カテゴリ:ラーメン( 15 )

高安

a0019074_18451685.jpg

日曜は基本的に家でグッタリしながら新たな一週間に備えるのが
私のライフスタイルだが、今日はすぎー氏の電話でたたき起こされた揚句に
話の勢いで京都市内までラーメンを食べに行くことに。

…この桜満開の季節に京都市内を目指したこと自体が大間違いで、
たどり着いたのが出発から二時間後。一乗寺の『高安』という、
人気のラーメン屋である。交通アクセスも決して良くない立地だったが、
我々が着いた時も、帰るときもずらーっと行列。入店まで一時間以上かかった。
見た目はそこまでの行列の長さでもなかったが、やけに進み方が遅い。
客の回転が悪いようだが、なんでだろう?と思いながら、看板メニューの
ランチ定食を頼んだら、理由が良くわかった。量、多いねん。
特にから揚げ。でかいねん。カレー粉が振ってあって、店に入って妙に
カレーの香りがするなあと思ったら、これだよ。まあ、うまいんだけど。
でかいねん。主がラーメンなのか、から揚げなのか、よう分からん。
ラーメンも、鶏スープの味で美味しかったんだけど、とにかく満腹中枢が
刺激されきらないうちに完食することが主目的になってしまって、
味に集中しきれなかった。店員も丁寧な応対だったし、店内もラーメン屋とは
思えない小洒落た感じで
女性ウケしそうな雰囲気だったし(イスは逆に食べにくいくらいの
スタイリッシュさで戸惑ったが)、よかったんだけどねえ。
ボリュームと、待ち時間がちょっとネックかな。そういうの気にならない人には
オススメです。そういうの気にしまくるすぎー氏は基本的に不服そうでしたが。
[PR]
by paspas | 2011-04-10 18:45 | ラーメン | Comments(0)

ラーメンとツイッター

a0019074_2026492.jpg

何故か西田辺駅界隈はやたらとラーメン屋ブームなのだが、
後発で出店してきた『黒船らーめん』がいつの間にか潰れ、
代わりに『西田辺らーめん たけ』なる店が出来ていた。

看板があずき色なのは戦略的にも間違ってると思うのだが…。

で、店内を見渡すと雰囲気は黒船らーめんのまんま。入口横に券売機があり、
カウンター席が並び、四人がけのテーブル席も少々。
曜日の問題か時間帯の問題か、他に客はいなかったので同行していた
先輩のユーダイ氏とテーブル席を占拠してしばらく居座り続けた。

ちなみに今回食べたのは、味噌チャーシューラーメン+味付け卵、麺大盛り。
千円也。ちょっと高め、かな…。味は、まあまあ美味しかったです。
大盛りという割にはちょっとボリューム感に欠ける気はしたけどね。

しかし、前に出店していた黒船も味はそんなに悪くなかっただけに、
ちょっともったいない気もする。他にフェードアウトしてもおかしくない
ラーメン屋もあるのに…と、言うのはあくまで私見ですが。
そもそも自分自身、黒船からもずっと足が遠退いていたわけだし。

つくづく飲食業というものは難しいものだと他人事ながら実感。


あと、全然関係ないけどタイトルに書いてしまったので言うと
ツイッター始めました。IDはここでは明かしません。まあ、縁があれば
どこかで見つけて下さい。どうせたいしたことはツイートしない予定です。
[PR]
by paspas | 2010-01-19 20:26 | ラーメン | Comments(2)

無鉄砲

a0019074_1292380.jpg

かなり久方ぶりに『無鉄砲』に行った。一日中豚骨を砕きながら作っている
スープはあまりに濃厚で飲み干せないが、しかし久しぶりに味わう
ここのラーメンも悪くないなと思わせる。


明日の腹痛はほぼ確定だが。


自宅にほど近い立地にありながら、一人ではとても行く気になれない
この店だが、今日も後輩の要望に応えて行ったものだ。
既に冷え込みが厳しい季節となっているが、かなり並んで待たされた揚句に
ようやく入店。最後に訪れてから何年も経過していると思うが、
しかし店員がガラッと入れ替わっていたのには少し驚いた。


こんな風においしいラーメンにありつけたし、今日も平和な一日で
終わりました、と言いたいところだが、実際はそんな筈もなく、
むしろかなりの『騒動』を目の当たりにして憂鬱な気分で会社を後にした
日となってしまった。自分が直接関わっていない案件でここまで気分を害する
ことも珍しい、というくらいのインパクトの強い出来事だったが、
詳細まできちんと把握してないのと、今から反芻しても気分が悪くなって
無鉄砲ラーメンがリバースしそうなだけなので、内容には触れないでおこう。


しかしまあ、ちょっともう本気でついていけそうにありませんわ。
[PR]
by paspas | 2009-11-19 01:29 | ラーメン | Comments(0)

適正値

a0019074_23524120.jpg

会社の近くにまた新しいラーメン屋がオープンしていたので行ってきた。

店名は『徳次郎ラーメン』。今回注文したのは、半チャンセット800円。
ラーメンは、とんこつ醤油系のスープで麺は中太から細麺の間くらいか?
味は濃厚、ただしちょっと濃すぎるくらい。一口目で味がしっかり感じられる
ということは、トータルでは濃すぎるということなのだ。と、何かの料理系漫画に
書いてあったような。ちなみにチャーハンも味付けは濃いめ。手を付ける前から
大量に振り付けられたコショウが目について、かなり気になる感じだ。
量のバランスも微妙で、ラーメンはややもの足りず、チャーハンは結構多い目。
濃いめの味付けによって結果的には替え玉なしでも満腹になるが、
何となく合点がいかない。ラーメン屋に来たらラーメンで満足したいから、だろうか。

それにしてもここのラーメン屋を含め、俄かに会社近辺がラーメン激戦区と
化しているのはなぜか。私が認知しているだけでも、半径三百メートル以内に
10軒近くある。そのくせしてスタバもドトールもない、コーヒースタンド不毛地帯。

ちなみにこれだけラーメン屋が乱立しながら、正直どこも決め手に欠ける味だ。
まあ、流石にボチボチ自然淘汰は始まるだろうが、半分程度は残るだろう。
なんとかならんのか。どこかビッグネームが来てくれるか、ラーメン屋以外の
新星が現れて掃討してくれるか。


何事にも『適正値』というものがあるわけで。
[PR]
by paspas | 2009-07-27 23:52 | ラーメン | Comments(4)

ラーメン つけ麺

a0019074_199211.jpg

僕、イケメン。


……………………………………………。


さて、つけ麺である。しかも、『ラーメン横綱』のつけ麺である。
以前、京都市内の『横綱』に行った時はなかったのだが、平野店にはあった。
外にノボリまで立ててアピールしていた。

今のところ、総合的に見て『横綱』がマイ・ナンバーワン・ラーメン屋であることと、
『つけ麺』というコンセプト自体に関心がある私にとって、このコラボは
絶対にトライしなければならないものだ。ましてネタ切れ気味なブログをつけている
身分としては、こういう新ネタは有り難いことこの上ない。

さあ、運ばれて来たつけ麺を見てまずはファースト・インプレッション。

…普通のとあんまり変わらん?

いやいや、まあ待て。確かに拍子抜けはしたが、よく見れば麺も平麺だし、
具材もいっぱいあるし、きっとなんかすごいに違いない。スープもなんてことない
ように見えるけど、多分すごい筈だ。さあ、スープを飲んでみよう。


…うん、塩辛い。まあ、つけ麺のスープはこれが当たり前だが、
普通の横綱ラーメンのスープが微妙に濃くなっただけのような?
いやしかし、うーん。それでいいのか一応。いや、でもなんかパンチが弱いような…。

この辺から自分に対してもあまり言い訳が利かなくなってきていたが、
具を入れて、麺をつけて食べて、確信した。こりゃあ普通の横綱ラーメンの方が
よっぽどいいな。好みの問題かもしれないが、つけ麺だとどうしても麺のタマゴ味が
強調されるような気がするが、私はむしろ小麦味派だ。(そんなんあるのか知らんが)
また、最初はアツアツだったつゆも、冷えた麺と冷えた具を入れていくことで
終盤は完全に『ぬるい』状態になり、うまさを感じない。これがつけ麺の限界なのか?

ちなみに『つけ麺・大』を頼んだにも関わらず、ボリューム感もイマイチ。
横綱は大を頼んだ時のボリューム感も満足感に繋がるものなのだが。

ということで、私の中では『つけ麺』というジャンルはちょっともう引退かもしれない。
そもそも、横綱が本拠地である京都でつけ麺を展開していなかったことから
訝しがるべきであった。反省である。


いつでも尊き犠牲はつきもの。今回の失敗は忘れるまい。
[PR]
by paspas | 2009-05-13 19:09 | ラーメン | Comments(0)

九州一番星

ここしばらく、PS3で「龍が如く3」の世界に浸っていました。

PS2から始まったこのシリーズも大ヒットを続けており、私も一応毎回購入しては
やり込んでみている。基本コンセプトは妙に正義感の強いヤクザが巨大な抗争に
立ち向かっていくという内容で、歌舞伎町を模した「神室町」を舞台で展開するのだが、
実際の街とほぼ同じ区画で作られていたり、「ドンキホーテ」や「コマ劇場」など
本当にある店や建物も同じ位置で再現されていたり、リアリティの面でも楽しめる。
また、メインストーリーとは別にキャバクラに行ったりUFOキャッチャーを遊んだり
いろんなサブイベントもある。

そんなリアリティ溢れる人気ゲームにおいてはタイアップも欠かせないようで、
プロダクトプレースメントも数多く見られる。中でも印象的だったのが、
「九州一番星」のラーメンだ。

この「九州一番星」は元々ゲームシリーズ内で登場した架空のラーメン店だが、
今回、エースコックの社員がこの店のラーメンをカップ麺にしようと奔走する
サブストーリーが加わっている。で、最終的にはこの熱血社員がかけずり回って
店の味を見事に再現し商品化にこぎつける、という内容になっているのだが、
なかなかうまい持っていきかただ。単純にゲーム内で「エースコック」を登場させる
よりも、商品開発にかける情熱を表現することでよっぽどインパクトを残せている。

で、先日スーパーをふらふら歩いていると、なんとリアルの世界でも売ってる
ではないですか、エースコックの「九州一番星ラーメン」。

a0019074_14562112.jpg


これはさすがに減量中の私も買わざるを得ない。もちろん、普通の商品なので
ゲームを知らない人も買えるが、ゲームの展開を知っている人間なら思わず
手が伸びてしまうのではなかろうか。本当にうまい手法だ。

で、試しに作ってみたのがこちら。

a0019074_14563743.jpg


まあ、当然ながら普通のカップ麺の様相を呈している。
ちなみに「九州一番星」の味わいは「骨髄まで煮込んだ濃厚なスープの味わいを
売りにしていて、確かに一口目はその濃厚な味わいに思わず「おっ、うまいやん」
と思わせられる。ただ、かなりの濃い味なので後半はくどさに負けないことが大事。
よく、本当においしい炒飯は最初の一口はちょっと味が物足りないと感じるくらいが
一番良いとも言われるが、それを実感させられる味わい。って、なんでここで炒飯を
たとえに出すのよ、って感じだが。

ちなみにエースコックによる特設サイトもちゃんと用意されていて、
この商品の売り込みにかける意気込みが感じられる。なかなか参考になる取り組みだ。

うちの会社でもこういう広告手法を考えてみても面白いんじゃないかと思うが、
多分やんないだろうなあ。妙に堅いとこあるし。ヤクザが街を徘徊して
他のヤクザをボコボコにして回るゲームに商品を出すような真似はまずするまい。
残念ながら。


a0019074_14591135.jpg


ちなみにこちらがゲームに登場する「九州一番星」店舗の画面。我が家のTVにて。
[PR]
by paspas | 2009-03-20 15:09 | ラーメン | Comments(0)

週末ラーメンライフ(2)

a0019074_18201993.jpg

こちらは何週間か前の写真ですが。

奈良の『まんさいラーメン』。

以前、長浜ラーメンを食べに行く途中でなんかあるなあと気になっていたので
行ってみた店である。

結構メニューも豊富で迷ったが、結局看板名と同じ『まんさいラーメン』にした。
多分だが、いろんなトッピングが満載!の『まんさい』だと思う。

で、味の方だがまあ悪くない。これもどちらかと言うと『神座』系なスープだったが、
かなり野菜からダシが出ていて、スープというよりダシ汁を飲んでいるような感覚。

さりげなくチャーシューもとろとろでうまかったし、一緒に頼んだ炒飯も悪くなかった
と記憶しているが、唯一惜しむらくはその量の少なさ。大盛りを注文して
やっとちょうどいいくらいで、前述の『台湾ラーメン』とは雲泥の差である。
ここは一つ、ラーメン業界で分量の統一ルールを決めて頂くか、
或いはココイチみたいにグラム表示して頂くなどの改善をお願いしたいところだ。

この店は分量の問題をクリアすればたまには食べに行ってもいいかなあレベル
だったので、とりあえずキープ。量を増やしてくれたら確実に人にも薦めるのだが、
ちょっとあれはクレームが出るレベルなので。
[PR]
by paspas | 2009-03-09 18:20 | ラーメン | Comments(0)

週末ラーメンライフ

a0019074_17581176.jpg

『台湾ラーメン大ちゃん』なる店を発見。

写真は『台豚ラーメン大盛り』と『豚マヨ丼』。

味はピリ辛だが、頼めば辛さ控え目にも出来るらしい。一緒に行ったぱにっく氏は
辛いのが苦手なので辛さ控え目に、というつもりがすっかり失念しており、
結構苦しんでいた。実際、結構辛かったしなあ。

ちなみに味の方だが、なんとなく『神座』っぽい印象を受けた。それの辛い版。
決してまずくはないが、しかしわざわざまた行くか?と言われると、
うーんどうかなあという印象。ちなみに何も考えず大盛りにしたが、
相当な大盛りで出て来たので腹が減ってる人にはいいかも。しかし、私の方は
麺がほぐされずに固まった状態で出て来たので、その辺の仕事の雑な漢字もマイナス。
豚マヨ丼は、あんまり味がしなかった気がするがぱにっく氏はちゃんと味があったと
言っていたので、単に私の舌が辛さでやられただけかもしれない。

場所が京都南部の木津川沿いにあるため、周りに何もなく集客には苦労しそうだなあ、
と思いつつ個人的にはリピーターにはならない予定。
[PR]
by paspas | 2009-03-09 17:58 | ラーメン | Comments(0)

奈良のらーめん博

やや順番があべこべになってしまったが。

日曜に奈良の100年会館でやっていた、「奈良のらーめん博」なるイベントに行ってきた。
これは、「奈良のラーメン道」とやらに参加しているラーメン店の中で何店かが出店した
イベントで、特にPRされているのは見かけなかったが先日たまたま入店した
長浜ラーメンの壁に貼られていた小さなポスターで知った。


もしかしたら大した告知もされてないので会場はガラガラだったりして・・・
と、勝手に良い方に解釈して昼過ぎに悠々到着したが、期待に反する人人人。

おいおい。みんな、どうやって情報を仕入れてるんだかねえ。
よっぽどラーメン好きが多いのか?

まあ、しかしここは気を取り直してイーティングだ。3枚綴り1,500円のチケットを
購入し、数ある店舗(簡易テントで運営)の中から興味深いところを選ぶ。

最初に入ったのはこちら、「花林」の「はてなラーメン」だ。
a0019074_0175288.jpg


本店は八木駅辺りにあるらしい。謎の黒いスープを売りにしていたが、
確かに謎の味。とろみがあるけどイカスミではないらしく、また富山ブラックみたいな
醤油系の味でもない。知りたい人にはこっそり教えてたらしいけど、
いちいち聞きに行くのもめんどくさかったので、知らないまま帰って来た。
イカスミじゃなかったらタコスミか?程度の印象だったが。

次。「天理スタミナラーメン」だ。
a0019074_0185676.jpg


一番行列が短かかったので早く食べられるかと思いきや、列がびくともしない。
10人も並んでいないのに…。店の様子を伺うと、店員は三人いるのだが
なんとなく動いてない連中が二人。てことは何、作ってるのは一人だけ??
しかも具の調理から麺の茹で上げまでやってるのはその一人だけで、
後の二人は水の補給とかもぎりとか麺のほぐしとか、中学生のバイトでも
出来るような作業に終始。このラーメン博に対する意気込み(のなさ)が伝わってきた。
まあ、大量チェーン展開してる店だし、別にここで頑張る必要はないのかもね…。


最後。もうなんだか全体的に終了の印象漂う中、行列が途絶えることなく伸び続けていた
「無鉄砲」と「あまのじゃく」のうち、「麺屋あまのじゃく」をチョイス。
a0019074_021726.jpg


無鉄砲はいつでもいけるし、味知ってるしね。
この「あまのじゃく」、本店は富雄にあるようで、「仲良し夫婦が経営する」とかいう
触れ込みだけあって店員が5人くらいできっちり役回りに徹し、連携よく作っていた。
当日回った店の中でもここのラーメンが一番おいしかったと思う。味がしっかりした
塩味のスープ、最後に焼いてから乗せられたチャーシュー、そしてゆずの皮が
演出する爽やかさ。三杯目でちょっとお腹いっぱいだったが、満足して食べ終える
ことが出来た。


全体を総括していえば、かなり問題点の多かった会ではなかったかと思う。
予想外の強風と冷え込みもあり、行列で待たされている間の寒さは半端じゃなかった
という悪条件も重なったが、それにしても各店舗客をさばくのに相当苦労していた。
簡易テントで設営された店に、スープ鍋が一つ、調理用鍋が一つ、麺茹で鍋が
一つという最低限の装備で回すのはかなり厳しかっただろう。もし来年もやる予定が
あるのであれば、この辺の客さばきについては改善が必要と思われる。
また、店舗によって取り組みの温度差が感じられたのも残念だ。
「無鉄砲」のような人気店や、最後の「あまのじゃく」も多分そうなんだろうが、
最初から相当数の客が来る前提できちんと準備していた店舗は最後まで長蛇の列が
続いており、店側も厳しい条件下で出来る限りの効率で回そうとしていたが、
会の終了時間である16時に対して、14時を前にして早々に店じまいをしている
店があったり(数を甘く読んでいたとしか思えない)、天理スタミナラーメンみたいに
手際が悪すぎて客が全然つかなかったり、なんかもうちゃんとしようぜって感じだった。
また、お試しサイズでありながらチケットが3枚綴り1,500円で、つまり一杯500円
というのも結構割高なイメージ。2枚綴り1,200円という売り方もしていて、
これだと600円だ。普通にその辺でラーメンが食べられる値段になってしまう。
正直、3杯はかなり満腹になる量だったので、1~2割くらい量を減らしてでも
1杯300円くらいの設定にしてくれた方がよかったと思う。

来場者数だけを見れば恐らくこの会は盛況で終わっている筈なので、
来年も開催することが予想されるが、是非上述の課題をクリアしてよりよい会にして
継続開催していって欲しいものだ。また、参加店舗数もどんどん増やして欲しい。
知ってる店ばかりというのも寂しすぎる。そういう意味では、今回私は「あまのじゃく」との
出会いは非常に有意義だったわけで、多分このらーめん博が目指しているところも
こういった新たな店と客との出会いなのだろうから、その機会を増やしてくれることを願う。

しかし、この日は本気で寒かった。作る方としては調理場の熱でちょうど良かったかも
しれないが、並ぶ方としては生命の危機すら感じる状態だった。開催時期の再検討も
必要かもしれないが、でもやっぱりいかに待ち時間を短縮するかをもっと研究して欲しい
ところである。

ということで、いつかは行きたい「あまのじゃく」本店。行けたらまたレポートします。
[PR]
by paspas | 2009-02-10 00:44 | ラーメン | Comments(0)

長浜らーめん

金曜の会社帰りに関係会社の拠点にこっそり立ち寄った。
こちらは関係会社ということで仲間でもあり、取引先でもあり、
一部業務委託先でもあったりと、いろいろ複雑な関係が錯綜する
相手でもあるが、その中にいる人間たちとは極力シンプルで良好な
関係を築くことが出来ればと思っている。もちろん、「馴れ合い」は
望むところではないが、袖振り合うも他生の縁である。

ということで、拠点を見学させて貰った後は半ば無理矢理に
特に関係の近い二人に付き合って頂いて夕食へ。
最初の候補地の中華料理屋はあいにく時間的に閉店していたので、
ラーメン屋を目指すことにした。

で、到着したのは「長浜らーめん」。奈良にいながらにして博多の味を満喫である。

a0019074_3472843.jpg


私が注文したのは唐揚げ定食。

とんこつスープがかなり美味かった。背脂が味に良い深みを加えていたが、
見た目ほどのしつこさも感じず、スープだけでも飲んでいたいような気になる
なかなかのヒット。麺は、硬さを五段階から選べて、私は「カタメン」にしたのだが
なぜか若干やわらかめな印象。次回行く時は、更に固めの「バリカタ」で
トライしてみよう。また行く価値はあると感じた。

結局私のヨタ話に付き合って頂いてこのラーメン屋で結構長いこといたが、
最後には赤外線通信とBluetoothを駆使してメールアドレスなどを交換して
解散した。業務に支障が出るようではいけないが、こうして知り合った縁を大切にして
仕事を離れても関係を構築していくことは私にとっては結構大事なプロセスである。
理想は、関係が深まるからこそ出来る、忌憚のない意見交換が飛び交う間柄。
それが仕事の場面で活き、会社の外でも深まる機会があれば、それもなお良し。
「顔が見える」ことを大切にしていこう。

この日同席してくれた二人は年齢もかなり近いこともあり、ラーメン屋では
会社の枠を気にすることなく、自由な感じで楽しめたと思えたが、私だけが
そう思っていないことを祈ろう。そしてこれからもこの関係が、このラーメンの如く
長くおいしく、有意義なものとして続いていきますように。
[PR]
by paspas | 2009-01-18 04:01 | ラーメン | Comments(0)


日々のなんとなくをアップデートするブログ。


by paspas

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
チョコミント普及委員会
コーラ

カツ系
ラーメン
レビュー系
未分類

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

ファン

ブログパーツ

食べ合わせダイエット

画像一覧