし穴はそこにあった。

忘れていた。


私はパターが一番ヘタなのである。


完全に力みから来る問題で、パットはカップの右20cmをすり抜けて同じくらいの
距離を残して止まった。はい、終了。集中力が切れた私は次のパットも外し、
結局最後は7打でホールアウトした。

結果、IN:52.トータル112.

雨がひどかったとはいえ、使えないスコアだ。ボールも5個くらいなくしたか。

で、ラウンドを終えて風呂入って、その後でZ氏のスコアを確認すると、
なんと最終ホール8打、OUT:55、IN:57の112ではないか。

うーん、レベルの低い引き分け。

とりあえず、まだ直接対決で「負けた」わけではないので、まあいいか。

ちなみに今日のこのバトル、Z氏は私ほど盛り上がってはいない。
何せ彼は今年既に20回以上、本コースに出ているとかで、一回のラウンドに
かける意気込みとかが違うし、多分あまり相手にされていないのもあろう。
いかんなあ。そろそろ真面目に練習を再開せねば。コースに出ないからって
負ける言い訳にはしたくない。
[PR]
by paspas | 2005-10-29 18:45 | Comments(0)

Festival time

All of a sudden I'm in the mood to update in English.
Probably because I've been reading books in English on my way
back home on the train these days. Especially the one I'm reading
right now is about a guy who's trying to change his ID studying
Italian. His progress is great, of course because it's fiction,
but it still gives you the adrenaline to work yourself up too.
At least my simple-mind forces me into that phase.

So, while my eyes are glowing and I'm talking to myself under
my breath in English that everyone should get the hell out of
the way instead of blocking my walking lane for no particular
reason whatsoever other than they're too tired to walk straight,
suddenly I realize the park in front of the station is all wired up
and has these temporary tents that indicate there's going to be
something happening here over the next weekend. As anyone
would do, first I look around to see any signboards indicating
what exactly is going to happen here, and when. Tough luck.
No signs at all. So, the next intelligent thing I could do is to
check the town's website. What is this town thinking anyway,
trying to holld some kind of event with just a population of 16,000
or so, with half of them almost done with life? The damn town
itself is isolated from the rest of world anyway, so if they're
expecting any crowd to pack this place with no particular advertising
and attractions, they must be crazy. Or should I say they're
stealing from the good citizens and tax payers like me?

Anyway. Check their website. And there, look! There's nothing
at all! These guys need desperate help. Last update was on
Oct.19? Even I manage to update my blog almost every single day.

AND THIS IS NOT EVEN MY JOB.

If the town hall is not working for their people, then what are they
doing behind their desks from 9 to 5 every day?

Well, no, they're not helpless, they're nice old people with little
access to the rest of the world and temporarily attacked by
citizens like me who are exhausted from living life in the fast lane
with little gas to run on.

Enough with attacking the harmless bastards. I won't be going
to see what's going on anyway. Tomorrow's golfing day, judgement
day to see if my <100 scores earlier on this year was actually a fraud
or not, and judgement day to compete against one of my former
apprentices who seems to be overwhelming my scores over the
past few months.

Well, maybe if I do well tomorrow, I'll drop by after golf.
Never cross out any possibilities in life. Life is bigger than anyone
can handle. So you don't handle it. You live along with it.
[PR]
by paspas | 2005-10-28 20:47 | Comments(0)

Change of pace

Sometimes I wonder why I'm trying so hard to continue
writing, writing and writing my blog when there's not so many
things happening in my life and there's no one in particular
I want to get my message across. Partly for my job, but mostly
to maintain my mental balance, I guess. When I review again
and again what I've been writing, the best was when I was
writing everything down what I was pissed off about.
Soon I gave up on that realizing the risk of being seen by others,
and rapidly I've started to feel the lack of things to write about.
Well, I could go back and pick up with blabbering about who pissed
me off today about what, which will be an endless list of overflow,
(I can already count up to three people who got on my nerves today)
but then again, for the sake of myself, let me stay away from that.
Besides, I can always go back to that whenever necessary.

So right now I just felt like writing in English for a change to add a
little twist and to refresh my mind. Good thing I have an alternative
like this. At least I can enjoy some complexity I create by myself.

So to all of you who happened to be misfortunate enough to drop by
and see this blog today, thank you for reading, there's nothing at all
that is interesting to read today, and maybe better luck next time.
I like being in a sulky mood like this from time to time, and I guess
it's just the way I am so I have to bear with it. Life's not always
full of fun, right?
[PR]
by paspas | 2005-10-28 02:04 | Comments(0)

阪神が負けた夜

阪神がロッテに4連敗目を喫した夜、私は図らずも御堂筋沿いをなんば方面に向かって
歩いていた。前日からの報道にあったように、万一の暴動に備えて道路の両サイドを
警察が完全にブロックして、等間隔に警官が立って警戒していた。・・・さて、ここまで
「警」という字は何回出てきたでしょう?なんて、無意味で誰に宛てているとも知れない
クイズはさておき。別に阪神ファンでもなければロッテファンでもない私は、本来
この日のこのタイミングでこのような地域をうろうろしていて何のトクも無いのだが、
図らずも招いた結果なので仕方あるまい。

で、いざ見渡してみると暴動が起こる気配もなければ、水曜の夜だということもあってか、
基本的に人の数自体がまばら。ここで思うことが一つある。

この警備体制、果たして本当に必要だったのか?

少し懐かしい話をすると、いわゆる「Y2K問題」の時もこんな雰囲気だった記憶がある。
2000年を迎えてあらゆるシステムが誤作動を起こすとか言われながら、ほとんど
何も起きなかったような気がする。

準備するのも大切だし、抑止力としての効果も考えたのだろう。
しかし、ここまでしなかったら、本当に暴動とか起きてたんだろうか?
想像でしか語れないが、なんだかアヤシイ。

と、ここまで思うのは、警察を動かすためのマネーは税金だから。

みんなもうちょっと疑問に思ってもいいんじゃないかと思った、酔っ払いの夜。
[PR]
by paspas | 2005-10-27 01:52 | Comments(0)

カラオケ

カラオケで歌う曲のレパートリーが減って来た。

本来、我がモットーは「黒柳徹子スタイル」で、同じ衣装は二度着ない、じゃなくて、
同じ曲は同じメンバーの前で二度歌わない、だった筈なのだが。大体計算上では
一回につき五、六曲歌う事になって、平均すれば二、三ヶ月に一回行くが、
メンバーは一回おき位に変わるとして、年間最低10曲位のレパートリーを用意すれば
良いことになる。

以前だと、新曲が出ればそこから何曲かピックアップして持ち歌にして、
後は過去の歌から発掘していったような感じだが、もはや新規開拓をする
パワーとスキルが残っていないので、必然的に「やや懐かしい系」に走ることになる。
今日歌ったのは、イエモン(持ちネタ)・ボンジョビ(これは新しい曲にトライした)・
ラルク(持ちネタ)・エミネム(持ちネタ)。75%持ちネタとは…。もう少しがんばりましょう。

という事で、この頃ではカラオケで他人が自分が歌えないような曲を歌うのを聞いて楽しむ、
ということを覚えた。連動する形で、普段から聞く曲も女性ボーカルのが増えた。
そういう意味では、トータルでの幅が広がったとも言えよう。じゃあ、別にいいか。

それにしても水曜から終電まで飲むとは。しかも最後、近年稀に見る猛ダッシュで
数百メートルの道程を汗だくになりながら何とか乗れた訳で。気分はマッハ末続。
しかし一気に酔いが回って、やや気持ち悪い。明日、ちゃんと出社出来るだろうか。
[PR]
by paspas | 2005-10-27 01:00 | Comments(0)

作品紹介

おかしい。

今日はさっさと帰って、11時には就寝予定だったのに、
気が付けばまたまた日付を跨いで起きているではないか。
ビョーキですね。まったく。。。

しょうがないので、今回は最近読んだ本についての
ご紹介。"State of Fear" by Michael Crichton.
私の好きな作家の一人で、映画になった作品も
数知れない。通勤電車の中でなんとなく読むには
ちょうどいい感じだ。

で、この本の内容をさらっと紹介すると、
「地球温暖化」がテーマで、でもありがちな展開
ではなくて、「実際、じゃあ本当に地球の気温って
上がってるの?それって今の人間の開発活動が実際に
引き金になってるの?仮にそうだとして、それは
本当に地球のためにならないの?」という、大テーマを
背景にして、それにまつわる人々の損得から
ストーリーを繰り広げていくわけだ。彼がどういう
理由でこの作品を書いたのか、何か政治的な背景が
あったのか、などは不明だが、圧倒的なデータの
数々で裏打ちされた上でのストーリーテラー能力は、
商業的に極めてクオリティが高い。いや、決して
皮肉で書いてるわけでもなんでもないが。

私はほぼ毎日ブログを書いていて、それはモノを
書くのが好きだからって言うのも理由の一つだけど、
面白いモノを書くのは結構苦労する。人に読ませる
モノにしようと思ったら、データの調査を綿密に
行って、説得力のある内容に仕立てたほうが、ある意味
近道なのかもしれない。

それって、仕事にも活かせることなんだけどね。
なんか、朝礼の所感で使えそうなネタになってしまったが、
ウケるポイントがないので使うかどうかは不明。
まあ、どうせみんな朝礼の話なんて聞いてないから、
別にいいんだけどね。朝礼よりブログ重視でいきます。
[PR]
by paspas | 2005-10-26 02:03 | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧